aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

aVin天然酵母の南仏ワイン試飲会 10/15(日)一般、16日(月)業者向け2017/10/15

IMG_1790S

 

aVin天然酵母の南仏ワイン試飲会 (ご予約不要)

10/15(日)一般の方向け /10/16(月)業者向け

 

 

弊社厳選の南フランスのワイナリーから直接仕入れ

リファーて輸入しているワインをお試しいただけるテイスティングイベントです。

 

日程:

2017年10月15日(日)13:00~18:00(一般向け) 

2017年10月16日(月)13:00~17:00(プロ向け)

 

会場: KEISUKE MATSUSHIMA 東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート神宮前1F

 

会費:エントランス2000円のみで全種類お試しできます。

さらに、当日使える2000円分のワイン商品券を皆様にお渡ししています。(実質試飲無料)

 

取扱ワイン:

【北ローヌ】Georges Vernay(ジョルジュ・ヴェルネ)

【南ローヌ】le Clos du Caillou(クロデュカイユ) Domaine de la Vieille Julienne(ヴィエイユジュリアン)

【バンドール】Domaine du Gors Nore(グロノレ) Chateau Vannieres(ヴァニエール)

【日本】Funky Chateau (長野ファンキーシャトー) くらむぼんワイン(山梨)

 

 

試飲会ラインナップを一部ご紹介します。

北ローヌを代表するワイナリー
●Georges Vernay(ジョルジュ・ヴェルネ)
IGP Viognier 2016 Le pied de Samson ピエドサンソン
ヴィオニエ100%
フローラルの香り、熟した梨、桃やアプリコット、ちょっとだけスパイスのニュアンスも感じられるヴィオニエ品種。
希少な品種にしてリーズナブル価格でご用意しました。

 

Coteau de Vernon 2015 コトー・ド・ヴェルノン 2015

AOCコンドリューを代表する特別なキュベ
ヴィオニエで優雅なひとときを。

 

Maison Rouge 2014 メゾンルージュ2014
AOCコートロティ シラー100%
これから寒くなる時期におすすめ
豆と肉の煮込み料理(カスレ)とのマリアージュはいかがでしょうか。

 

南ローヌからは品格のシャトーヌフデュパプ
●le Clos du Caillou クロデュカイユ

こちらから試飲を6種、うち初登場が
-Nature- Rouge 2016 ナチュール ルージュ
シルキーなタンニンで豊かさのあるバランスの取れた自然派赤ワインには、牛肉リブやサラミ、生ハムにも合います。
ぜひ試飲していただきたいです。

●Domaine de la Vieille Julienne ヴィエイユ・ジュリアン
AOCシャトーヌフデュパプの北部、北向き斜面で育てられるエレガントなグルナッシュ、シラー、ムールヴェドル

les Trois Sources 2011  レ・トワ・ソース2011
酸、タンニン、アルコールのハーモニーを奏でる
フルボディタイプ。
アカシアやブルーベリー、ブラックラズベリー、ブラックベリーなど深みのあるニュアンス。これから10~15年置いていただくのもおすすめ。

 

●Chateau Vannieresヴァニエール
プロヴァンスのロゼは魚のグリル、タイ料理や白身魚のお刺身にもあいそうな・・
heritage rose 2016 エリタージュ ロゼ
cotes de provence Rose 2016 コート・ドゥ・プロヴァンス ロゼ

 

●長野県のFunky Chateauもあります。
シャルドネ 2015
ピノグリ 2016 Pinot Gris
ストラト キャッセ 2016 Strate cassée

 

ぜひぜひ秋の夜長のおともになるワインでも探しに試飲会へおこしください。
ご予約不要です。


お申込み・お問い合わせ先:

 http://avin.jp/   

 

ネットショップ

http://shop.avin.jp/

 

facebook
https://www.facebook.com/avin.jp/

 

FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/1774590806174356/?active_tab=about

 

IMG_1882S IMG_1889S

image-5S

(写真)aVinで初お目見え。北ローヌのジョルジュ・ヴェルネ

こちらからはヴィオニエ、シラーなど6種入っています。

ご予約不要です。お一人でも入りやすい雰囲気です。

お気軽にお立ち寄りくださいませ~

 


野生酵母によるワインの作り手 le Clos du Caillou2017/10/13

南フランス 南ローヌ地方で野生酵母によるワインの作り手のひとつ、クロデュカイユ(le Clos du Caillou)

 

南ローヌを牽引するAOCシャトーヌフ・デュ・パプの高品質区画にあり、上品なワインを作っています。

シャトーヌフ・デュ・パプとして9ha、コート・デュ・ローヌとして45ha所有。

 

