aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

「ワインやレッツゴー」2018/1/26

アヴァンが南フランスで作られるローヌとプロヴァンス地方のワインを輸入する理由

 

 

南フランスのワインは、南仏の陽気な気候や人柄のように、親しみやすく朗らかなワインがたくさんあります。アヴァンは『土地の味・自然な栽培と造り・造り手の哲学』が反映されるワインを大切にしていきたいと思っています。

 

 

畑へのこだわり

image (29)_s IMG_0703

 

畑をできる限り農薬や化学肥料を使わないで、自然な栽培にしていると、土も柔らか、根が地下へ地下へと伸びて養分を吸い上げます。

ブドウ自体がなりたいようなブドウなり(ブドウの気持ち)本来のそのものの味わいを導きます。育てる人も撒く肥料や薬品から体によくないものを拾わない。人の介入をなるべく抑えて、個性が活かされ魅力的。

 

良いブドウを育てること=良い酵母を育てること。良い酵母は、テロワール、土地の味を表すために大きな働きをします。

南仏には、乾燥した気候と豊富な日照量があり、ビオ(オーガニック)で栽培しやすい環境です。

もちろん、天候に左右され、収穫量も不安定、作る過程のリスクは大きいんですけど。

 

aVin’s ownerよしさんおすすめ
漫画「おせん」の天然と養殖の魚の違いを読むと分かりやすいそうです。

 

 

ブドウからワインへの過程

grosnoreAkaBudo

 

ビオ(オーガニック)の畑で栽培され次のステップ。野生の酵母というのが、ブドウの皮に白く表面についています。これを使って醸造すると、これもまたブドウの個性を活かします。農薬を使ってしまうと、いくつかの酵母は育たないようです。

添加酵母、培養酵母で作るワインもおいしいけれど、個性重視がアヴァンらしさかな。

 

酸化防止剤
数千年のワイン造りの中で、ボトルのない時代から硫黄を燃やしてそれを酸化防止剤として活用していました。ワインも海を渡り世界中に流通するようになりました。

亜硫酸塩は酸化防止剤として使われ、多少自然発生もします。
ゼロかごく少量のものをナチュールと呼んでいるようですが、こちらはまだまだ新しいアプローチ。

作り手から飲む人への長い道のりの中で、温度管理、輸送状態などすべてが整ってできること。

アヴァンは必要最低限の量を添加しているものとナチュールを少し取り扱っています。

 

 

「造り手、そして南フランス」

IMG_0693_cndp  IMG_0696

 

南フランスには、樹齢100年を超えるワインの樹も多く残り、家族として、職人として蓄積されてきた知識や技術、センス、哲学がワインに反映されます。紀元前からワインが作られてきた南フランスはそれらが反映されやすい土地だと思います。

 

上手く作ろというワインではなく、大量販売するためのワインでもなく、美味しさと哲学を求め続ける造り手たちのワインを厳選してお届けしていきたい。

小さな村々で出逢った、自然環境にも私たちにも優しいワイン。

ワイナリーから直接輸入し、飲む人の注がれるグラスまで。

色んなものがある中で選んでもらえるよう、責任を持って造り手の情報をお伝えしたい。

 

 

18  image (3)

 

まずは是非一杯、南フランスワインを飲んでみてください。

Rhone & Provence wine

aVin

 


Georges Vernay / ジョルジュ・ヴェルネ2018/1/11

北ローヌを代表するワイナリー

Georges Vernay  ジョルジュ・ヴェルネ をご紹介します。

 

「コンドリューの父」ジョルジュの跡を、現在3代目クリスティーヌが引き継ぎ、

世界最高峰のヴィオニエとシラーを作る北ローヌを代表するワイナリーの秘密とは・・・

 

vernay IMG_1885s

左側クリスティーヌさん、右側ジョルジュさん

 

 

ローヌ地方北部、玄関口の町ヴィエンヌからローヌ川沿いを南へ約11キロ下ったところに広がるコンドリューの丘、切り立った花崗岩質の南東向きの急傾斜の段丘の畑を石垣で支えながらヴィオニエ種が植えられています。

ローヌ川右岸にところせましと植えられているヴィオニエ品種(白)、下流を望む。

IMG_1896 IMG_1915

 

IMG_1886s IMG_1875

 

 

