aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

2月の試飲会は2/24(土)2018/2/24

ローヌ&プロヴァンスワイン試飲&販売会 【予約不要】
天然酵母の南仏ビオワイン aVin -アヴァン-

 

_MG_9755

 

aVinが直輸入する南フランス厳選ワイン
今回のテーマは「ローヌの泡とFunky Chateau」

 

新たに輸入を始めたワイナリー Jaillance(ジャイアンス)から北ローヌ地方でつくられるクレレット・ド・ディー(発泡性白ワイン)をご紹介

 

ローヌ地方といえば赤ワインの生産が主ですが、このクレレット・ド・ディーは、1世紀頃にこの地に住む人々がワインを入れた壺を冬の間冷たい川に入れていたら、春になって発泡してやさしい甘みのあるワインになっていたという、こちらも土地に根付いた歴史あるワイン。ぜひこの機会にいくつか飲み比べてみてください。

 

ワイナリー:Jaillance(ジャイアンス)
天然酵母により、優しい発泡でブドウの甘みもいきています。こちらはアルコール約7%
Clairette de Die クレレットドディ
Clairette de Die Icone クレレットドディ アイコン

この他ジャイアンスからクレマン(こちらは約12%)、ロゼスパークリングなど6種

 

南仏ワインファンには、ローヌ地方&プロヴァンス地方厳選のaVin直輸入ワイナリー6社から、赤ワインを中心に、シラー、グルナッシュ、ムールヴェドル、カヴェルネソーヴィニョンの魅力を発見に!

George Vernay(ジョルジュ ヴェルネ)
le Clos du Caillou(クロデュカイユ)
Vieille Julienne(ヴィエイユ ジュリアン)
Daumen(ドーメン)
Chateau Vannieres(シャトーヴァニエール)
Gros Nore(グロノレ)

 

南仏専門のアヴァンだけど、国内のとっておきもご紹介します。

 

長野県のFunky Chateau(ファンキーシャトー)
サンジョベーゼ、カヴェルネソーヴィニョン、メルロー、ピノグリ、セミヨン、シャルドネ

 

今回、アヴァン試飲会初登場のサンジョベーゼ
ファンキーさんのワインは対面販売のみとなっておりますので、この機会にお試しいただきその場で購入可能です。
こちらは数量に限りがありますのでご了承ください。

 

スパークリング、白、ロゼ、赤ワイン計25種ほど用意してお待ちしております。

 

ワインの合間に、天然酵母を使用したМサイズさんのパン(学芸大学)や、お料理研究家ミチさんのパテ等も無料でご用意しています。こちらもおいしいですよ~

 

【開催日】2018年2月24日(土) 13:00 – 18:00

 

【会場】studio Que(キュー) 目黒区目黒本町2-24-12
http://studiolamomo.com/que/info/access/
最寄り駅 東急東横線学芸大学駅、または目黒駅西口よりバスで「区立7中前」下車

 

【会費】エントランス料 2,000円
ご予約不要。エントランス料2,000円ですが、当日使える2,000円割引券をお渡しするので、実質試飲はタダ!

 

ご家族、お友達などみなさまお誘いあわせください♪
お一人でも楽しんでいただけます★
カジュアルな服装でお気軽に~

 

お待ちしています。

 

[お問い合わせ]

お問い合わせ

 

インスタもやってます。

 

Rhone & Provence wine
aVin(アヴァン)

トップページ

webshop
http://shop.avin.jp/


毎週木曜限定南仏ワインバーは2/22(木)が最終日です。2018/2/16

A78A2363S 26221178_1834755670160280_5576355201451174782_o

aVin の pop up bar「木曜限定南仏ワインバー」
at KEISUKE MATSUSHIMA TOKYO

来週2/22(木)が最終日です。

まだ行ってなかった~というみなさま
aVinをフォローしてくださってるみなさま

真冬の寒い中ですが、ぜひお立ち寄りくださいませ~☆
事前にご連絡いただけましたら、スタッフもそろって駆けつけます。

来週木曜日 お待ちしておりま~す。

南フランスのワインは、南仏の陽気な気候や人柄のように、親しみやすく朗らかなワインがたくさんあります。アヴァンは『土地の味・自然な栽培と造り・造り手の哲学』が反映されるワインを大切にしていきたいと思っています。

ローヌ&プロヴァンスワイン
アヴァン aVin
http://avin.jp/

 

