aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。


  • フランソワ・デュマス
  • ジョルジュ・ヴェルネ
  • ジャイアンス
  • ル・クロ・デュ・カイユ
  • ヴィエイユ ジュリエンヌ
  • シャトー・ヴァニエール
  • ドメーヌ・デュ・グロノレ
  • ファンキー・シャトー
フランソワ・デュマス
ワイナリーについて

北ローヌ特有の急斜面高台畑、花崗岩やチョーク主体の土壌。エレガントでピュア、樽熟成のあるクラシックでストラクチャーのあるワインを追求する、2020年現在コンドリュー唯一のナチュール系の作り手

フランソワはワイン作りの実用面での改善や理想とするワインを追求していく中で、栽培においていくつかの点で細やかで非常に厳しくもある作業がワインの品質に大いに作用していることに気づく。第2次世界大戦以降区画としてあった畑に、Lilian Berillonの協力のもとマサル・セレクションにより2010年に植樹、現在約2ヘクタールの区画を収穫時などのピークシーズンを除き通常一人で作業をこなしている。小さな土地だが自分の手の届く範囲をすべて自分で、というスタイルを大変気に入っているようで、セラーはかつて母が営んだレストランの地下のもの、小さく古いマニュアルのプレス機と数個の樽があるのみ。2011年よりガメイ、シラー、2013年よりサン・ジョセフ、コンドリューを少量生産、ボトリングしています。

所有畑
コンドリュに0.9ヘクタール(ヴィオニエ)
サンジョセフに1ヘクタール(内半分は樹齢40年ガメイ、残りはマサル・セレクションによる古樹のシラーを植樹)

ワイナリーについて
プロフィール
フランソワ・デュマス
フランソワ・デュマス

コンドリューとサン・ジョセフの間に位置するヴェランヌで、果物農家の父とレストランを営む母のもと育つ。幼少時はプロスポーツ選手という夢もあったが、生活の中で食やワインへの情熱がのちに彼をワイナリーでの仕事へと導くこととなる。醸造・栽培を学んだ後、コンドリューのイヴ・キュイロン(Yves Cuilleron)、エルミタージュのジャン・ルイ・シャーヴ(Jean-Louis Chave)、ブルゴーニュのトラペ(Trapet)などの一流ワイナリーをはじめ多くの生産者の下で研鑽に励み、2010年故郷ヴェランヌに戻り自身のワイナリーを立ち上げる。

Page Top