繊細で上品なヴィオニエの白ワイン

IMG_1877 A78A0071

IGPヴィオニエ(左側)http://shop.avin.jp/?pid=121851608

コンドリュー(右側)  http://shop.avin.jp/?pid=121851760

 

 
ローヌ地方の最北端でシラー種の銘醸地であるコートロティは、このコンドリューの北部に位置します。

ロティとはローストされるほどに熱い丘を意味しています。

ローヌ川に面し南東向きの急傾斜地。

 

クリスティーヌによるシラー種のコートロティは国際的な賞を受賞する等、繊細で上品なヴィオニエの白ワインのみならず、しなやかで力強いシラーの赤ワインを造っています。

 

A78A0093 A78A0018

コートロティ(左側)http://shop.avin.jp/?pid=121934536

IGPシラー(右側 )http://shop.avin.jp/?pid=121851993

 

 
自然への敬意
コート・ド・ヴェルノンの畑のふもとに佇む家族の住まいは、自然と絵画を愛す建築家ルネ・ダーデルによって19世紀に建てられました。ヴェルノンの土地そのものが、ドメーヌの本質を表していて、畑に寄り添い土壌を自然な状態に保つことで、ブドウのドラマティックな成長を見届けることができると言います。
自然は時にその超越した力を振りかざすことがあるが、耳を傾けることでひらめきを与えてくれる。自然への敬意とは、先人たちの考えを理解し、彼らの技術や知識を得ることでもある。異なる世代の書簡を通して、テロワールを知ることもできる。ブドウの品質改良は、ひいては、動植物に敬意を払う方法を取り入れることでもある。急斜面の丘にある畑では、機械化は不可能であり、結果、除草剤や殺虫剤を使用することなく、手作業でブドウは育てられています。

 
創造と革新
ワイン造りはあくなき挑戦。
畑づくりから始まるこの努力は、より優れたワインの追求と、ワインに純粋に向き合うことに注がれる。土壌とブドウを知ることは、欠くことのできないプロセス。クリスティーヌは、定期的にブドウ畑に足を運び、培った経験をもとにワイン造りを行なっている。テイスティングの段階を終えると、後は出荷を待つのみ。色、香り、全ての要素が、その存在に気づかれるのを今かと待っている。3世代に渡って繰り返されてきた探求と革新は、途絶えることなくこのテロワールに生き続けている。
vernay2

 

Christine Vernay クリスティーヌ・ヴェルネ (オーナー兼醸造家)
AOCコンドリューの再起に尽力した2代目当主のジョルジュ氏の娘クリスティーヌは、幼少のころ北ローヌでよく見られる35~40度もある傾斜を駆け下り、下にある自宅まで走り回って、その辺一帯を大好きな遊び場として過ごす。その後、フランスで名声のあるフランス国立行政学院(ENA)でのイタリア語教師となり、パリでピアニストのポール・アンセルム氏と結婚。

1996年当主であった父ジョルジュがリタイアの際、二人の息子と一人娘クリスティーヌにドメーヌを引き継ぐ意思があるかを聞いたところ、クリスティーヌのみが興味を示す。かつて彼女が幼き頃、ジョルジュがブドウ畑やセラーでの厳しい仕事を彼女には手伝わせず、若い女性には向かない仕事だとも思っていたこともあり、家族内では意外な驚きであった。
彼女いわく、「私のルーツだ」という。「夫のポールも賛同してくれていたし、子供はまだ小さかったけど冒険に連れ出すにはちょうどよかったわ。」間もなくして教師の仕事を離れ、家族のワイナリーをつぐ決意の後、猛勉強を始め家族でコンドリューに移る。

ドメーヌはもともと白ワインが有名で、彼女の代になってコートロティやサンジョセフの赤ワインに特に力を注いでいる。
「私の父はとても象徴的だったから私の居場所を見つけなければ。シラーは私にとってミステリーだった。今は、ヴィオニエと同じほどシラーを育てているけれど、ふたつは全然違う世界。」
ヴェルネは、赤ワインで、エナジー、ムーブメント、肉感的な力強さを表す。対照的に白ワインでは、より穏やかな、上品で繊細な、ワイナリーとして、意識として”教会のような・・”表現を目指す。

