aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Château Barbanau(シャトーバルバノ)2021/5/20

 

 

IMG_4339

 

プロヴァンスの中央部コート・ド・プロヴァンスと地中海沿岸のカシーで生物多様性の再生、自然の平衡を取り戻すことを目指しビオディナミ農法を実践する家族経営のワイナリー

 

マルセイユから東に約30キロ、プロヴァンス中央部にあるサント・ボーム山塊(1,042m)の麓、標高約360mのなだらかな丘にブドウ畑が広がる。ワイナリーのあるコート・ド・プロヴァンスに23ヘクタール、先祖から受け継いだ地中海沿岸のカシーに7ヘクタール。生物多様性の再生、自然の平衡を取り戻すことを目指しビオディナミ農法を進めている。

 

テロワール
<コート・ド・プロヴァンス>
コート・ド・プロヴァンスのアペラシオン内で一番西に位置し、標高は約360m、なだらかな丘が連なる23ヘクタールの畑。背後には海を見渡すように巨大な白い崖が聳える。土壌は主に粘土石灰質、シラー、グルナッシュ、サンソー、ムールヴェドル、ロール(ヴェルメンティーノ)を栽培。各区画の間にはこの地方特有のイトスギ、オリーヴ、チェリー、アップル、アーモンドツリーなどの樹々が育てられおり、「チェリーツリーのシラー」「アップルツリーのカベルネ」「イノシシのロール」など動植物にちなんだ名前を付けて呼んでいる。
年間生産本数 100,000本 ( ロゼ 50% / 赤 40% / 白 10% )

<カシー>
地中海に面した7ヘクタールの畑。100年以上前に現オーナーの曾祖父により植えられたブドウも育つ、塀に囲まれた歴史のある区画。海からの風と太陽にこの土地の土壌、という唯一無二のコンビネーションに重きを置き2種類の白ワイン「 Clos Val Bruyère 」「 Kalahari 」を作っている。ここではマルサンヌ、クレレット、ユニブラン、ソーヴィニョン・ブランを栽培。
年間生産本数 20,000本

 

IMG_2614

ワイナリーの歴史
現オーナーであるソフィーの曾祖父Emile Bodin(エミール・ボデン)が1889年頃地中海沿岸カシーの区画 Clos Val Bruyèreでブドウ栽培を始める。ワイナリーの歴史はそれから100年後・・ソフィーと両親はアルプスのスキーリゾートで暮らしていたが、祖父により遺産として残されたわずかなブドウ畑の世話をすることを決意、同じ年シャトーバルバノを購入しセラーを新築するところから始まった。ファーストビンテージは1989年。現在はソフィーの夫とともにワイナリーを営んでいる。

 

Sophie SIMONINI – CERCIELLO ソフィー シモニーニ セルシエロ
文学、マーケティングを勉強後、アルプスでスポーツウエアショップを開業運営、のち1988年にワイン造りについて学ぶためスクールへ戻る。1989年バルバノでファーストビンテージ。野生生物の写真が大好きでアフリカの奥地を歩き回ったこともあるほどアフリカへの愛が強い。

 

Didier SIMONINI ディディエ シモニーニ
生物学を学んだのちDijon大学にてoenology(ワイン醸造学)を学びフランス各地で醸造を行う。1996年にソフィーと結婚、2年後にシャトーバルバノに加わる。鳥類学への興味がある。

 

この土地で1世紀続くこのファミリーヒストリーをいつか娘のジュリエットが受け継いでくれることを願っている。またワイナリーのマスコットであるロバのKalahari(カラアリ)、ポニーのGoogle(グーグル)とゴールデンレトリーバーのDagga-Boy(ダガボーイ)と暮らしている。

 

IMG_2589
マザーアースコンセプト/オーガニックとビオディナミ
従来の農業は土壌を破壊する傾向にあり、有機農業により土壌を守りビオディナミ農業により土壌を生き返らせる有機農業は単に化学物質を拒絶するということだけでなく生物の多様性を再生させる。巨大なブドウ畑を作ることでなく、多種多様な木々や茂みがさまざまな昆虫や動物の育成を刺激したり、自然の平衡を取り戻すことを想像しながら営んでいる。

 

