aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Chateau Revelette (シャトールヴェレット)2021/4/9

プロヴァンス中心部の大自然と土地に魅力されそのテロワールの特徴と純粋さを表現するまさに自然と共生するユニークなワイナリー

 

 

 

エントランス  

 

マルセイユから車で北西へ約1時間、プロヴァンスの古都エクス・アン・プロヴァンスにもほど近いジュク(Jouques)にワイナリーを構える。ブドウ畑やセラーなど生活のすべてがサント・ヴィクトワール自然公園内にあり自然以外のものは見当たらない。畑は標高330~400mで穏やかな斜面が続き約30ヘクタール、主に赤土、粘土石灰質土壌で17区画に分かれており11品種を栽培。コトー・デクサン・プロヴァンスの最北端に位置したこのエリアは夏は乾燥した暑さ、冬は厳しい寒さでマイナス15度になる時もあり昼夜気温差が大きい。アルプスからの影響も受ける大陸性気候。
ルヴェレットの魅力
プロヴァンスでよく見られる、ワイナリーの中に森がある、と言うよりは森の中にワイナリーがあること、自然の中に生かされ守られている人間とブドウ。ブドウのためのビオ・ビオディナミ栽培ではない

 

森、パインツリーなどの木々、花、昆虫、野生動物、土壌、自然界の多様性を活かし、ブドウのためだけでなくお互いに作用しあう関係、共存という意識のもと1990年よりビオ農法をスタート。耕作は春と秋の収穫時期に行い、夏にかけて2〜3ヶ月間は近隣のヒツジを放牧、ヒツジは草を食べフンは肥料にもなり、動物たちとにぎやかに暮らすことでオオカミ避けにもなっている。またイノシシやフクロウからブドウを守るために鳥の鳴き声が出る機器を使用。冬の間は自然に草をはやすことで土壌を守る。ベト病などの殺菌作用としてごくわずかに銅、微量元素(オリゴエレメント)、イラクサとツクシの液肥、海藻液肥、硫黄肥料を使用。ブドウの樹齢は25~60歳。
2018年8月このエリアでヒョウが降り50パーセント近くのブドウを失うという初めての体験があり、気候や天候とともに常に変化が求められている。

 

 

伝統的なセラー、コンクリートタンクルーム、そして現代的な設備、赤・白熟成用にオークバレル。観察やテイスティングを通してヴィンテージごとの特殊性を見極めている。収穫は最良の成熟タイミングで、ブドウの品質や温度管理、気候、天候これらすべてが重要な要素となる。キュベによりごく僅かに亜硫酸塩(酸化防止剤)を添加する以外は添加物なし。

 

グラン・ヴァンシリーズは最上質の区画のブドウを使用。独自性を表現すること。香りを際立たせ調和させるために樽で熟成させたこのシリーズは長期熟成向きで事前に穏やかにデカンタージュすることでも楽しめる。手を加えることなく、わずかな亜硫酸塩の使用または無添加で醸造することでとても飲みやすいワイン。
PUR(ピュ―)シリーズは Product Unique Raisinの略。カリニャン、グルナッシュなど南仏品種で単一ワインとして作ったり、ここでのプロセスをグラン・ヴァンなどに反映させる新しい挑戦の場となっていてユニークさが魅力。
「テロワールを活かすこと。その土壌がユニークなワインをもたらしてくれるから。家族で、みんなで楽しめるものをつくりたい、それだけだよ」

 

 

ピーター フィッシャー
この土地と奥さんに惚れ込んでと語るオーナーのピーター・フィッシャーはドイツ南部のワイン生産地バーデン出身でアメリカで醸造学を学んだ後ローヌ地方に渡りジャン・リュック・コロンボに学ぶ。1985年に奥さん家族が所有していたブドウの木を含むこの土地を事業として引き継いだ。自然と土地、生き方を表現したワイン造りでエネルギーに満ち、愉快な人柄、家族、スタッフの笑顔も輝くプロヴァンスのライフスタイル。現在娘のクララは父の右腕として共に働き、息子はブルゴーニュなどで勉強中。またスペインのプリオラートでもワイナリーを始め新たな挑戦が続く。

 

portrait Peter

 

 

★エクス・アン・プロヴァンス(Aix-en-Provence)
フランスのブーシュ=デュ=ローヌ県の古都。プロヴァンス伯爵領の首都として古くから繁栄し現在は学術・芸術都市としてプロヴァンス地方の観光拠点
★サント・ヴィクトワール山(Montagne Sainte-Victoire)
フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東、市域の南東部に位置、馬の背のように延びる全長18km以上の石灰岩の山で最高点は「ピックデムッシュ」1,011m 

 

 