ジャズとクラシック音楽を愛するクリスティーヌ氏と夫ポール・アンセルム氏は、国際的なアーティストをドメーヌの地に招き、ワインと音楽を楽しむイベントを年2回開催している。
ワインと音楽が創り出す特別なひと時は、人々に分かち合いを教えてくれる。そして、そこから文化が花開く。ジョルジュ・ヴェルネの全てのボトルに、この価値観がいきづいている。

IMG_1879 IMG_1882   IMG_1932

 

ジョルジュ・ヴェルネはこちらからご注文できます。

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1673539

 

2018年1月20日(土) 目黒 スタジオキューでの試飲&販売でもご用意しています。

1月の南仏ビオワイン試飲&販売会(ご予約不要)

 
★More Infomation ワイナリー&ワインの詳細情報

参考パーカーポイント
Condrieu Coteau du Vernon 2013 96点
コンドリュー・コトーデュヴェルノン

A78A0071
Always the more powerful, thick and rich of the Condrieu releases, the flagship 2013 Condrieu Coteau du Vernon will compete with the top two to three wines in the vintage. Coming from very old vines planted on a steep, granite slope located just behind the estate, it offers full throttle notes of sauteed peach, marmalade, honeysuckle, liquid rock and citrus oil. Big, rich, textured and nicely concentrated, it nevertheless stays fresh, lively and weightless on the palate, with notable purity and a clean, dry finish. It doesn’t come cheap (nor should it), but it’s a tour de force in Condrieu that will drink nicely for a decade or more… although I always like to preface that with the sure bet is to enjoy bottles a year after the vintage and over the following 3-4 years.

Cote Rotie Maison Rouge 2011 92点
コート・ロティ・メゾン・ルージュ

A78A0093
Continuing to drink beautifully, the 2011 Cote Rotie Maison Rouge (100% Syrah fermented with a small amount of stems) shows the sunny, forward nature of the vintage with its ripe black raspberry, strawberry, spring flowers and spice-laced bouquet. Medium-bodied, elegant and silky, with good ripeness, drink it anytime over the coming decade. The elevage was 20-35% new French oak, and this was also the first vintage where they utilized a newly purchased parcel in the Maison Rouge lieu-dit.

「死ぬ前に飲むべき1001ワイン」ニール・ベケット著
Condrieu Coteau du Vernon 掲載


南ローヌから新着 “Daumen(ドーメン)” -new arrival-2017/12/7

841256_10202484540023753_1736658985_o

 

Vieille Julienne(ヴィエイユ ジュリアン)のオーナー ジャン・ポール・ドーメンさんのプロジェクト”Daumen(ドーメン)” シャトーヌフデュパプ、コート・デュ・ローヌ、IGPプランシポテ・ドランジュ、ジゴンダスのラインナップ。各ワインはアペレーションでもトップクラスのワインを生み出しています。

 

The Daumen wines are a side project of Jean-Paul Daumen, the mastermind behind Vieille Julienne. The Vaucluse and Cotes-du-Rhone vineyards have been in the Daumen family as long as the Chateauneuf vineyards. They have also been under biodynamic practice since the early 90’s, with the same level of detail and care as the wines of Vieille Julienne. Both the Lirac and Gigondas come from vineyards that are owned by two former employees of Jean-Paul. Jean-Paul has worked out a deal with them to convert the vineyards to biodynamic viticulture, and they are under JP’s complete control. These wines compete at the highest level for their appellations.

 

 

24312666_1821726141463233_2683006982356976410_n

 

ジャンポール・ドーメンから一言

「年来若手の才能あるブドウ栽培者たちがそれぞれの畑で色々と試行錯誤し苦戦しているのを見ていて、ある時このプロジェクトを思いついたんだ。彼らの苦心や手間を掛けた畑から作られる果実を瓶詰したいと。想いや情熱をつめこんで。これまでにもすでにブドウ畑での作業、特に自然に対する面では彼らと多くのことをシェアしてきた。だからその延長として、私のセラーで、ローヌのテロワールを一緒に表現していきたい。このプロジェクトはワイン作りなんだ。まずは私のもつ哲学の必須不可欠な、豊かで、活き活きとした土壌の区画で作られる彼らのブドウを買うこと。それからサステナビリティ(持続可能性)。ブドウはオーガニック栽培の畑でつくられるものを使い、環境を守るためにもすべてのパッケージはリサイクル材料を使っている。

 

Statement from the winemaker:

“Over the years as I watched the latest generation of young talented vine growers toil their fields. I came up with an idea that would become this current project: I wanted to bottle the fruit of their labor, to capture the spirit of their work, their passion. I knew we shared many things in common, especially the notion of working naturally in the vineyard, so I would simply extend this natural work to my cellar, seeking nothing more than a common expression of our Rhone terroir.