レゼルヴ2001、2005、2010ではパーカーポイント100点を取得。

 

10/15(日)の試飲会でぜひお試しくださいませ。
当日は全22種ご用意、クロデュカイユから一部紹介します。

 

新入荷

A78A0108

 

Nature Rouge Cotes du Rhone2016(ナチュールルージュ)
【赤】シラー55%,クノワーズ40%,グルナッシュ5% 3,083円
シルキーなタンニンで豊かさのあるバランスの取れた自然派赤ワインには牛肉リブやサラミ、生ハムに。
http://shop.avin.jp/?pid=121936590

 

 

白ワイン
Cotes du Rhone Blanc2016(コートデュローヌブラン)
【白】グルナッシュブラン40%、クレレットロゼ30%、ブールブラン30% 2,469円
マンダリンやレモンリキュールなど柑橘系アロマにわずかなスパイス。アサリのパスタやヤギチーズにもgood!
http://shop.avin.jp/?pid=121935635

 

赤ワイン
Cotes du Rhone Rouge2016(コートデュローヌルージュ)
【赤】シラー55%,クノワーズ40%,グルナッシュ5% 1,851円
南フランスの太陽を感じる果実味を中心としたエレガントでチャーミングなテイスト。チキングリル、キノコ料理、パスタやランチの軽いお料理などにも。
http://shop.avin.jp/?pid=121935856

 

Les Safres Rouge Chateauneuf du Pape2013(レ・サフルルージュ)
【赤】グルナッシュ95%,ムールヴェドル・ヴァカレーズ・サンソー5% 6,480円
腐葉土や枯れ葉、干しプラムやイチジクに黒コショウのスパイス。エレガントさを追求した上品な南仏ワイン。 仔羊のグリル、牛肉のステーキ等と大きいグラスで少し早めの抜栓がおすすめ。
http://shop.avin.jp/?pid=104186295

 

Les Quartz Rouge Chateauneuf du Pape2013(レ・クワルツルージュ)
【赤】グルナッシュ85%、シラー15% 8,640円
赤い花、ダークチェリーやカシス、ナツメグやシナモンのスパイス。 果実味、酸味と滑らかなタンニン
牛タンシチューやお肉の煮込み料理に。
http://shop.avin.jp/?pid=104186363

 

Reserve Rouge Chateauneuf du Pape2012(レゼルヴルージュ)
【赤】グルナッシュ60%,ムールヴェドル40% 15,120円
キノコや枯れ葉、森の香。果実味は落ち着き熟成感出始め、滑らかで美味しいタンニン。上質な和牛をキノコなどと組み合わせローストした料理などに。
http://shop.avin.jp/?pid=104187378

 

_MG_0501 _MG_0633

image (32)

クロデュカイユ(le Clos du Caillou)
野生酵母、オーガニック認証FR BIO 10、現在ビオディナミ進行中、無濾過、補糖・補酸なし

10/15試飲会情報
http://avin.jp/event/1587

 

お買い求めはこちら
http://shop.avin.jp/


Visit to Le Clos Du Caillou- In the cellar 3 new terracota jarres with 2016 vintage-2017/9/15

Visit to Le Clos Du Caillou- In the cellar 3 new terracota jarres with 2016 vintage-

 

Visit to Le Clos Du Caillou- In the cellar 3 new terracota jarres with 2016 vintage-5 Visit to Le Clos Du Caillou- In the cellar 3 new terracota jarres with 2016 vintage-2

 

We see more and more terracotta jars in cellars. Winegrowers who use them for ageing wines wish to preserve the purity of the wine and fruit.

The ageing of wine in terracotta jars is a new trend that has been developing among winegrowers over the past ten years, probably in reaction to the excesses of wooded wines. In the Lot, Stéphane and Véronique Azémar, from the Domaine Clos d’un Jour (Cahors, South-West), were the pioneers in 2004. They have now many followers.

The idea? Reproduce the gentle oxygenation generated by barrel ageing, but without the aromatization of wood (vanilla, cocoa …) thanks to the porosity of the terracotta. The jars have a capacity of 140 to 400 liters. The raw, liquid-tight, air-permeable soil remains neutral and adds no aroma to the wine.

SLOW AND REGULAR AERATION OF WINE

At the heart of the jar, an alchemy unfolds between wine, terracotta and oxygen. This type of ageing allows a slow and regular aeration of the wine through the pores of the jar. It enhances the expression of aromas, contributes to the stabilization of the color, the softening of the tannins for the red wines, and eliminates the stench coming from reducing process often induced by the ageing in vats. It allows the winemaker to remain “closest to the wine” by highlighting its terroir and its grape varieties, without added tastes. A quest for purity of wine expression that promises beautiful tastings.

