aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Jaillanceから美味しいスパークリングが届きました2021/4/28

ローヌ渓谷北部、ローヌ川の支流ドローム川とヴェルコール山地の麓、テロワールと品種を活かしたスパークリングワインの協同組合「Jaillanceジャイアンス」自然と土壌への感謝、助け合い、品質の追求、そして革新的な試み。そして古代より受け継がれる製法メトード・アンセストラル

 

IMGP3785

 

 

ドローム川とヴェルコール山地

ドローム県のコミューンの1つであるディーは、ローヌ渓谷北部、ローヌ川支流のドローム川沿い位置し、海抜300~700mの丘に小規模なブドウ畑が広がり主に粘土石灰質土壌、気候は比較的涼しいエリア。プロヴァンスの太陽が注ぎヴェルコール山地からは冷たい風が吹く。この相反する気候に加え黒松の生い茂る森、一面広がるラベンダー畑がブドウ品種ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グランとクレレット・ブランシュの成育にとって最適な環境となっている。

 

新入荷クレレット・ブランシュ100%、瓶内二次発酵の辛口スパークリング

「クレレット・ド・ディー ブリュット 」

クレレット・ブランシュは白い花のような香りを漂わせる南仏ブドウ品種。クレレット・ド・ディーと言えばブドウの自然の甘みを楽しむスパークリングというイメージがあるかもしれませんがこちらはブリュットで、さわやかな後味とほど良いボディ、すっきりドライなスパークリングワイン。ミネラリティ、木なりの果実、牧草地の花のような繊細なフレーバー

早目の時間から始める食前酒に、また前菜と一緒にもおすすめのこちら

クレレット・ド・ディ ブリュット NV / ジャイアンス (Clairette de Die Brut Jaillance)

 

 

瓶内二次発酵、ローヌの辛口スパークリング

「クレマン・ド・ディー」

クレレット・ブランシュ主体で、アリゴテとミュスカ・ブラン・プティ・グランが加わります。アヴァンでは厳選ブドウで良い年にのみ作られるクレマン「ICONE イコン」を直輸入。限定ヴィンテージ、ナンバリングボトル。

爽やかな青リンゴなどの香り、熟成感、バニラのニュアンスも。きめ細かい泡でやわらかい口当たり。レモンのような酸味と心地よい苦味のスッキリしたクレマン。野菜の苦味、ハーブ、前菜、レモンを絞ったカルパッチョなどに

クレマン・ド・ディー ブリュットキュベ・イコン2015 / ジャイアンス (Cremant Brut Cuvee Icone Jaillance)

 

 

甘い果実の香りが特徴のスパークリングワイン

「クレレット·ド·ディー」 

主要品種ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グランはこのディーのテロワールとの相性が良く、個性的な味わいとライチを思わせるようなエキゾチックな香りを放つ果実となります。これにクレレット・ブランシュが加わります。

新ビンテージ入荷の「Hauts de Desse オー・ドュ・デス」はポネ・エ・サン・トーバンの村を見下ろすデス山(Montagne de Desse)に守られるように古樹が植えられている南東向き斜面の畑より、パッションフルーツ、ライチ、カシスなどのアロマ。滑らかで軽やかな口当たり、バランス良く最後にアールグレイを感じる上品な味わい

クレレット・ド・ディ レ・オー・ドュ・デス 2018 / ジャイアンス (Cuvée en Biodynamie “Les Hauts de Desse”)

 

 

 

アヴァンオリジナルギフトボックスもご用意しています。店頭でも、オンラインショップでも取り扱っております。

https://shop.avin.jp/?pid=156715706

 

156715706

 

 

Jaillance ジャイアンス aVinHP 

 

aVin online shop 

 

Rhone & Provence BIO wine importer aVin

ローヌ&プロヴァンスより厳選ビオワインを直輸入 アヴァン

https://avin.jp/category/about-us

 

 

 


Chateau Revelette (シャトールヴェレット)2021/4/9

プロヴァンス中心部の大自然と土地に魅力されそのテロワールの特徴と純粋さを表現するまさに自然と共生するユニークなワイナリー

 

 

 

エントランス  

 

マルセイユから車で北西へ約1時間、プロヴァンスの古都エクス・アン・プロヴァンスにもほど近いジュク(Jouques)にワイナリーを構える。ブドウ畑やセラーなど生活のすべてがサント・ヴィクトワール自然公園内にあり自然以外のものは見当たらない。畑は標高330~400mで穏やかな斜面が続き約30ヘクタール、主に赤土、粘土石灰質土壌で17区画に分かれており11品種を栽培。コトー・デクサン・プロヴァンスの最北端に位置したこのエリアは夏は乾燥した暑さ、冬は厳しい寒さでマイナス15度になる時もあり昼夜気温差が大きい。アルプスからの影響も受ける大陸性気候。
ルヴェレットの魅力
プロヴァンスでよく見られる、ワイナリーの中に森がある、と言うよりは森の中にワイナリーがあること、自然の中に生かされ守られている人間とブドウ。ブドウのためのビオ・ビオディナミ栽培ではない

