aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

5月はaVin in 飛騨高山ジャズ2018/4/30

hidajazz

 

観光ついでにぜひ南仏ワイン♬
会場となる“飛騨の里”は、築200年以上の重要文化財建造物の合掌造り家屋が並ぶ野外施設

屋内外で全4ステージを特別設営

 

高山といえば、飛騨牛、朴葉みそ、中華そば、山菜、トマトやほうれん草など高冷地野菜、ジビエ、富山の魚介もありますが、イベント当日は、市内の飲食店さんも自慢の料理を持って会場に出店されます。その並びに南仏ワイン アヴァン参加です。

 

お昼はローヌのクレマン&クレレットのスパークリング

 

夕焼けのしっとりジャズタイムには北ローヌの白ヴィオニエ

 

ローヌ&プロヴァンス地方の赤ワインは夜が更けた大人のムーディタイムに・・・

 

野外で飲むとますます美味しいプロヴァンスのドライロゼなど10種以上、500円、700円でグラス販売です。

 

Tai Ray-21  20180317-3H9A4826

 

飛騨高山・・
真田丸の題字を手掛けた左官の挾土秀平さんが書かれた看板が高山駅のキヨスクでお出迎え、駅から徒歩圏内には清水ミチコさんの実家のコーヒーやさん、お笑い芸人流れ星の二人も高山の高校に通っていました。江戸時代は天領として栄えた名残で、古い町並み、東山寺院エリア、神社仏閣も多く、飛騨の匠の技の生きた高山春・秋祭りも有名。日本酒もあります。世界遺産白川郷へは車で1時間。奥飛騨温泉郷、下呂温泉、新穂高、スーパーカミオカンデ(super-K)のある神岡、「君の名は」の飛騨古川、名峰穂高連邦や槍ヶ岳など北アルプス。ミシュラングリーンガイドにも新穂高が☆☆掲載されていることもあり、ヨーロッパを始め世界中から観光客が訪れています。

 

フェスは14時から深夜26時までの予定です。
ぜひお近くにお越しの際は遊びに来てください!

 

◎イベント情報
【飛騨高山ジャズフェスティバル2018】
2018年5月26日(土)
OPEN 13:00
START 14:00~CLOSE 26:00(予定)
会場:会場:飛騨の里(岐阜県高山市上岡本町1−-590)
前売りチケット販売中
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/62661/2

 

official site
https://hidatakayama-jazz.com/

 

jazz_image jazz_image2

 

 

 

jazz jazz2

お昼から深夜2時までのイベント

5月後半のこの時期は、円形の田んぼには田植えがされ、緑が広がる飛騨の里

 

 

jazz10 jazz9

高山市内での宿泊先等ご予約はお早めに~

 

 

jazz3 jazz4

 

jazz6 jazz7

 

**************
5/26(土)Hida Takayama Jazz Festival
飛騨高山 飛騨の里(岐阜)
https://hidatakayama-jazz.com/

 

宿泊は高山駅周辺が便利です。シャトルバスもでるようです。

 

飛騨高山 観光情報はこちら
http://www.hidatakayama.or.jp/

 


Memorable wines from the Rhone Valley-2018/4/29

25289549_1823732737929240_6007733737821231829_n

This vast area, extending from Vienna to Arles, became popular with its “thirst quenching” wines. The ones you enjoy drinking at a bistrot counter. Producing a great diversity of wines with the finest being much sought by connoisseurs around the world. Some of these have outstanding cellaring potential.

 

18/20- Domaine Georges VernayCondrieu Coteau de Vernon 2010.

 

Rserved at first, it opens quickly, especially for the 2010 vintage.
Dominant of apricot on the palate with hints of yellow fruits. This cuvée shows more ovality than roundness.

 

98 points Robert Parker’s Wine Advocate
An off-the-charts Condrieu that does everything right, the 2010 Condrieu Coteau de Vernon is pure class with its flamboyant, yet incredibly pure bouquet of flower oil, lemon cured, fresh apricot and clean minerality. Full-bodied and rich, it never puts a foot wrong and shows a silky, seamless and beautifully fresh texture that carries through the finish. One of the top examples of the variety I’ve tasted, it can be enjoyed for its vibrancy and freshness over the coming 4-5 years (my recommendation), or held for much longer.

