aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

【北ローヌ】Georges Vernay / ジョルジュ・ヴェルネ2017/11/10

北ローヌからとっておきのワインを紹介します。
地図を片手にリバークルーズのご用意を。

 

リオンより南へ約30キロ、ローヌ地方北部の玄関口の町ヴィエンヌ(Vienne)からローヌ川沿い南へ約11キロ下ったローヌ川右岸にコンドリューの丘が広がっています。切り立った花崗岩質の南東向きの急傾斜の段丘の畑を石垣で支えながらヴィオニエ種が植えられています。

 

「コンドリューの父」George(ジョルジュ)さんの跡を継いだ、3代目Christine(クリスティーヌ)さんによる、北ローヌを代表するこのワイナリー Georges Vernay(ジョルジュ・ヴェルネ)この土地で、ヴィオニエの白ワインとシラーの赤ワインを作っています。

コート・ド・ヴェルノンの畑のふもとに佇む家族の住まいは、自然と絵画を愛す建築家ルネ・ダーデルによって19世紀に建てられたもの。

 

IMG_1886s

コンドリューからローヌ川下流を望む

 

IMG_1891s

 

急斜面の丘にある畑では、機械化はできないので、結果、除草剤や殺虫剤を使用することなく、手作業でブドウは育てられています。畑に寄り添い土壌を自然な状態に保つことで、ブドウのドラマティックな成長を見届けることができると言います。

ローヌの最北端で最良のシラー赤ワインの銘醸地コートロティは、このコンドリューの北部に位置します。ロティとはローストされるほどに熱い丘を意味し、ローヌ川に面し南東向きの急傾斜地。

 

クリスティーヌさんはすでに名声のある繊細で上品なコンドリューの白ワインのみならず、しなやかで力強いシラーの赤ワインを作っています。コートロティは国際的な賞を受賞するなどあくなき挑戦が続いています。

 

ワイナリーより直輸入のジョルジュ・ヴェルネのワイン
どれもおいしいです。だって作り手が優しいから。
購入はこちらからできます。
http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1673539

 

IMG_1885s IMG_1883S

 

A78A0075 A78A0093

 

ニースにもレストランのある原宿の南仏料理「KEISUKE MATSUSHIMA TOKYO」とジョルジュ・ヴェルネのコラボレーションディナーも近日あります。
日程: 2017年11月24日(金)19:30~22:00
ヴェルネのワイン4種とコースディナー

http://avin.jp/event/1761

 

vernay2

 

参考パーカーポイントも載せておきますね。

 

Condrieu Coteau du Vernon 2013 96点
コンドリュー・コトーデュヴェルノン
Always the more powerful, thick and rich of the Condrieu releases, the flagship 2013 Condrieu Coteau du Vernon will compete with the top two to three wines in the vintage. Coming from very old vines planted on a steep, granite slope located just behind the estate, it offers full throttle notes of sauteed peach, marmalade, honeysuckle, liquid rock and citrus oil. Big, rich, textured and nicely concentrated, it nevertheless stays fresh, lively and weightless on the palate, with notable purity and a clean, dry finish. It doesn’t come cheap (nor should it), but it’s a tour de force in Condrieu that will drink nicely for a decade or more… although I always like to preface that with the sure bet is to enjoy bottles a year after the vintage and over the following 3-4 years.

 

Cote Rotie Maison Rouge 2011 92点
コート・ロティ・メゾン・ルージュ
Continuing to drink beautifully, the 2011 Cote Rotie Maison Rouge (100% Syrah fermented with a small amount of stems) shows the sunny, forward nature of the vintage with its ripe black raspberry, strawberry, spring flowers and spice-laced bouquet. Medium-bodied, elegant and silky, with good ripeness, drink it anytime over the coming decade. The elevage was 20-35% new French oak, and this was also the first vintage where they utilized a newly purchased parcel in the Maison Rouge lieu-dit.

 

「死ぬ前に飲むべき1001ワイン」ニール・ベケット著
Condrieu Coteau du Vernon 掲載


Page Top