WINEMAKING IN JARRES: The opinion of Stéphane Azémar, owner winegrower at the Clos d’un Jour, in Duravel (46):
“It is difficult to determine from the taste of a wine if it has been aged in terracotta jars or not, but this type of ageing has a beneficial effect on the wine by the gentle oxidation it generates and the absence of aromatization by the wood. The terracotta jars retain the aromas of the grape varieties and the characteristics of the terroir without masking them.Compared with the same vintage aged in vats, a wine aged a few months in jars offers. The wine is rounded, with more volume, and the tannins present a high quality with a high level of flavor. There is often an impression that the wine evolves slightly faster under the effect of oxygen and one can then believe that it is a little older than its age of one or two vintages . ”

(from the Revue du Vin de France december 2016)
http://www.larvf.com/,vins-elevage-vin-jarres-vieillissemen…

Visit to Le Clos Du Caillou- In the cellar 3 new terracota jarres with 2016 vintage-4 Visit to Le Clos Du Caillou- In the cellar 3 new terracota jarres with 2016 vintage-3 Visit to Le Clos Du Caillou- In the cellar 3 new terracota jarres with 2016 vintage-1


★お知らせ★南仏ワインバー×Keisuke Matsushima2017/9/14

 

A78A2363S

 

2017年9月14日(木)から毎週木曜日(週1日夜のみ)

 

弊社aVinが原宿にある南フランス料理のレストラン「Keisuke Matsushima」さんの一角を

お借りして南仏バーを始めます。

http://keisukematsushima.tokyo/

 

南仏のワインと料理を

気軽に楽しんでいただけるようこんなスタイルにしました。

1グラスワイン+1品=1,500円(最初のチャージ)

 

その後は、ワインをゆっくり、

あるいはお食事をもう少し、

今日は、1杯だけ

などお気に召すまま・・

 

食事の前のアペロに、

仕事帰り、原宿の森で気軽に1杯、

ご友人とゆっくりと、

まはたおひとりでも安心して過ごしていただける

そんな南仏風空間をご用意してお待ちしております。

 

 

IMG_1877S

 

KEISUKE MATSUSHIMA 内 南仏バー

木曜のみ営業

18:00~22:00

東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F KEISUKE MATSUSHIMA

最寄り駅: 千代田線明治神宮前5番出口より徒歩10分 または  山手線原宿駅竹下口より徒歩10分

 

お問い合わせはこちらへお願いします

info@avin.jp

 

image (23)

 

フランス・ニースの風を都会の社でゆったり味わいたい方はこちらで

「KEISUKE MATSUSHIMA」

 

※こちらでもaVinの南仏ワインをご用意しております。

 

ランチ  11:30 ~ 15:00(LO 13:30)
ディナー 18:00 ~ 23:00(LO 21:00)      日曜日 LO 20:00

 

東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F KEISUKE MATSUSHIMA

03-5772-2091(ご予約専用)/03-5772-2151(ご予約以外)

※当日のご予約に関するお問い合わせ以外は、10時~11時半、14時~17時、20時~22時に
ご連絡いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

http://keisukematsushima.tokyo/

 


Temperatures are reaching peeks in South of France, the summer promises to be hot. At Domaine Clos du Caillou the time of veraison has come.2017/7/14

Temperatures are reaching peeks in South of France, the summer promises to be hot. At Domaine Clos du Caillou the time of veraison has come.

 

Temperatures are reaching peeks in South of France, the summer promises to be hot. At Domaine Clos du Caillou the time of veraison has come.2

 

What is veraison? ( ‘véraison’ in french)

The ‘véraison’ is the time when the seeds of grapes change color and thus take their final shade of color. We consider that this stage is finished when half of seeds have changed color (see picture). It is due to the migration of sugars of the vine to the grape seeds. 
The acidity decreases, then the tannins, dyestuffs, aromatics and sugars increase till full maturity of the grapes. The winemaker is particularly carefull to this vegetative stage because it is the first information for the time of harvest. Indeed, the harvest generally begins about 35 days after the ‘véraison’.

At this final stage of the growth vine the pores of grapes close, preventing mildew (mildiou) et and powdery mildew (l’oïdium ) from entering the grapes. Then vine treatement is no longer necessary until the harvest.

 

Temperatures are reaching peeks in South of France, the summer promises to be hot. At Domaine Clos du Caillou the time of veraison has come.1


Page Top