aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Memorable wines from the Rhone Valley-2018/4/29

25289549_1823732737929240_6007733737821231829_n

This vast area, extending from Vienna to Arles, became popular with its “thirst quenching” wines. The ones you enjoy drinking at a bistrot counter. Producing a great diversity of wines with the finest being much sought by connoisseurs around the world. Some of these have outstanding cellaring potential.

 

18/20- Domaine Georges VernayCondrieu Coteau de Vernon 2010.

 

Rserved at first, it opens quickly, especially for the 2010 vintage.
Dominant of apricot on the palate with hints of yellow fruits. This cuvée shows more ovality than roundness.

 

98 points Robert Parker’s Wine Advocate
An off-the-charts Condrieu that does everything right, the 2010 Condrieu Coteau de Vernon is pure class with its flamboyant, yet incredibly pure bouquet of flower oil, lemon cured, fresh apricot and clean minerality. Full-bodied and rich, it never puts a foot wrong and shows a silky, seamless and beautifully fresh texture that carries through the finish. One of the top examples of the variety I’ve tasted, it can be enjoyed for its vibrancy and freshness over the coming 4-5 years (my recommendation), or held for much longer.

 

Flanboyant to pair with a classic apple pie or an apple based dessert.
( source: RVF special Vintages November 2017)

24991519_1823732841262563_5845968293308746047_n


5月の試飲会は5/19(土)北ローヌ特集2018/4/23

次回の試飲会日を発表する度、「次は行けないから、その次はいつ?」とお問合せを頂けるようになりました。

リピーターのお客様も増え、スタッフ一同とても喜んでおります。

 

さて、次回は「北ローヌ」特集。

南フランスとは、西はスペイン国境あたりから東はイタリア国境、スイスとも一部接している幅ひろ~いエリア。その中で一番北部に位置する北ローヌ。

 

aVinの取扱ワイナリーさんでいうと、ジョルジュヴェルネさん、ジャイアンスさんですね。

 

王道のヴィオニエ白ワインや、最近力を注いでいるシラーなど、北ローヌを代表するヴェルネ

IMG_1915  vernay

wine_Viognier (1)

前回の試飲会で開催したワイン講座で、講師の岩井氏に

「うっとりするような香り」

「ともするとダルっと妖艶になりがちなヴィオニエも、これはピシっとした酸で、とてもバランスがいい」

「生産者の、グラスの中までいい状態をお届けしたいという心が伝わる」

と評されたヴィオニエも造っています。

 

一方、甘めのもの、香りの華やかなものなど、お酒の飲めない方でも楽しめそうなお手頃スパークリングワインをラインナップしたジャイアンス

_MG_8179_preview _MG_8125_preview
Tai Ray-24

前回の試飲会でお出ししたクレレット・ド・ディー キュベ・イコン 2014。

「本当にライチの香り!」と、そのとにかく素晴らしい香りに一口飲んだ時のお客様の驚かれるお顔が印象的でした。

アルコール度数は、他のスパークリングより低めの7.5度。

普段はお酒を召されない方にもおすすめです。

父の日のプレゼント探しや、初夏のピクニック、梅雨の日の「今日はお家DAY」のお供などにもいかがでしょうか。

 

ワインリストは、決まり次第UPします。

 

試飲の合間にぴったりな、天然酵母を使用したМサイズさんのパン(学芸大学)や、お料理研究家ミチさんの季節に合わせたパテ等も無料でご用意いたします。

試飲会の終わるころにはだいたい無くなってしまうほど、美味しくて大変人気があります。

 

【試飲会開催日】2018年5月19日(土) 13:00 – 18:00(ご予約不要)

 

【会場】studio Que(キュー) 目黒区目黒本町2-24-12
http://studiolamomo.com/que/info/access/

最寄り駅 東急東横線学芸大学駅、または目黒駅西口よりバスで「第7中前」下車

 

【会費】エントランス料 2,000円

ご予約不要。エントランス料2,000円ですが、当日使える2,000円割引券をお渡しするので、実質試飲はタダ!

