aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

updated! 新年初回!南仏ローヌ&プロヴァンスワイン試飲&販売会 *ご予約不要2019/1/20

48950258_2045547662414412_3069635258417676288_o

 

ワインリスト25種が決まりました。

新しい年を迎え、今年は私たちにとって、またブドウにとってどんな年になるでしょうか。

抱負を胸に1月20日(日)の試飲会。2月のバレンタインデーも近づいてきますね。試飲して気に入ったものがあれば大切なあのヒトと楽しむサプライズギフト!ってのもいいですね。今回は私たちの輸入するワインの中からビオディナミ農法のものを多めに選んでみました。ワインラバーも、ワインそんなに飲まないって方も楽しんでいただけると嬉しいです。シャトーヌフ・デュ・パプの「ヴィエイユ・ジュリアン」ヴィンテージ飲み比べあたり久々に、ぜひご一緒に!

 

【開催日】2019年1月20日(日)13:00~18:00 最終エントランス17:30(ご予約不要)

 

【会場】studio Que(キュー) 目黒区目黒本町2-24-12 http://studiolamomo.com/que/info/access/

 

※バス・徒歩でお越しの方
JR山手線「目黒」駅 西口3番乗り場より、東急バス『黒01(大岡山小学校行き)』乗車約10分→「区立七中前」下車後、バス進行方向に30mほど進み、横断歩道を渡ります。交差点を通り過ぎ、すぐ右側の小道に入る。アイアンハウス(ガゼボ)がある一戸建てです。
※バスは日中は約5分おきに運行 バス時刻表
※東急東横線学芸大学駅からは徒歩約15分

 

【会費】エントランス料 2,000円 ※ご予約不要です!

当日使える2,000円割引券をお渡しします。

 

当日の試飲&販売ワインリストはこちら

2019年の初回は、アヴァンセレクトの南仏ワインの中からビオディナミ農法により作られているワインを中心に、ローヌ&プロヴァンス地方から10ワイナリー、全25種です。

 

Jaillance(ジャイアンス)

Vieille Julienne (ヴィエイユ・ジュリアン)※ビオディナミ

Daumen(ドーメン) ※一部ビオディナミ

Chateau Revelette(ルヴェレット) ※ビオディナミ

Chateau de Roquefort(ロックフォー) ※ビオディナミ

Chateau Barbanau(バルバノ) ※ビオディナミ

le Clos du Caillou(クロデュカイユ)

George Vernay(ジョルジュヴェルネ)

Gros Nore (グロノレ

Chateau Vannieres(ヴァニエール)

 

★ローヌのスパークリング「Jaillance」

ブリュット&低アルコールの天然甘口スパークリングなど3種

・クレマン・ド・ディー イコンビオ2012

・クレレット・ド・ディ トラディション・デュペリエ NV

・クレレット・ド・ディ トラディション・イコン2014
★白ワインはAOCコート・デュ・ローヌ、AOCカシーなど6種

・Clos du Caillou ブーケ・ド・ガリーグブラン コート・デュ・ローヌ2017

・Clos du Caillou レゼルヴブラン コート・デュ・ローヌ2017
・Gros Nore バンドール ブラン2017
・Chateau Revelette ピューブラン2017 ※ビオディナミ

・Chateau Revelette グランブラン2015   ※ビオディナミ

・Chateau Barbanauカラアリブラン2015 ※ビオディナミ/国内取扱いはアヴァンのみ

 

★ロゼはプロヴァンスの銘醸地バンドールから

・Gros Nore バンドールロゼ 2017

 

★赤ワインは南ローヌ・シャトーヌフデュパプの奇才「ヴィエイユ・ジュリアン」やプロヴァンスのビオディナミ農法による作り手をフォーカスした15種
・Georges Vernay IGP Syrah 2016
・Chateau Vannieres エリタージュルージュ2016

・Vieille Julienne Côtes du Rhône rouge lieu-dit Clavin 2014   ※ビオディナミ

・Vieille Julienne Chateauneuf du Pape les Trois Sources rouge 2013 ※ビオディナミ

・Vieille Julienne Chateauneuf du Pape les Trois Sources rouge 2010  ※ビオディナミ

・Vieille Julienne Châteauneuf du Pape rouge 2003  ※ビオディナミ
・Daumen IGP Principautéd’Orange rouge 2015
・Daumen Côtes du Rhône rouge 2015  ※ビオディナミ