 

Flanboyant to pair with a classic apple pie or an apple based dessert.
( source: RVF special Vintages November 2017)

24991519_1823732841262563_5845968293308746047_n


5月の試飲会は5/19(土)北ローヌ特集2018/4/23

次回の試飲会日を発表する度、「次は行けないから、その次はいつ?」とお問合せを頂けるようになりました。

リピーターのお客様も増え、スタッフ一同とても喜んでおります。

 

さて、次回は「北ローヌ」特集。

南フランスとは、西はスペイン国境あたりから東はイタリア国境、スイスとも一部接している幅ひろ~いエリア。その中で一番北部に位置する北ローヌ。

 

aVinの取扱ワイナリーさんでいうと、ジョルジュヴェルネさん、ジャイアンスさんですね。

 

王道のヴィオニエ白ワインや、最近力を注いでいるシラーなど、北ローヌを代表するヴェルネ

IMG_1915  vernay

wine_Viognier (1)

前回の試飲会で開催したワイン講座で、講師の岩井氏に

「うっとりするような香り」

「ともするとダルっと妖艶になりがちなヴィオニエも、これはピシっとした酸で、とてもバランスがいい」

「生産者の、グラスの中までいい状態をお届けしたいという心が伝わる」

と評されたヴィオニエも造っています。

 

一方、甘めのもの、香りの華やかなものなど、お酒の飲めない方でも楽しめそうなお手頃スパークリングワインをラインナップしたジャイアンス

_MG_8179_preview _MG_8125_preview
Tai Ray-24

前回の試飲会でお出ししたクレレット・ド・ディー キュベ・イコン 2014。

「本当にライチの香り!」と、そのとにかく素晴らしい香りに一口飲んだ時のお客様の驚かれるお顔が印象的でした。

アルコール度数は、他のスパークリングより低めの7.5度。

普段はお酒を召されない方にもおすすめです。

父の日のプレゼント探しや、初夏のピクニック、梅雨の日の「今日はお家DAY」のお供などにもいかがでしょうか。

 

ワインリストは、決まり次第UPします。

 

試飲の合間にぴったりな、天然酵母を使用したМサイズさんのパン(学芸大学)や、お料理研究家ミチさんの季節に合わせたパテ等も無料でご用意いたします。

試飲会の終わるころにはだいたい無くなってしまうほど、美味しくて大変人気があります。

 

【試飲会開催日】2018年5月19日(土) 13:00 – 18:00(ご予約不要)

 

【会場】studio Que(キュー) 目黒区目黒本町2-24-12
http://studiolamomo.com/que/info/access/

最寄り駅 東急東横線学芸大学駅、または目黒駅西口よりバスで「第7中前」下車

 

【会費】エントランス料 2,000円

ご予約不要。エントランス料2,000円ですが、当日使える2,000円割引券をお渡しするので、実質試飲はタダ!

 

>> 前回の試飲会の様子はこちら http://avin.jp/news/2428
 

ご家族、お友達などみなさまお誘いあわせください♪
お一人でも楽しんでいただけます★
カジュアルな服装でお気軽に~

お待ちしています。

 

[お問い合わせ]
http://avin.jp/contact

webshop
http://shop.avin.jp/

 


Condrieu and Viognier2018/4/22

AOC Condrieu / AOC Condrieu

As the source of some of the most vibrant and powerful white wines in France, Condrieu is uniquely situated in one of the northern outposts of the Rhone River. It is the original Viognier appellation with a wine growing history reaching back well over two thousand years. Like most of the wine regions of the Northern Rhone, Condrieu’s vines grow on extremely steep and narrow granite terraces. But what makes the region unique is a topsoil, locally called, “arzelle,” made of decomposed mica. This and a sheltering of the harsh northern winds, make optimal sites to produce opulent and brilliant Viognier. It is a tiny zone with no room for expansion and produces miniscule amounts of wine each year, contributing to its allure.

29214247_1865802500388930_3239291980067549196_n

A fine Condrieu will have aromas and flavors suggestive of ripe stone fruit, lime peel, green almond, ginger, white flowers and toasted nuts. A honeyed smell may mislead you to think the wine will be sweet but the modern style favors totally dry on the palate. Its texture will be full and soft but a touch of mineral will provide great balance.

Viognier grape:
Full-figured and reminiscent of a potent floral perfume, Viognier is the mandatory grape of the northern Rhône appellation Condrieu and neighboring monopole (an entire appellation dedicated to just one winery) Château Grillet. It is also a blending variety in several appellations throughout the entire Rhône Valley. Viognier is grown throughout much of the world with some degree of success, but is perhaps at its best outside of France in Oregon, Washington, and cooler parts of Australia, where minerality and acidity can be achieved to give the wine the backbone it can sometimes lack.
In the Glass

29216465_1865802437055603_4725965425960249079_n

This is a heady, aromatic variety making rich, complex, and full-bodied white wines redolent of a floral bouquet and assorted stone fruits and tropical fruits, with a hint of spice not unlike that of Gewürztraminer. It is lower in acidity than most white wines, lending to its heavy impression on the palate. While a whiff of Viognier might suggest sweet flavors, these wines are typically quite dry.

Perfect Pairings:
Viognier is an intense, bold variety that can easily stand up to gutsy food like pork loin with apricot stuffing, or rich, spicy fare.

