aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

【白ブドウ品種】ヴィオニエ Viognier2018/11/29

viognier

The Viognier grape, though unforgiving (it flourishes only in strong sunshine, on south and south-west facing hillsides and terraces), and difficult to cultivate and vinify, when well looked after, produces an irresistible, exotic wine. The bouquet is impressive and its spicy flavours linger admirably on the palate. This grape variety yields stylish white wines, smooth, mellow and full-bodied. It has a subtle fragrance, with delicious notes of yellow fruits (mango, pear, peach, apricot, quince), spring flowers (violet, iris, acacia), musk and spices, as well as grilled hazelnuts and almonds. Reconciling opposites, these dry white wines also have an amazing mellow feel to them. Wines made from the Viognier grape are an epicure’s delight, giving immediate pleasure: Condrieu appellations are at their best after two or three years, by when they are opulent and exotic, while Château-Grillet, though cask-aged for 12 to 18 months, is ready for drinking very soon after bottling. Viognier is also a component of Côte-Rôtie blends, contributing a hint of violets. It goes particularly well with green asparagus, sushi, oysters, quenelles in a Nantua sauce, pike, crayfish tails, Rigotte de Condrieu and Picodon de la Drôme cheeses, or almond galette…
 
ヴィオニエは、厳しく日照りが強く、南と南西に面した丘陵地帯や高台で繁茂しますが、栽培や醸造が難しいブドウながら、エキゾチックで魅力的なワインを生み出します。香りは印象的で、スパイシーな香りは味わい深く長い。また滑らかで、熟した、フルボディのスタイリッシュな白ワインを生みます。黄色い果実(マンゴー、ナシ、モモ)、春の花(スミレ、アイリス、アカシア)、ムスクとスパイス、炒ったヘーゼルナッツやアーモンドなどの美味しい香りが特徴。相反するものが調和し素晴らしい豊潤さをもたらします。ヴィオニエから作られたワインは、すぐに楽しむことができる美食家にとっての喜びでもあります。Condrieu(コンドリュー)のアペラシオンでは、華やかでエキゾチックな味わいになる2〜3年を待つのがよし、Château-Grillet(シャトーグリエ)では、12~18か月間樽熟成されおり、瓶詰後すぐに楽しむこともできます。 ヴィオニエはまた、Cote Rotie(コートロティ)の赤ワインにスミレのニュアンスを与えるための成分として使われます。ヴィオニエのワインは、特にグリーンアスパラガス、寿司、牡蠣、リオン伝統料理クネルのナンチュアソース、パイ、ザリガニ料理、リゴット・ドゥ・コンドリューやピコドン・デ・ラ・ドロームチーズ、またはアーモンドガレットなどとおすすめです。

 

 

unnamed IMG_1875

 

 

the SOIL
The cradle of the Viognier grape is the village of Condrieu and the surrounding hillsides, and until recently, it was planted only in this area. Legend has it that Viognier is of Dalmatian origin, and was brought to France by the Emperor Probus. Although the name derives from the Celtic word vidu (meaning wood), also the root of the place name of Vions in Savoy, an analysis of its DNA performed in 2004 by researchers at the University of California (Davis), showed the grape to be of Alpine origin, closely related to the Freisa variety from Piedmont. It was virtually unknown until the early 1960s, when it occupied a mere 28 hectares of ground around Condrieu, and was almost wiped out by phylloxera. In 1986, the area under Viognier vines was down to a mere 20 hectares. Then, thanks to the fame of Condrieu wines, it was exported to the French Midi region and abroad. The Viognier grape flourishes on poor soils, pulverulent granites, micas and thin limestone. It is not particularly fertile, yielding between 20 and 30 hl/ha of grapes in good years. To develop its fabulous flavours, it demands perfect growing conditions in terms of exposure.

 

土壌
ヴィオニエの発祥の地は、コンドリュ―村と周辺の丘陵地で、最近まではこの地域にのみ植えられていました。伝説によればヴィオニエはダルマチア(クロアチアのアドリア海沿岸地域一帯)起源で、皇帝マルクス・アウレリウス・プロブスによりフランスに持ち込まれました。名前の由来はケルト語のvidu(木を意味する)や、Savoy(サヴォワ)のVions(ヴィオン)の地名が起源と言われ、カリフォルニア大学(Davis)の研究者によって2004年に行われたDNA分析により、 Piedmont(ピエモンテ)のFreisa(フレイザ)種と密接に関連していると示されています。ヴィオニエは1960年代の初めまでは知られておらず、Condrieu(コンドリュー)周辺のわずか28ヘクタールの土地のみで栽培され、フィロキセラによりそのほとんどが死滅してしまいました。 1986年、ヴィオニエの栽培面積はわずか20ヘクタールに減少。その後、コンドリューワインの努力により名声が広がり南フランスや海外へと輸出されるようになりました。痩せた土壌、粉末状の花崗岩、雲母、まばらな石灰岩で良く育ちます。収量は良好な年で1ヘクタール当たり20〜30 ヘクトリトルでとりわけ多産なブドウ品種ではありません。その素晴らしい風味を発揮させるには、畑がどちらの方角に向いているかという点で完璧な生育条件が必要となります。

 

s-_MG_9151-2 s-_MG_9087

 

A stroll through our VINEYARDS…
There are now 2,620 hectares under Viognier vines, though it qualifies for AOC status only in restricted part of the northern Côtes du Rhône wine-growing area. Abroad, it is used in wine-making in Italy, Spain, Greece, Switzerland and Austria, but is best known as one of the great American white grape varieties, grown mainly in California. It is also very popular in Australia, where it accounts for 70% of the area under white-grape vines. In our latitudes, you will find it in flower in the early part of June, and the grapes are fully ripe in early September.

 

ブドウ畑を散策

ヴィオニエのぶどう畑は現在2,620ヘクタールありますが、コートデュローヌ北部の栽培地域の限られた地域でのみAOCを取得することができます。海外では、イタリア、スペイン、ギリシャ、スイス、オーストリアのワインに使用され、また特にアメリカ・カリフォルニアで栽培される著名な白ブドウ品種の1つとしてもよく知られています。またオーストラリアでも非常に人気があります。ローヌの緯度においては、6月上旬に花が見られ、9月上旬にはブドウは完熟を迎えます。

 

INTER RHONE データ参照

IMG_1915


Page Top