・Daumen Gigondas rouge  2014
・Daumen Châteauneuf du Pape rouge 2014  ※ビオディナミ

・le clos du Caillou Cotes du Rhône Le Caillou rouge 2017
・le clos du Caillou Nature rouge 2017 (ナチュール)
・Chateau Revelette  グランルージュ2015 ※ビオディナミ
・Chateau Roquefort  コートドプロヴァンス・レミュー ルージュ2015  ※ビオディナミ
・Chateau Roquefort  グレルルージュ2012  ※ビオディナミ

 

以上25種(順不同)

一部商品は、試飲用として1本のみのご用意のためなくなり次第終了しますことご了承くださいませ。

 

開催場所は目黒のフランスアトリエ風スタジオ
どなたにも気軽に楽しんでいただける雰囲気です。

 

ワインは1000円台~ご用意しています。
ご家族、お友達などみなさまお誘いあわせの上どうぞ
お一人でも楽しんでいただけます★
カジュアルな服装でお気軽に~

 

 

【お問い合わせ】
http://avin.jp/contact

 

過去の試飲会の様子はこちら
aVin 9月の試飲会レポート
http://avin.jp/event/tasting/3476


【黒ブドウ品種】シラー Syrah2019/1/15

syrah

WHAT CLASS !

With such an attractive name, this grape was for a long time believed to have originated in Persia, Syria, or perhaps Syracuse. However, recent analyses have shown its roots to be in Savoy and the Ardèche. A low-yielding variety, rare and highly prized, Syrah is grown exclusively on soils suited to its cultivation. A Southern girl, it is spicy in character with delicious hints of violet, well expressed in the Rhone wines its produces, which are both stylish and complex. Encounter…
この魅力的な名前を持つブドウ、長い間ペルシャやシリア、またはおそらくシラクーザ(イタリア・シチリア島)が起源と考えられていました。しかし最近の分析によると、フランス国内のサヴォワ(北ローヌエリアの北東部、イタリアとの国境も近い)とアルデーシュ(北ローヌの町ヴァランスやモンテリマールの西側エリア、ローヌ川右岸)がそのルーツと示されています。低収量品種で希少価値が高く、シラーはその栽培に適した土壌が必要とされます。南フランスのシラー、それはスミレのニュアンスを感じるスパイシーなキャラクター、スタイリッシュさと複雑さを持つローヌワインによく表現されています。飲みたくなってきたでしょう!

 

 

A grape of REPUTE

Black, peppery, well-structured: Syrah is a grape with a well-established reputation. It produced wines of deep colour that are full of flavour, high in alcohol and stylish, albeit robust in structure. High in tannins and low in acidity, Syrah wines are therefore ideal for aging. The reds are fruity in flavour (red and black berry fruits: raspberry, gooseberry, blueberry, blackberry), with floral notes (violet, mignonette) and hints of spice (truffle, pepper, liquorice, menthol). The grape also produces some nice fruity rosés. As it ages, the characteristic violet nose develops more complex notes, including musk, truffle, leather, pepper and licorice…

名高きブドウ品種
黒い色合い、コショウのニュアンス、しっかりとしたストラクチャー。シラーは定評のあるブドウ品種です。がっちりとした骨格ではあるが、味わい豊かでアルコール度が高くスタイリッシュで、深みのある色合いのワインを生みだします。酸はおだやか、力強いタンニンによって、シラーのワインは熟成に向いています。赤ワインは赤や黒系のベリーフルーツ(ラズベリー、セイヨウスグリ、ブルーベリー、ブラックベリー)を感じるフルーティな味わいで、スミレやモクセイソウなどのフローラルなノートに、トリュフ、コショウ、甘草、メントールなどのスパイスのニュアンスが感じられます。ワインが熟成するにつれ、この特徴的なスミレの香りがムスク(じゃ香)、トリュフ、なめし革、コショウ、甘草などの芳香をまとい、より一層複雑な表情を魅せてくれるでしょう。またシラーでは素晴らしいロゼワインも作られています。