29215987_1865802467055600_7261447065465264755_n

Sommelier Secret:
While Viognier is a white grape, it also plays an important role in the red wines of Côte Rôtie in the northern Rhône, made otherwise from Syrah. About 5% Viognier is typically co-fermented with the Syrah in order to stabilize the color, and as an added benefit, add a subtle perfume.


4月の試飲会レポート@studio QUE2018/4/20

日曜日の開催となった4/15(日)の試飲会

「南ローヌ・シャトーヌフ・デュ・パプ特集」はいかがでしたでしょうか。

 
試飲9 IMG_9189

 
南フランス、ローヌ地方やプロヴァンス地方のワインが好き、エリアが好き、天然酵母のワインが好き・・そんな方たちが集まり、ワインの試飲というきっかけでお知り合いになれたり、心地よい休日の午後を過ごしたりできるこの時間と空間がaVinの大切なものになりつつあるこの頃。初めましての方、ご常連サマ、お友達を誘って、最近ワインに興味を持たれたかた、近くに住んでて、と様々な方と出会える場所。セミナーや大規模な試飲会とは違って、南仏の今が味わえるホームを目指して、これからも月に一度の試飲会を続けていきたいと想っています。

 

目黒の住宅街という立地のなか遥々お越しくださる皆様に、スタッフ一同心より御礼申し上げます!

 

午前中はソムリエ兼ワインスクール講師の岩井さんに「自然派ワイン講座」と題し、オーガニック(ビオ、有機)、ビオディナミ、サスティナブル(総合農法)、減農薬など農法の話から、ヨーロッパでナチュラルワインと呼ばれる醸造方法についてなど、現代の便利さゆえのワインの変化と現状についての講座をしていただきました。

講座
「ワインを感じること、飲むことへの喜び、感動」

 

講座後半は5種のワイン試飲。化学を超えた感動、喉で感じることなど、ワインの楽しみ方を改めて教えていただいたような気がします。ワインに対して新鮮な気持ちであっという間の2時間半(延びました)岩井先生ももっとお話したそうでしたね。自然派ワインの扉をそっと開け一歩入ったところです。大好評につき今後も開催予定ですので参加希望の方はHP、FBにてご確認くださいませ。

 

 

天気予報をみごとに裏切り快晴の試飲日和

南フランス ローヌ地方シャトーヌフ・デュ・パプには300件近いワイナリーが存在します。aVin厳選のワイナリー Vieille Julienne(ヴィエイユ・ジュリアン)はシャトーヌフ・デュ・パプでビオディナミ農法をしているごくわずかなワイナリーのひとつで、垂直テイスティングを含む9種をご用意でした。AOCシャトーヌフ・デュ・パプの北部に位置、北向き斜面で砂を多く含む土壌の区画を持っています。樹齢100年以上の古木のグルナッシュもあります。畑は伝統的な混植。こちらは、酸化防止剤添加を瓶詰時のみに必要最低限に抑えています。その年の天候なども一層ワインに反映されやすく、特徴の出やすいこのワイナリーのキュベを通し、色んな角度からヴィンテージ、熟成加減を楽しんでいただけたのではないでしょうか。改めてワインが農作物であることを感じさせてくれます。

 

リューディクラヴァンは、白赤どちらも人気が高かったです。スペシャルキュベChateauneuf-du-Pape シャトーヌフ・デュ・パプ Reserve 2010 レゼルヴはご試飲されましか?ご好評につきあっという間になくなってしまい、試飲できなかった方申し訳ありません。在庫本数わずかながらネットショップにて販売中です!
_MG_9856
http://shop.avin.jp/?pid=110251225

 

 

ローヌの赤ワインの提供温度やグラスの違いによる味わいの変化など、今後様々なローヌワインの楽しみ方を探りつつ紹介してみたいと思っています。

 

プロヴァンスコーナーはロゼ2種、赤2種をご用意。それぞれにどんなお料理があうか、南仏のライフスタイル、街や村について、気候の質問などを沢山いただき、aVinのフランス人スタッフも南仏をみなさんに紹介できることとてもうれしく思っています。まもなくプロヴァンス地方から新入荷のカシーが届きます。こうご期待!

 

南仏に通い出し約10年のオーナー、マルセイユ人スタッフ、楽しみ隊長スタッフ陣にこれからもお付き合いの程よろしくお願い致します。

 

次回の試飲会は5/19(日)スタジオキューにて

 

aVin厳選シャトーヌフ・デュ・パプのワイナリーページはこちら

Vieille Julienne(ヴィエイユ ジュリアン)

Daumen(ドーメン)

le Clos du Caillou(クロデュカイユ

 

試飲1 IMG_9195

試飲13 試飲15

試飲12 試飲2

試飲6 IMG_9197

試飲11


Page Top