This project is about wine-making, it is about buying grapes from parcels whose soil are rich, vibrant, and alive-an integral part of my philosophy. The project is also about working sustainably.
I source fruit from organically cultivated vineyards, and use recycled materials for all our packaging to better protect our environment.

 

VJ2 IMG_1865

 

これは、私のワインに対する新しいポートフォリオ。

近づきやすく、それであって本物でなければならない。本物であって、メッキで上辺を飾る必要もない、楽しめるもの。謙虚であり、心からまっすぐなんだ。このプロジェクトはワイン造りへのまぎれもない私のアプローチ。私のセラーでベストで健全なブドウから造ること。これがシンプルに、可能な限り介入を抑えたワイン造りの工程へと導いているんだ。私の望みは、アルティザン(職人)として痕跡を残すこと。果実の純正さ、ヴィンテージのユニークさ、テロワールの個性を表現するワイン造りへの挑戦だよ。」

Jean-Paul Daumen(ジャンポール・ドーメン)

 

This is a new portfolio of wines for me, wines that are meant to be accessible and authentic. I want them to be real wines, meant to be enjoyed without pretence. They are modest, and straight from the heart.

Finally, this project is about being true to my approach to wine making wine, which is working with the best and healthiest fruit in my cellar. This allows me to simply guide the winemaking process, with the least intervention possible. My work will remain nuanced, avoiding extraction and artifice. My desire is to leave my imprint as an artisan, with the challenge of making wine that expresses purity of fruit, uniqueness of vintage, and a terroir’s personality.
In all sincerity- “ Jean-Paul Daumen

 

0710Daumen4xoutils3_2 ch du pape 0710Daumen4xoutils3_4 gigondas

 

Winery pageはこちらから

julienne

 

webshopもあります。ドーメンラベルは順次販売予定

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1547991

 

 


マリ研レポート 11/24(金)Keisuke Matsushima ×aVin2017/11/29

原宿にある南仏料理「KEISUKE MATSUSHIMA」でのマリアージュ研究会

 

今回の北ローヌ編はコンドリューを代表するワイナリー Georges Vernay(ジョルジュ・ヴェルネ)の

ヴィオニエの白ワインとシラーの赤ワインをお楽しみいただきました。

 

南仏ニースの松嶋シェフが言われる

「土地に密約を探る料理とワインのマリアージュ」

 

 

参加されたみなさまから頂きましたコメントも紹介しながらお料理・ワインを。

 

☆LANGOUSTINE Carpaccio de langoustine, créme de crustacés

手長海老のカルパッチョ、甲殻類のクリーム × IGPヴィオニエ2016 Le pied de Samson

image1 (5) A78A9993

 

「酸味も渋みも少なく」

「とてもおいしかったです」

「さすがヴェルネさんて感じのしっかりとしたボリュームがあるヴィオニエだと思います。花梨のような華やかさとスイカズラとかキンモクセイのお花の香がツボです」

 

 

☆FOIE GRAS En ravioli, fricasséde champignons des bois, émulsion de champignons

フォアグラを詰めたラヴィオリ、野生のキノコのフリカッセ、 マッシュルームのエミュルション

× コトー・ド・ヴェルノン2015 Coteau de Vernon

image2 (1) A78A0071

 

「キリっとしていてゴージャスな女性」

「華やかな果実味とかお花の香はありつつも、ちゃんと下支えしている酸が感じるのでワインだけでも沢山飲めそう」

「フォアグラなのにオリーブオイルが使われてて爽やかでした!キノコ類の風味がワインのあたたかみととても合ってました」

 

 

☆CANARD En Fumé, endive à la meunière à l’orange, purée d’orange, sauce bigarade

鴨胸肉の備長炭焼き オレンジ風味のアンディーブのムニエル ソースビガラード

× コートデュローヌ ルージュ2015 Sainte Agatheメゾンルージュ2014 Maison Rouge

image3

 

A78A9988 A78A0093

 