 

And the SOIL

Syrah is one of the red-grape varieties most characteristic of the northern part of the Côtes du Rhône wine-growing area. Because of its rarity, it is used only to produce some of the great wines. It is, however, grown all around the world, covering a total area of 140,000 hectares, in such far-flung countries as Argentina, South Africa, the USA (California), Chile, New Zealand and Mexico. In Australia, it goes by the name of Shiraz.
土壌
シラーは、コート・デュ・ローヌ北部のブドウ栽培エリアにおいて最も特徴的な赤ブドウ品種の1つとされています。その希少性ゆえに、このエリアを代表する素晴らしいワインに使用されています。現在では、アルゼンチン、南アフリカ、米国(カリフォルニア)、チリ、ニュージーランド、メキシコなど遠く離れた国々をはじめ世界中、約14万ヘクタールで栽培される品種となりました。オーストラリアでは、シラーズと呼ばれています。

 

A stroll through our VINEYARDS

To discover the Syrah vine, take a stroll through our vineyards! It puts forth attractive shoots, which are fragile and downy when young, and tender green leaves. When full-grown, the leaves have five lobes. The grapes are small to medium in size, silky smooth and deep purple in colour.

ブドウ畑を散策
若いうちは華奢で柔らかなかわいらしい芽を出し、柔らかいみどりの葉をつける。完全に生長すると葉には5つの裂片が見られる。実の大きさは小から中サイズ、絹のような滑らかで濃い紫色です。

 

INTER RHONE データ参照

 

ローヌのブドウ品種について見てみよう

http://avin.jp/category/rhone-provence-wine

 

****************

北ローヌの名手ジョルジュ・ヴェルネ

コートロティ、サンジョセフもあります。

アヴァンネットショップはこちら

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1673539

 


みちさんの “鶏レバーと無花果のパテ”2019/1/11

チリアロハ食堂の「カプリス」レシピ No.2

aVin試飲会でおつまみのディップを担当している、みちです。

 

先日の赤ワイン試飲会用に作った鶏レバーと無花果のパテが好評だったと聞いてとても嬉しかったので、そのレシピを書いてみました。

IMGP9573 IMGP9685

 

IMGP9599 IMGP9649

 

 

<材料>
鶏レバー 800g
塩 12g
バター
ドライ無花果200g
赤ワイン200ml
胡椒
はちみつ 大1.5
バルサミコ 大 2

 

<作り方>
1 鶏レバーは脂や血管を取り除き、ヒタヒタの牛乳に一晩浸けます。

2 牛乳をさっと流し、キッチンペーパーで水気を取ります。

3 【2】に塩12gをまぶし、100mlの赤ワインに浸けて、75度位の低温で30分加熱します。

4 ドライ無花果も100mlの赤ワインに浸けます。

5 低温調理したレバーを赤ワインから取り出し、また水気を軽くふきます。

6 厚手の鍋にバターを溶かしレバーの表面を軽く焼き、軽く胡椒します。

5 レバーを浸けていた赤ワイン、無花果、無花果を浸けていた赤ワインを鍋に戻して、はちみつ大1.5、バルサミコ大2を入れて20分煮詰めて30分ほど冷まします。

6 【5】をフードプロセッサーで混ぜ、味見して足りなければ塩を足します。

 

 

<こだわりポイント>
・よく掃除して、牛乳で一晩浸けるとレバーの臭みが抜けます。

・ドライ無花果も甘いのではちみつは控えめに。でもいれると風味が良いです。はちみつ1.5でもかなり甘いです。

・お好みでグローブやシナモンを少しふっても。

 

 

※低温調理器なければそのまま煮込んでも大丈夫です。

 

 

ぜひお試しください!!

