aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Domaine de la Vieille Julienne 20162017/1/31

Domaine de la Vieille Julienne 2016 will be a very beautiful vintage!

VJKanban2

“The weather was incredible, it’s really rare to have such exceptional weather, it will leads to an exceptional sanitary state and no development of diseases. Even with an exceptional harvest it is very important to do the sorting to have a classification of the grapes.”
Jean-Paul Daumen about harvesting-time and process:
“I need to be completely in the vintage. Our problem is that we vinify for three weeks only, and so you can [easily] keep the last vintage in your mind. I need to forget the last vintage to be free. I need to forget all I know to try to understand the new vintage.
This year the quality of what we put in the tank at the end was really impressive”.
2016 in Chateauneuf du Pape seems very promising!

 


Grenache noir グルナッシュノワール2016/12/18

南フランス 南ローヌ地方で栽培されるブドウ品種「Grenache noir グルナッシュノワール」
中世にイベリア半島東部から地中海沿岸を支配していたアラゴンが原産の品種で、スペインではガルナッチャと呼ばれる。

 

フランスではローヌ地方南部とプロヴァンス、ラングドック、 ルーション地方で栽培されていて、病気に弱い品種だが、ラングドックやローヌ河流域の風 の強い気候(ミストラル)によりその病気から守られている。果粒は小さく、暑さと乾燥に強い品種で赤、ロゼワインを生み出す。単一品種あるいはシラーなどとアサンブラージュされることが多い。

 

色調が薄いものから深みのある色、酸味が低めの平凡なワインもあれば力強く芳醇な長期熟成型の高貴なワインにもなる。
赤い果実やプラム、スパイスのアロマを持ち、熟成させるに従い、モカ、チョコレート、タバコを思わせるアロマを生み出す。
クリスマスディナーにフランスワイン・・・

 

何にしようと迷ったら
aVin(アヴァン)のwebにぜひ。

南ローヌ厳選のトップワイナリーから最高品質のワインをお届けします。
お店にお持ち込みしたくなるエレガントなワインです。

 

VJ_CP_Rg_HL_label
★Domaine Vieille Julienne(ヴィエイユ・ジュリアン)
ビオディナミ農法、混植、低収量と樹齢100年以上の古木でグルナッシュ主体の優雅なワインを目指す

 

 

記事⑤4

★le Clos du Caillou(ル・クロ・デュ・カイユ) ヌフデュパプを牽引する高品質区画のエレガントな作り手
http://shop.avin.jp/?mode=cate&cbid=2154716&csid=0
★上記ワイナリーの AOC Cotes du Rhone(コートデュローヌ)は値段的にも魅力的です!
http://shop.avin.jp/?mode=cate&cbid=2154723&csid=0


知る人ぞ知るシャトーヌフデュパプ2016/12/1

知る人ぞ知るシャトーヌフデュパプ

VJKanban2
Domaine Vieille Julienne(ヴィエイユ ジュリアン)
こちらからの直輸入ワインを初めてご紹介します。
1905年に土地を取得、当初は他の南ローヌの小さな生産者同様ネゴシアンに販売。1990年には現オーナーのジャン・ポール・ドーメンが家族の志を継ぎドメーヌに加わる。
このころよりオーストリアの自然科学者で哲学者のルドルフ・シュタイナーの考え方をベースにビオディナミ農法によるブドウ栽培を取り入れる。
またグルナッシュの古木のブドウからワインを作る事にフォーカスし、真の成熟と低収量を求めるようになる。
1994年からキュベ”Reserve”を開始。2000年にはパーカーポイント満点を獲得、AOCシャトーヌフデュパプで人気かつ希少価値のある高級なワイン生産者へと成長。
シャトーヌフデュパプとして3種を製造。
100年以上のグルナッシュの古木のブドウは、2001年まではキュベ”Vieille Vignes”ヴィエイユヴィーニュとして使用していたが、現在はキュベ”Reserve”に使われ、良い年にのみ作られている。

VJowner2

VJ_CP_Rg_HL_label


Page Top