コートデュローヌ2015サンタゲットゥ

「濃密な感じてよかった」

「お酒が弱い人にとってはアルコール度も強く感じ香りも強く渋みが強いワイン」

メゾンルージュ2014コートロティ

「とっても華やかで好みでした」

「鴨の柑橘も合うけれど、もっと重めのソースやジビエにも合いそう」

 

 

☆POTIRON En biscuit coolant, chantilly à la vanilla, mortared, glace châtaigne
南瓜、流れるビスキュイ、バニラ風味のシャンティークリーム、 モスタルダ、栗のアイス

+コーヒー♪

image4

 

「流れるパンプキンがほっとするデザートでした」

 

 

aVin代表の日下部も地図パネルや写真を片手に、土地の説明をさせていただきました。

ワインの説明をもっと聞きたかったという声も頂いたので次回に活かします!

 

image image (8)

 

image (24) image (12)

 

image (38)

『マリアージュ研究会』という一見かしこまった印象を与えそうなこの会、もともと世界中の料理や食材、和食など何でもあわせて楽しんでみようというのの発展系。それぞれに想うことをちょっとメモしながら気軽に楽しむ感じです。その土地や食材、ワインのお話をかる~く添えています。

 

ほんのわずかな時間でも南仏旅行にでかけた気分で。

また次回お待ちしております。

 

次回のマリアージュ研究会(マリ研)

2018年1月26日(金)原宿「Keisuke Matsushima」さんにて

image (4)


マリアージュ研究会北ローヌ編は来週11/24(金)です2017/11/16

南フランスとは、西はスペイン国境あたりから東はイタリア国境、スイスとも一部接している幅ひろ~いエリア。その中で一番北部に位置する北ローヌ。そしてさらにその北端に、コンドリュやコートロティというAOC名のつくワインエリアがあります。美味しいワインが造られれば、当然美食もついてきます。

 

近隣ヴィエンヌという街、フランス料理界の巨匠アラン・シャペルやポール・ボキューズを輩出したフレンチの名店La Pyramide(ラ ピラミッド)☆☆もあります。
http://avin.jp/area-information/1141 (英語)

 

6月に行ったときは年配な方が多かった印象ですが、ランチタイム満席でしたね。要予約。ホテルも併設されています。

 

このエリアを旅するとなると、日本語で調べてもなかなか少ないですよね。でもローヌは本当に魅力がいっぱい。

 

本題のマリアージュ研究会(マリ研)のメニューです。

今回も原宿「ケイスケ マツシマ トウキョウ」さんのスペシャル

===================================================================
☆LANGOUSTINE Carpaccio de langoustine, créme de crustacés
手長海老のカルパッチョ、甲殻類のクリーム

☆FOIE GRAS En ravioli, fricasséde champignons des bois, émulsion de champignons
フォアグラを詰めたラヴィオリ、野生のキノコのフリカッセ、 マッシュルームのエミュルション

☆CANARD En Fumé, endive à la meunière à l’orange, purée d’orange, sauce bigarade
鴨胸肉の備長炭焼き オレンジ風味のアンディーブのムニエル ソースビガラード

☆POTIRON En biscuit coolant, chantilly à la vanilla, mortared, glace châtaigne
南瓜、流れるビスキュイ、バニラ風味のシャンティークリーム、 モスタルダ、栗のアイス
===================================================================

 

北ローヌを代表するヴェルネのワイン、王道のヴィオニエ白ワインと、最近力を注いでいるシラーの赤ワインを全4種。

日本で北ローヌをここまで味わえるのはこの機会だけでしょう。

 

ワイナリーについて合わせてこちらもどうぞ

【北ローヌ】Georges Vernay / ジョルジュ・ヴェルネ

 

マリアージュ研究会 11/24

【要予約】マリアージュ研究会 11/24(金)Keisuke Matsushima × aVin

 

vernay

 

ご予約受付中です。
info@avin.jp もしくは03-6452-4380まで。
お名前、電話番号、人数をご記入ください。

 

おまけ
ジャズとクラシック音楽を愛するクリスティーヌ氏と夫ポール・アンセルム氏は、国際的なアーティストをドメーヌの地に招き、ワインと音楽を楽しむイベントを年2回開催している。
ワインと音楽が創り出す特別なひと時は、人々に分かち合いを教えてくれる。そして、そこから文化が花開く。ジョルジュ・ヴェルネの全てのボトルに、この価値観がいきづいている。


Page Top