 

image (60)

 

 

access

 

KEISUKE MATSUSHIMA 内 南仏バー

木曜のみ営業

18:00~22:00

 

東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F KEISUKE MATSUSHIMA

最寄り駅: 千代田線明治神宮前5番出口より徒歩10分 または  山手線原宿駅竹下口より徒歩10分

 

お問い合わせはこちらへお願いします

info@avin.jp


Edgar Degas exhibition in Paris at the Musée d’Orsay until February 25th: a rare occasion to enjoy his striking paintings on women and alcohol.2018/2/15

Beyond his famous ballerinas’ paintings, this exhibition is the occasion to discover several of his paintings revealing the toughness of life at the time.

173148

For the 100th anniversary of Edgar Degas death( born Hilaire Germain Edgar de Gas), French painter, sculptor, printmaker and photographer, the Orsay Museum pays him a tribute until February 25th with an exceptionnal exhibition combining sketches, charcoal, pastels & red chalks drawings.
The work is presented along with Paul Valéry text “Degas, Danse, Dessin” who was a closed friend of the artist.
The friendship between Degas and Valéry lasting more than twenty years resulted in an essay published by Editions Vollard in 1937, Degas Danse Dessin. Both intimate and universal, it conveys a poetic, fragmentary image of the painter’s personality and his art, and a kind of meditation on the creative process.

If Degas is well known by a large public for his pictorial representations of young ballerinas, confined interiors or his bronze sculptures, others types of work gained mondial recognition and notoriety.
Among them, those depicting women and alcohol, which have earned the esteem of many historians.

The vast majority of women living in the 19th century in Paris were from very poor backgrounds and were finding comfort in cafés, popular dancing halls of the capital.
There, they could drink without fear of judgement, absinthe and wine. A free attitude magnified by Degas in his compositions.

-L'Absinthe-,_par_Edgar_Degas_(1876)

Privileged witness of a fast changing world encompassing strong inegalities and contrasts.
This banker’s son saw Champagne bubbling and endlessly flowing in the National Opera backstage, uper class salons or horse competitions but also captured the despair of an era, and the use of the “green fairy” (refering to absinthe, a liquor made of anise, mint, flowers & leaves extracts) as an anti-depressant and drug for working-class women ( the so-called “grisettes”) loners, milliners and dressmakers.

http://www.musee-orsay.fr/
9h30 to 18h from Tuesday to Sunday
9h30 to 21h45 on Thursday
Closed every Mondays

(source La Revue du Vin de France February 2018)
http://shop.avin.jp/


【要予約】マリアージュ研究会3/2(金)Keisuke Matsushima ×aVin2018/2/15

ローヌ&プロヴァンス専門aVinが南フランスワイナリーから直輸入するワインを

KEISUKE MATSUSHIMA」のディナーと楽しむ会

 

 

3月のテーマは

プロヴァンス地方で最も有名な赤ワインの銘醸地バンドール(Bandol)

この地方を牽引する名門「 Chateau Vannieres シャトーヴァニエール」

 

20160209-1 image2  _MG_9588

 

 

「美しく熟成を重ねる高級感溢れる味わいを」

 

今回は弊社輸入ワインから3ヴィンテージ2012、2001、1990年。同じ生産者の同銘柄をヴィンテージ違いで飲みながら、ヴィンテージの特徴や、年の個性、熟成の状態なども楽しみください。ニース在住の松嶋シェフによる本物の南フランスの料理とワインのマリアージュをご用意してお待ちしております。

 

 

日程: 2018年3月2日(金)19:30~22:00

 

ワインメニュー:Heritage Blanc 2016 エリタージュブラン

        Bandol Rouge 2012, 2001, 1990 バンドールルージュ

 

コースメニュー:決まり次第お知らせします

 

場所:KEISUKE MATSUSHIMA
東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート神宮前1F

 

会費:12,000円(税込)

定員:15名ほど

 

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ。

info@avin.jp 03-6452-4380 

※お名前、人数、ご連絡先をお知らせください。

 

 

Chateau Vannieres シャトーヴァニエール

シャトーは、プロヴァンス地方最大の都市マルセイユから東へ約45キロ、ハイウェイA50を経由して1時間ほど、キロラ・カディエール・ダジュールとサン=シル=シュル=ロワールの間に位置し、ブドウ園は南と西から陽光が降り注ぎ、北側はサント=ボームの山に守られています。泥灰質と石灰質土壌の南と西向きのおよそ30ヘクタールの畑。