自然というものは美しいし敬意を払うべきこと
自然に対するこの情熱と敬意から有機農業へとシフトし1995年から農薬や殺菌剤の使用をやめる。2008年ヴィンテージよりオーガニック認定を受ける。自然の要素との相乗作用を日々研究することで常に進化し2014年以降ビオディナミ農業へのアプローチを学び実践するために全力を尽くしている。畑ではナチュラルプレパレーション(自然界の調合物)のみを少量使用している。それは僅かながらブドウとその生態系の耐性能力を強化する。人としての介入は地球と月の自然サイクルを考慮し行う。2015年より「Biodyvin」のメンバーとなり正式に認証を得ている。

 

ヴィーガンフレンドリー ”Vegan friendly”
動物への敬意からワイン製造には動物から作られる製品を一切使用しない。清澄はミネラルと植物性添加物により行う。したがってバルバノのワインはベジタリアンやビーガンにも適していると言える。

 

 

IMG_1526

 

 

新着入荷しました。オンラインショップはこちら

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961865


Château Barbanau シャトーバルバノ(JP/ EN)2018/11/9

New Winery : Château Barbanau (JP/ EN)

プロヴァンス地方から新着ワイナリー『シャトーバルバノ』の紹介です。

 

barbanau3 barbanau

 

バルバノのスピリッツは自然やテロワール、ワインメーカーとしての職業への敬意と愛の象徴

 

プロヴァンスの中央部、マルセイユから東に約30キロ、サント・ボーム山塊(1042メートル)のふもと、標高約360メートルのなだらかな丘にワイナリーを構え、畑はこのワイナリーの位置するコート・ド・プロヴァンス23ヘクタールと海沿いのカシー7ヘクタールを持つ。伝統のテロワールを生かした唯一無二のワイン造りのもと、自然への敬意から、生物の多様性の再生、自然の平衡を取り戻すことを目指しビオディナミ農法を進めています。

 

 

テロワール Terroir
コート・ド・プロヴァンス
コートドプロヴァンスのアペラシオン内で一番西に位置、標高約360メートルのなだらかな丘に23ヘクタールのブドウ畑が広がり、海を見渡すように背後には巨大な白い崖がそびえています。ここではシラー、グルナッシュ、サンソー、ムールヴェドル、ロールが植えられ、土壌は粘土石灰質が良質なワインをもたらしています。
それぞれの区画の間には、イトスギ、オリーヴ、チェリー、アップル、アーモンドツリーなど異なる木々が育っており、区画にはその木にちなんだ名前やその辺りを歩く動物の名ががつけられています。
例えば、チェリーツリーのシラー、アップルツリーのカベルネ、イノシシのロールといった具合に・・

年間生産量100,000本  (ロゼ 50% / 赤 40% / 白10% )

 

☆カシー
海に面した小さな畑は7ヘクタール、100年以上前に現オーナーの曾祖父にあたるEmile Bodinにより植えられた、すばらしい歴史のある畑は塀に囲まれています。海からの風と太陽、そしてこの土地の土壌という唯一無二のコンビネーションによりすばらしい白ワイン 「 Clos Val Bruyère 」 と 「 Kalahari 」 が生み出されます。
ここではマルサンヌ、クレレット、ユニブラン、ソーヴィニョンブランが栽培されています。
カシーワインの伝統を守り、このテロワールの、その年生産されたブドウのみを使って白ワインをというこだわりを持って作っています。

年間生産量 20,000本

 

 

ワイナリーの歴史 STORY AND FAMILY
1889年ごろ 現オーナーソフィーの曾祖父Emile Bodinがカシーで、Clos Val Bruyèreの畑にワイナリーを作る。ワイナリーのストーリーはそれから100年後・・
ソフィーと両親はアルプスのスキーリゾートに暮らしていたが、それまでの生活やキャリアをまったく変えようと、祖父により遺産として残されたわずかなブドウ畑の世話をすることを決める。同じ年、シャトーバルバノを購入、セラーを新築、1989年最初のビンテージを作る。現在はソフィーの夫Didierとともにワイナリーを営む。

 