 

森、パインツリーなどの木々、花、昆虫、野生動物、土壌、自然界の多様性を活かし、ブドウのためだけでなくお互いに作用しあう関係、共存という意識のもと1990年よりビオ農法をスタート。耕作は春と秋の収穫時期に行い、夏にかけて2〜3ヶ月間は近隣のヒツジを放牧、ヒツジは草を食べフンは肥料にもなり、動物たちとにぎやかに暮らすことでオオカミ避けにもなっている。またイノシシやフクロウからブドウを守るために鳥の鳴き声が出る機器を使用。冬の間は自然に草をはやすことで土壌を守る。ベト病などの殺菌作用としてごくわずかに銅、微量元素(オリゴエレメント)、イラクサとツクシの液肥、海藻液肥、硫黄肥料を使用。ブドウの樹齢は25~60歳。
2018年8月このエリアでヒョウが降り50パーセント近くのブドウを失うという初めての体験があり、気候や天候とともに常に変化が求められている。

 

 

伝統的なセラー、コンクリートタンクルーム、そして現代的な設備、赤・白熟成用にオークバレル。観察やテイスティングを通してヴィンテージごとの特殊性を見極めている。収穫は最良の成熟タイミングで、ブドウの品質や温度管理、気候、天候これらすべてが重要な要素となる。キュベによりごく僅かに亜硫酸塩(酸化防止剤)を添加する以外は添加物なし。

 

グラン・ヴァンシリーズは最上質の区画のブドウを使用。独自性を表現すること。香りを際立たせ調和させるために樽で熟成させたこのシリーズは長期熟成向きで事前に穏やかにデカンタージュすることでも楽しめる。手を加えることなく、わずかな亜硫酸塩の使用または無添加で醸造することでとても飲みやすいワイン。
PUR(ピュ―)シリーズは Product Unique Raisinの略。カリニャン、グルナッシュなど南仏品種で単一ワインとして作ったり、ここでのプロセスをグラン・ヴァンなどに反映させる新しい挑戦の場となっていてユニークさが魅力。
「テロワールを活かすこと。その土壌がユニークなワインをもたらしてくれるから。家族で、みんなで楽しめるものをつくりたい、それだけだよ」

 

 

ピーター フィッシャー
この土地と奥さんに惚れ込んでと語るオーナーのピーター・フィッシャーはドイツ南部のワイン生産地バーデン出身でアメリカで醸造学を学んだ後ローヌ地方に渡りジャン・リュック・コロンボに学ぶ。1985年に奥さん家族が所有していたブドウの木を含むこの土地を事業として引き継いだ。自然と土地、生き方を表現したワイン造りでエネルギーに満ち、愉快な人柄、家族、スタッフの笑顔も輝くプロヴァンスのライフスタイル。現在娘のクララは父の右腕として共に働き、息子はブルゴーニュなどで勉強中。またスペインのプリオラートでもワイナリーを始め新たな挑戦が続く。

 

portrait Peter

 

 

★エクス・アン・プロヴァンス(Aix-en-Provence)
フランスのブーシュ=デュ=ローヌ県の古都。プロヴァンス伯爵領の首都として古くから繁栄し現在は学術・芸術都市としてプロヴァンス地方の観光拠点
★サント・ヴィクトワール山(Montagne Sainte-Victoire)
フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東、市域の南東部に位置、馬の背のように延びる全長18km以上の石灰岩の山で最高点は「ピックデムッシュ」1,011m 

 

 

ピューブラン2019はユニブラン主体。明るいイエローのフレッシュな印象の外観。カリンやよく熟した黄色系果実の香り。爽やかな酸と果実味のバランスが良い飲みやすいワイン

https://shop.avin.jp/?pid=155557664

155557664

 

グランルージュ2017はシラー、カベルネソービニヨン、カリニャン、グルナッシュ、ピノノワールというセパージュ。AOPなどにはこだわらず独自の味わいを求めて最上級区画のブドウの実で作るグランシリーズ!

https://shop.avin.jp/?pid=155557668

155557668

 

ルヴェレットのワインはこちらから

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961790

 

pressing Carignan

 

cabernet sauvignon


Page Top