 

>> 前回の試飲会の様子はこちら http://avin.jp/news/2428
 

ご家族、お友達などみなさまお誘いあわせください♪
お一人でも楽しんでいただけます★
カジュアルな服装でお気軽に~

お待ちしています。

 

[お問い合わせ]
http://avin.jp/contact

webshop
http://shop.avin.jp/

 


Condrieu and Viognier2018/4/22

AOC Condrieu / AOC Condrieu

As the source of some of the most vibrant and powerful white wines in France, Condrieu is uniquely situated in one of the northern outposts of the Rhone River. It is the original Viognier appellation with a wine growing history reaching back well over two thousand years. Like most of the wine regions of the Northern Rhone, Condrieu’s vines grow on extremely steep and narrow granite terraces. But what makes the region unique is a topsoil, locally called, “arzelle,” made of decomposed mica. This and a sheltering of the harsh northern winds, make optimal sites to produce opulent and brilliant Viognier. It is a tiny zone with no room for expansion and produces miniscule amounts of wine each year, contributing to its allure.

29214247_1865802500388930_3239291980067549196_n

A fine Condrieu will have aromas and flavors suggestive of ripe stone fruit, lime peel, green almond, ginger, white flowers and toasted nuts. A honeyed smell may mislead you to think the wine will be sweet but the modern style favors totally dry on the palate. Its texture will be full and soft but a touch of mineral will provide great balance.

Viognier grape:
Full-figured and reminiscent of a potent floral perfume, Viognier is the mandatory grape of the northern Rhône appellation Condrieu and neighboring monopole (an entire appellation dedicated to just one winery) Château Grillet. It is also a blending variety in several appellations throughout the entire Rhône Valley. Viognier is grown throughout much of the world with some degree of success, but is perhaps at its best outside of France in Oregon, Washington, and cooler parts of Australia, where minerality and acidity can be achieved to give the wine the backbone it can sometimes lack.
In the Glass

29216465_1865802437055603_4725965425960249079_n

This is a heady, aromatic variety making rich, complex, and full-bodied white wines redolent of a floral bouquet and assorted stone fruits and tropical fruits, with a hint of spice not unlike that of Gewürztraminer. It is lower in acidity than most white wines, lending to its heavy impression on the palate. While a whiff of Viognier might suggest sweet flavors, these wines are typically quite dry.

Perfect Pairings:
Viognier is an intense, bold variety that can easily stand up to gutsy food like pork loin with apricot stuffing, or rich, spicy fare.

29215987_1865802467055600_7261447065465264755_n

Sommelier Secret:
While Viognier is a white grape, it also plays an important role in the red wines of Côte Rôtie in the northern Rhône, made otherwise from Syrah. About 5% Viognier is typically co-fermented with the Syrah in order to stabilize the color, and as an added benefit, add a subtle perfume.


Today’s wine: Cotes du Rhône red 2014 Lieu-dit-Clavin -Domaine de la Vieille Julienne2018/3/22

29496018_10160089359635291_319865322842619904_n

Origin : Southern Rhône Valley, Châteauneuf du Pape
Grape variety: 75% Grenache-10% Cinsault- 5% Syrah- 5% Mourvèdre- 5% divers
SO2: 40mg/l

Viticulture : Organic farming, biodynamic

Harvest : Manually

Vinification: first sorting in the vineyards, second sorting after arriving in the cellar-wild yeast only- no SO2- 20 days in vat- light maceration to respect the grapes

Élevage: one year in oak barrel and 6 months in bottles

A78A9641

Vines years average: 85 years old.

Vineyards: 4 hectares, south exposed terrasses- mix of Miocène formation, Helvétien and alluviums post-wurmiennes-Villafranchienne terrasse covered with pebbles-yellow sands/molasse

Bottling: without fining or filtration. 2mg of SO2 added

Wine Advocate-Parker :89
From vines located around the estate and just over the northern border of Châteauneuf du Pape, the 2014 Côtes du Rhône Lieu Dit Clavin offers lots of ripe red currants, toasted spice, licorice and crushed herbs in a medium-bodied, mouth filling and Provençal character. You can feel the tannin on the mid-palate and finish
To pair with: a splendid apple pie or a pork loin with apricots.