ピューブラン2019はユニブラン主体。明るいイエローのフレッシュな印象の外観。カリンやよく熟した黄色系果実の香り。爽やかな酸と果実味のバランスが良い飲みやすいワイン

https://shop.avin.jp/?pid=155557664

155557664

 

グランルージュ2017はシラー、カベルネソービニヨン、カリニャン、グルナッシュ、ピノノワールというセパージュ。AOPなどにはこだわらず独自の味わいを求めて最上級区画のブドウの実で作るグランシリーズ!

https://shop.avin.jp/?pid=155557668

155557668

 

ルヴェレットのワインはこちらから

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961790

 

pressing Carignan

 

cabernet sauvignon


南仏プロヴァンスも暖かくなってきました2021/3/26

Do012500032mini

 

東京は例年よりも早い桜シーズン

お家でお花見! 庭先にテーブルやラグマットを出して、リビングに花木を添えて、バケットとチーズ、オリーブオイル、 ビターな味わいのカヌレなんかを用意して・・ 日常にちょっとスパイスを添えて気軽に楽しむフランス人たち。やっぱり友人たちとの会話や一緒に過ごす時間は減らせません!

 

一方先日プロヴァンスのワイナリーから「フランスの状況はますます悪化しています。政府の言葉に正解はなく、私たちは何も良いことを期待することはできませんが、プロヴァンスにいることで耐えられています。そしてこちらは暖かくなり始めています! 」とのレポートが届きました。どんな状況下でもブドウたちは春を感じているに違いありません。今年はどんなブドウが育つのでしょうか。制限された生活ですがワクワク楽しいことやあっと驚くことなど日々見つけていきたいですね!

 

春におすすめスパークリングワイン

クレマン・ド・ディー ブリュットキュベ・イコン2015 / ジャイアンス

2,631円(税込2,894円)

爽やかな青リンゴなどの香り、熟成感、バニラのニュアンスも。きめ細かい泡で、やわらかい口当たり。レモンのような酸味と心地よい苦味のスッキリしたローヌのクレマン。野菜の苦味、ハーブ、前菜、レモンを絞ったカルパッチョなどに

IMGP2801_2

 

 

春の暖かさへ向かう白、山菜の天ぷらとも!

コート・デュ・ローヌ ブーケ デ ガリーグ ブラン 2018/ クロ・デュ・カイユ

3,196円(税込3,516円)

明るく輝きのある淡いイエローで、ややグリーンがかった若々しいニュアンスの外観。
色の濃いオレンジ系果実や、缶詰の黄桃やアプリコットのようなフルーツが上品に香る。味わいは爽やかな酸味と丸く滑らかテクスチャー、アフターに軽い苦みも感じられる、余韻が長くとてもエレガントなブラン

150497192

 

 

 

エレガントなドライロゼ

コート・デュ・ローヌ ブーケ デ ガリーグ ロゼ 2018/クロ・デュ・カイユ

3,196円(税込3,516円)

明るく輝きのあるサーモンピンクの外観。
ピンク・グレープフルーツや桃などの果実や、清涼感のあるハーブのニュアンスの香りも。
グラスに注いだ直後の味わいは、爽やかな酸味でフレッシュ感、アフターにはミネラル感や軽い苦みも感じられ、比較的コンパクトな印象だが、時間の経過とともに香りは華やかさを、味わいも重層的なボディ感が増し、余韻の長さを楽しめるエレガントなロゼ

150498569

 

やっぱり赤が飲みたい

VdF シラー2019 / メゾン・ステファン 

3,484円(税込3,832円)

紫がかったダークチェリーレッドの外観で、若々しい印象ながら落ち着いた色調。ドライ・ハーブや黒胡椒の香り。穏やかなアタック、ピュアな果実味としっかりとした酸味が印象的で、軽やかに楽しめるシラー

Q0519I2

 

 

フランスのローヌ&プロヴァンス地方のビオワインを厳選して直輸入しています。

まだまだおすすめあります!

目黒アヴァンショップ または オンラインショップ をご利用ください。

 

Rhone & Provence BIO wine importer

aVin(アヴァン)

 

IMGP2994

 

 

 

 

 


4月営業カレンダー/shop&bar2021/3/25

ただいま

目黒アヴァンビオワインショップ/ビオ食堂は営業時間を変更して営業中です。

下記カレンダーにてご確認ください。

_カレンダーaVin4月-2021コロナ

 ※ご来店の際はお手数ですが一度ショップまでご確認いただけますと確実です。
 tel.03-6452-4281

 

オンラインショップは休まず営業中です。どうぞご利用くださいませ。

離れたの方へのプレゼントやお近くの大切な方へも、アヴァンのオリジナルギフトボックスご用意しています。

ワインについてのご質問等はこちら→ お問い合わせフォーム

 

 

 