Didier SIMONINI
生物学を学んだのち、Dijon大学にてoenology(ワイン醸造学)を学び、フランス各地で醸造を行う。1996年にソフィーと結婚、2年後にシャトーバルバノに加わる。鳥類学への興味がある

 

Sophie SIMONINI – CERCIELLO ソフィー
文学、マーケティングを勉強後、アルプスでスポーツウエアショップを開業運営、のち1988年にワイン造りについて学ぶことを決めスクールへ戻る。1989年バルバノで最初のビンテージを。
ソフィーは野生生物の写真が大好きで、南アフリカへの愛からアフリカの奥地を歩き回ったこともある。

 

娘ジュリエットがこの1世紀続いたファミリーストーリーをいつか続けてくれることを願って

家族には バルバノのマスコットであるロバの 『 Kalahari 』
ポニーの 『 Google 』と『 Dagga-Boy 』、そしてゴールデンレトリーバーもいます。

 

 

マザーアースコンセプト/オーガニックとビオディナミ
THE MOTHER EARTH CONCEPT/ORGANIC AND BIODYNAMIC

従来の農業は土壌を破壊する(傾向にあり)、有機農業は土壌を守り、ビオディナミ農業は土壌を生き返らせる。

 

有機農業は単に化学物質を拒絶するということだけでなく、生物の多様性を再生させます。
巨大なブドウ畑を作ることでなく、多種多様な木々や茂みがさまざまな昆虫や動物の育成を刺激したり、自然の平衡を取り戻すことを想像しながら営んでいます。

 

自然というものは美しいし、敬意を払うべきこと
この情熱と尊敬の念から有機農業へと向かい、1995年から農薬や殺菌剤の使用を中止、2008年ヴィンテージからオーガニック認定の生産者となります。自然の要素との相乗作用に関する絶え間ない研究はさらに進化し、ビオディナミ農業へとターンしていくことを選び、2014年以来このアプローチを学び実践するために全力を尽くしています。

畑ではナチュラルプレパレーション(自然界の調合物)のみを少量使用し、少量ながらブドウとその生態系の耐性能力を強化します。 人としての介入は、地球と月の自然循環を完全に考慮し行っています。
ヴィーガンフレンドリー ”Vegan friendly”
動物への敬意から、ワインには動物から作られる製品を使いません。清澄はミネラルと植物添加物で行っています。 したがって、バルバノのワインは、ベジタリアンやビーガンに適しています。

 

 

L0217

 

取り扱いワインはこちら(白、ロゼ)

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961865

http://shop.avin.jp/?pid=136617062

ロゼ

http://shop.avin.jp/?pid=136616204

 

*************************

Château Barbanau has the particularity of having it’s 30 hectares of vineyards, certified organic, biodynamic on two appellations.

 

IMG_1526
At Clos Val Bruyère, classified in AOC Cassis, vineyards started about a century ago. The great-grandfather of Sophie Cerciello, the current owner, started a plot of 7.5 hectares of vines inside a clos. that’s normally reserved for the wines of Burgundy.
Facing the sea, that grow in hillsides ugni white grapes, clairette, marsanne and sauvignon that give the estate its typicality: an exclusive production of white wines. The Clos Val Bruyère and the Kalahari cuvée represent this wine. Château Barbanau, classified as AOC Côtes de Provence, is located in the town of Roquefort-la-Bédoule.

 

Balade_en_caleche

 

At 360 meters above sea level, clay-limestone soil, the estate stretches its 23 hectares in a cirque of greenery at the foot of a beautiful cliff. The cinsault, rolle, grenache, syrah and mourvèdre grapes benefit from the Mediterranean climate and freshness due to the position of the vineyard.
Et Cae tera cuvée red: show the softness of the climate and express a fruitiness full of joy like the winemaker, Sophie!

 

IMG_5601                        vendangeur-G

 

 

The winemakers daughter is studying to be veterinary and is vegan. It influenced a lot her parents to start a vegan cuvée. For them environment, climate change and animal protection are important causes.
That’s why all their cuvées have a reference to animals from South Africa, their passion!
And also why they have donkeys and many dogs in the estate.

 

moutons1-G

 

The winemaker’s ideal wine: a wine that is the expression of the terroir, respects nature, preserves biodiversity of soils and more than everything: give joy!

 

 


Page Top