 

IMGP9667

 

*********************************
アヴァンレシピ
http://avin.jp/category/recipe

*********************************

 

次回の試飲会は
2019年1月20日(日)です!
http://avin.jp/event/4101

 

 

#ローヌ #プロヴァンス #ワインショップ #学芸大学


アヴァンの試飲会ってどんなところ?2019/1/10

月に一度開催しているaVin(アヴァン)南仏ローヌ&プロヴァンス地方のビオワインを実際に味わえる試飲&販売会

目黒の住宅街にひっそりと佇むスタジオでやっています。ちょっと見つけにくいのが・・いいと思ってもらえたら。

カフェに立ち寄る感覚で、友達と気軽に行ける、そんなスタジオの様子をご紹介します。

 

IMGP9560display

初めてaVinの試飲会へ 会場はここかな。フレンチシックなおしゃれなスタジオ。

 
display (1)IMGP9663
「いらっしゃいませ 受付はこちらです。」

エントランス料を払ったら、ワインの詳細が書いてある紙をくれた。
服装にも迷ったけど・・・みんなカジュアル。よかった。

 

IMGP9598

グラスを持って、さぁ飲むぞ~。

 

IMGP9629

わぁ、ワインがずらりと並んでる!どれにしようかな。

 

IMGP9639
スパークリングワインや白ワインが好きだからそのあたりからはじめよう。

「番号順に飲む方もいらっしゃいますし、

お好きなのもの、気になるものから飲まれる方もいらっしゃいますよ。」

「じゃあ13番お願いします。」

 
IMGP9680
これ、すごく好きだなぁ。さっきのあれも良かったなぁ。メモメモ。
これと同じブドウ品種のはあるかな?同じ銘柄の年代違いも試してみたい。

 

IMGP9630
いい香り。同じワイナリーのも飲んでみよう。

 
IMGP9643

「これはどこのあたりのワインなんですか?」
「ミストラルって何ですか?」

丁寧に教えてくれた。

 
IMGP9615
ちょっと飲み切れないなってときは、この吐器へ。

 

display (5)

ウォーターサーバーのお水もある。

 
display (6)
パテとパンがある。ワインの合間に、ワインのあてに、これも食べていいんだ。うん、美味しい!

 

IMGP9693
さて、どれを買って帰ろうかな。メモを見返してみよう。

 

IMGP9700
お気に入りの1本を買えた。次は友達もつれてこようかな。開けるのが楽しみ!

 

 

☆アヴァンが南フランスのワイナリーから直輸入しているワイン

毎月25本程度をセレクトして試飲会を開催。

ワイン仲間ができたり、ワイン情報を交換し合ったり。

1人で来場の方も多いですね。

ワインショップのように当日お持ち帰りもできます。

 

次回試飲会の日程はこちら

http://avin.jp/category/event/tasting

 


新商品!くらむぼんワインのぶどうジュース2019/1/10

IMGP9753
「ボコ」は山梨県の方言で「こども」を意味する言葉。こどもも飲めるワイナリーのジュースをお楽しみください。
 
IMGP9716
VOCO(ボコ) 赤 / くらむぼんワイン

コンコードの無添加天然果汁です。もちろんアルコールは含まれていないため、お子さんにもお楽しみいただけます。
コンコード葡萄を搾った果汁そのままを瓶詰めしているので、自然な味わいで、普通にスーパーなどで見られる濃縮還元葡萄ジュースとは全然違います。
甘みと酸味のバランスが良く、また果皮からの成分により、白果汁よりさっぱりとして、少し渋みも感じられるので、大人でもお楽しみ頂けます。

 
【料理との相性】
そのままでも楽しめますし、少し薄めてもおいしく頂けます。また、夏場などは凍らせてシャーベットにしたり、ヨーグルトにかけていただくのお勧めです。
 

IMGP9713
VOCO(ボコ) 白 / くらむぼんワイン

ナイアガの無添加天然果汁です。もちろんアルコールは含まれていないため、お子さんにもお楽しみいただけます。

葡萄を搾った果汁そのままを瓶詰めしているので、自然な味わいで、普通にスーパーなどで見られる葡萄ジュースとは全然違います。甘みは濃いのですが、酸味も感じられて、すっきりとした甘さとなっています。

 
【料理との相性】
冷蔵庫でよく冷やしておいしく頂けます。また、凍らせてシャーベットにするのもお勧めです。


Page Top