29473067_10160089359455291_2744098873642319872_o

Winemaker comment: “It has good vivacity, ripe grape flavours with freshness,” Jean-Paul Daumen

25299178_513222439056771_479137022325646520_n[1]

to eat with: braised rabbit with olives and capers
Service Temperature: 16-18°C
Vol: 13,5% vol
To drink: from now until 2024,
Decant for 2 hours prior to drinking
Bottle Size: 0,75l
Price: ¥2,765


【要予約】マリアージュ研究会3/2(金)Keisuke Matsushima ×aVin2018/3/1

ローヌ&プロヴァンス専門aVinが南フランスワイナリーから直輸入するワインを

KEISUKE MATSUSHIMA」のディナーと楽しむ会

 

 

3月のテーマは

プロヴァンス地方で最も有名な赤ワインの銘醸地バンドール(Bandol)

この地方を牽引する名門「 Chateau Vannieres シャトーヴァニエール」

 

20160209-1 image2  _MG_9588

 

 

「美しく熟成を重ねる高級感溢れる味わいを」

 

今回は弊社輸入ワインから3ヴィンテージ2012、2001、1990年。同じ生産者の同銘柄をヴィンテージ違いで飲みながら、ヴィンテージの特徴や、年の個性、熟成の状態なども楽しみください。ニース在住の松嶋シェフによる本物の南フランスの料理とワインのマリアージュをご用意してお待ちしております。

 

 

日程: 2018年3月2日(金)19:30~22:00

 

ワインメニュー:Heritage Blanc 2016 エリタージュブラン

        Bandol Rouge 2012, 2001, 1990 バンドールルージュ

 

コースメニュー:決まり次第お知らせします

 

場所:KEISUKE MATSUSHIMA
東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート神宮前1F

 

会費:12,000円(税込)

定員:15名ほど

 

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ。

info@avin.jp 03-6452-4380 

※お名前、人数、ご連絡先をお知らせください。

 

 

Chateau Vannieres シャトーヴァニエール

シャトーは、プロヴァンス地方最大の都市マルセイユから東へ約45キロ、ハイウェイA50を経由して1時間ほど、キロラ・カディエール・ダジュールとサン=シル=シュル=ロワールの間に位置し、ブドウ園は南と西から陽光が降り注ぎ、北側はサント=ボームの山に守られています。泥灰質と石灰質土壌の南と西向きのおよそ30ヘクタールの畑。

平均樹齢は35年、ヘクタールあたり5,000本という伝統的な植樹密度で植えられ、収穫は手摘み。オーガニックを実践しており、標高が高く、除草のために畑を耕すなど伝統を忠実に守った造り手です。

 

この風土を愛したスコットランド人によって15世紀に建てられたシャトーがワイナリーとして使われ、そのシャトーでの醸造と熟成を経てワインは出荷されます。

 

Vannières(ヴァニエール)とは、フランス語で葦のこと。シャトー・ヴァニエールのあるこの土地では、以前は葦の草原が広がり、葦を使った鞄の生産が盛んでした。この風土を愛したスコットランド人によって建てられシャトー(城)には、15世紀からの古い蔵があります。現当主エリック・ボワソーの祖父が1957年に購入したこの城で、孫のエリックは、その息子シャルル=エリックとともに革新的なワインの醸造に挑んでいます。その一方、ムールヴェドル種とバンドールの肥沃なテロワールの元来の組み合わせも重んじています。

 

image

ラベンダー、鮮やかな花、緑に囲まれたシャトー

 

 

image3 20160209-8

テイスティングカーヴ/現当主エリック・ボワソーさん

 

image4 image5

平均樹齢35年、ムールヴェドル種とバンドールの肥沃なテロワールの元来の組み合わせ

 

image7 22815313_1336891913086795_8114766635425934615_n

 

~~~


南仏だけに特化したワインを輸入しているavinアヴァンさんと、、、土地に密約を探る料理とワインのマリアージュの会!!

ワインの組み合わせって、、、やはり土地の表現をまずは理解してそして季節を知ることだと思っています。
だからそれ以上の理屈や理由は必要ないと僕は思っています。

だからワインを覚えたりすると言うのは、そのワインの育つ場所の景色を覚えると言うことだと思っています。
しかも年間を通して季節の変化まで覚えれるのがベストだと思うので、本当は季節ごとにワイナリーなんか訪問すると色々と知見が得れると思っています。(なかなかできないことなんですけどね、、、)
だから同じワインで季節ごとに料理のマリアージュを試してみると、、、なんか色々と得れるものがあるかなって思います。

と言うわけで春の近づく南仏の組み合わせを楽しんでください。
南仏ニースより 松嶋啓介


~~~

 

前回の模様はこちら


Page Top