平均樹齢は35年、ヘクタールあたり5,000本という伝統的な植樹密度で植えられ、収穫は手摘み。オーガニックを実践しており、標高が高く、除草のために畑を耕すなど伝統を忠実に守った造り手です。

 

この風土を愛したスコットランド人によって15世紀に建てられたシャトーがワイナリーとして使われ、そのシャトーでの醸造と熟成を経てワインは出荷されます。

 

Vannières(ヴァニエール)とは、フランス語で葦のこと。シャトー・ヴァニエールのあるこの土地では、以前は葦の草原が広がり、葦を使った鞄の生産が盛んでした。この風土を愛したスコットランド人によって建てられシャトー(城)には、15世紀からの古い蔵があります。現当主エリック・ボワソーの祖父が1957年に購入したこの城で、孫のエリックは、その息子シャルル=エリックとともに革新的なワインの醸造に挑んでいます。その一方、ムールヴェドル種とバンドールの肥沃なテロワールの元来の組み合わせも重んじています。

 

image

ラベンダー、鮮やかな花、緑に囲まれたシャトー

 

 

image3 20160209-8

テイスティングカーヴ/現当主エリック・ボワソーさん

 

image4 image5

平均樹齢35年、ムールヴェドル種とバンドールの肥沃なテロワールの元来の組み合わせ

 

image7

 

~~~


南仏だけに特化したワインを輸入しているavinアヴァンさんと、、、土地に密約を探る料理とワインのマリアージュの会!!

ワインの組み合わせって、、、やはり土地の表現をまずは理解してそして季節を知ることだと思っています。
だからそれ以上の理屈や理由は必要ないと僕は思っています。

だからワインを覚えたりすると言うのは、そのワインの育つ場所の景色を覚えると言うことだと思っています。
しかも年間を通して季節の変化まで覚えれるのがベストだと思うので、本当は季節ごとにワイナリーなんか訪問すると色々と知見が得れると思っています。(なかなかできないことなんですけどね、、、)
だから同じワインで季節ごとに料理のマリアージュを試してみると、、、なんか色々と得れるものがあるかなって思います。

と言うわけで春の近づく南仏の組み合わせを楽しんでください。
南仏ニースより 松嶋啓介


~~~

 

前回の模様はこちら


Today’s pairing2018/2/15

24312510_1821824221453425_8634400180222292174_n

Today’s pairing, Wild boar piglet stew with prunes and a Châteauneuf-du-Pape, Daumen wines 2014~

 

When it comes to pair a stew dish with wine, tannin should be carefully considered!
Autumn and winter are ideal seasons for cooking game and stewed meat.
During these periods, cooler and more humid, stew, casserole, “estouffade” are very much appreciated. 
Rich in antioxidants, iron and sudar, prunes are often used in these kind of recipes.
Prunes from Agen are protected with an IGP(stated geographical origin) since 2002. Others areas also produce prunes but the same appellation cannot be used.
The use of prunes in the kitchen go beyond French borders. In the Maghreb, it is commonly used in lamb tagine( slow-cooking stew). In France it owes its fame to the popular “far breton” or 2far aux pruneaux”, a batter pudding containing prunes.

In stew recipes prunes bring a certain sweetness and smoothness that should be seriously considered when chosing the wine, tannins being rarely happy when they meet sugar. It doesn’t mean red wines shouldn’t be taken in consideration for pairing with stews. However it gives indications on the tannins and balance of the wine you should look for.

 

For example a wild boar piglet stew with prunes could totally be associated with a full body, heady red wine. It will greatly matches with this powerful dish.

 

However, it’s necessary to choose a wine with red grenache for main base, alone or blend with cinsault. With this type of cuvée you will have strength of a southern wine and roundness, while tannin sap is avoided. It’ll be more difficult with more tannic grape varieties as mourvedre or cabernet-sauvignon.

 

For this dish a Châteauneuf-du-Pape with a majority of grenache from a solar year will very nicely to optimize the strength of this stewed dish.
With a young vintage to have a fresh and juicy fruit bringing freshness to the dish!

 

(source: Olivier Poussier’s article in RVF-December 2017. Olivier Poussier is the world best sommelier).

ch du pape

24909731_1821825078120006_5559499065494583759_n


Page Top