Rhone & Provence BIO wine importer Bar aVin/BIO食堂 

aVin アヴァン

ローヌ&プロヴァンスから野生酵母のビオワイン直輸入

所在地:東京都目黒区目黒本町2−3−1

(最寄り駅:東急東横線学芸大学駅・または目黒駅からバスで目黒郵便局前下車徒歩3分)

tel.03-6452-4281

 

過去のスケジュール

 

_カレンダーaVin3月-2021

_@@@カレンダーaVin2月web

 

_@@@@カレンダーaVin1月-2021コロナ

カレンダーaVin12月-2020

カレンダーaVin11月-2020(1027)

_★カレンダーaVin10月-2020-1

★aVin9月-2fix

 

_カレンダーaVin7月-2020-2

カレンダーaVin6月-2020もと

74173361_460177731522903_8132556407888150528_n

 


2021年3月の定期便2021/3/24

202103定期便202103定期便_裏

 

今月のワイン定期便

・クレレット・ド・ディ ブリュット NV / ジャイアンス (Clairette de Die Brut Jaillance)
・ピュー ブラン 2019 / ルヴェレット (VDF pur blanc Chateau Revelette)
・コート・デュ・ローヌ ル カイユ ルージュ 2018 / ル クロ デュ カイユ (Cotes du Rhone Caillou rouge le Clos du Caillou)
・ラストー ルージュ・アリ2014 / トラパディ (Rasteau Rouge Harys Domaine du Trapadis)

 

~アヴァンのワイン定期便~

定額11,000円(税込)/ 3~4本 月によって異なります。

※クール便送料サービス!

 

毎月25日前後発送
毎月20日までの連絡で停止も開始もご自由に!

お試し1回のみの定期便も承ります。

 

お申し込み・お問い合わせ
info@avin.jp
件名:ワイン定期便

【お名前、ご住所、メールアドレス、電話番号、お支払方法(クレジットカードor振込)】をお知らせください。

発送後にご請求メールを送らせていただきます。クレジットカード払いOKです。

 

aVin’s Monthly delivery – Rhone & Provence BIO wine importer –

10,000 JPY / month(including tax)/ 3 – 5 bottles 

※ Yamato cool delivery included

monthly delivery around 25th  or  one time trial is also available

application : info@avin.jp

Title:ワイン定期便 (monthly delivery)

+name, address, tel, e-mail

Payment: credit card, or by bank account

 

more information

http://avin.jp/category/avin-monthy-delivery


【黒ブドウ品種】マルスラン Marselan2021/3/4

marselan_une

 

アヴァンでも少し取り扱いがあるマルスランについてちょっと調べてみました。

 

 

フランス国立農学研究所(INRA)でブドウ品種学者ポール・トゥルールにより1961年にカベルネ・ソーヴィニヨンとグルナッシュを交配させできた品種。両親の良い所、洗練されたストラクチャーを持ち、かつ耐熱性、耐病性、高収量のブドウを目指したが、当時の欠点としてひとつ、小さくて厚い皮の実となり房も小ぶりの出来栄え。結果比較的収穫量が少なく、質より量に重点が置かれていたこの時代から約30年間棚上げされ、商業用としてのリリースの可能性は低いと考えられていた。20世紀後半、栽培において粉末状のカビなどのリスクに対して耐性を持ちかつ低収量の品種が評価されるようになりINRAはマルスランを奨励、ようやく商用の承認を得て1990年にブドウ品種として正式に登録される。

 

現在は主に南仏ラングドック地方で栽培、また南ローヌとプロヴァンス(ボルドーも?)、アメリカ、中国、ウルグアイ等でも栽培される。南仏の作り手は主にシラー、ムールヴェドル、カリニャンなどの地元の品種とブレンドするがマルスラン100%のワインもある。マルスランの名は最初に栽培されたベジエとモンペリエの間に位置するフランス沿岸の町マルセイヤン(Marseillan)が由来。

 

味わいは滑らかで柔らか、ラズベリー、ブラックベリー、ブラックチェリー、ブルーベリー、プラムなどのアロマ、シナモンとクローブのスパイシーなノートを伴う。酸味は良くタンニンは柔らか。
まだまだ発展途中のこの品種、どのテロワールが適しているかなど最良の方法を見つけるには時間がかかるよう・・勉強がてらアヴァン直輸入のマルスランを飲みつつ海外のサイトを色々と参照してみました。

 
南ローヌよりマルスラン100%のワイン在庫少しあります。

 

VdFルージュ マルスラン サン スルフィート アジュテ 2019 / グラヴェレット
※添加SO2量ほぼなし
https://shop.avin.jp/?pid=155557661

 

Domaine de la Graveirette(グラヴェレット)

ローヌ南部のビオディナミ農法による生産者
心地よい酸と豊かで複雑味のある個性を感じるワイン作り

 

aVin オンラインショップにて販売中です。

 

 


Page Top