aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

【AOC】Bandol バンドール2021/9/24

vue sainte baume s

背後はサント・ボーム

 

♦エリアと歴史

プロヴァンス地方地中海沿岸、フランス第2の都市マルセイユの東、トゥーロンの西20kmに位置するプロヴァンスでは最もよく知られるワインの生産地。赤ワインが有名なこのバンドールは、海に面した広大な山の円形劇場型のエリアでサント・ボーム山塊やモン・コーム(山)に囲まれている。この地では紀元前6世紀頃にマルセイユの町を築いたポカイア人(フォカイア人とも呼ばれる古代ギリシア人)によってブドウ栽培とワイン造りの文化が広められ、その後ワインの交易が発展、オリーブオイルやワインの取引が組織化された。海底からは当時のアンフォラなども見つかっている。

 

このエリアはプロヴァンス特有の東風とミストラルと呼ばれる強い北西風の影響が少なく、比較的安全な港であったためワインの輸出港として19世紀頃まで栄え多くの商船が寄港、港は浅く停泊している大型船にバンドールの「B」が刻印されたオーク樽が運ばれる光景がよく見られたという。出所と真正を保証するマークでもあった。ワイン産業の繁栄は樽製造業の発展ももたらし、1850年ごろには100の樽製造業者が存在した。

 

ワインは美食家で知られる国王ルイ15世にも愛され王宮の食卓を飾った。この土地で作られるバランスのとれた骨格あるワインは輸送も容易で評判に。バンドールの町は19世紀末の鉄道開通により避暑地としても栄えるようになり今もなお美しい砂浜が広がり夏のリゾートとして人気が高い。現在は高品質なロゼワインの産地でもあり休暇に訪れる人々によってその多くが消費されている。

 

♦テロワール

南向きの斜面で年間日照時間は3,000時間、年間降水量は650mで秋と冬に多い。東・南東からの風がこのエリアの通風をよくし、地中海からの風が夜間も一定の湿度を保ち、夏の強烈な暑さからブドウを守る。ミストラル(北風)は激しい降雨の後でも病気の原因になる湿度を畑から吹き飛ばしてくれる。

 

 

♦土壌
主に白亜紀の土、 バンドールの典型的なテロワールとは非常に痩せた土壌で、主に石灰質砂岩と砂質泥炭土の風化物、ガラ場や崩積土から構成される。

 

mourvèdre7

 

♦ブドウ品種

【白ワイン】ブールブラン、クレレットブランシュ、ソーヴィニヨンブラン、ユニブラン、マルサンヌ、ロール(ヴェルメンティーノ)、セミヨン

 

【ロゼワイン】ムールヴェドル、グルナッシュ、サンソー

これら3つの品種のうち少なくとも2つ使用することが義務付けられている。

補助品種:シラー、カリニャン

 

【赤ワイン】ムールヴェドル、グルナッシュ、サンソー(ムールヴェドルは50%以上必須)

これら3つの品種のうち少なくとも2つ使用することが義務付けられている。

補助品種:シラー、カリニャン

 

 

♦ワインの特徴
【白ワイン】ライムとほうき(エニシダ:常緑または落葉性の低木)の香りのある淡い麦わら色

 

【ロゼワイン】直接圧搾法による。淡い色、ワイルドローズの色合い。ムールヴェドルの比率が上がるとより長く楽しめる

 

【赤ワイン】ムールヴェドルがワインに気品を与え、力強く、タンニンが豊富で骨格がしっかりした長命なワインとなる。赤い果実の香りが特徴で熟成するとトリュフや下草の香りも。樽熟成最低18ヶ月

 

♦ワイン生産比率

白(4%): ロゼ(73%) : 赤(23%)       ※2009年データ

 

♦栽培密度

5,000本/ヘクタール

 

♦基本収量

40hl/ha

 

♦AOC取得年

1941年

 

♦ワイン生産量
55,000 ヘクトリットル

 

♦生産者数

2つの協同組合(生産の40%)と63軒の独立したワイナリー(生産の60%)
葡萄農家の数350軒

 

♦栽培面積
1,500ヘクタール

 

♦畑
Le Beausset ;
La Cadière-d’Azur ;
Le Castellet ;
Ollioules ;
Saint-Cyr-sur-Mer (Château pradeaux, Château d’Azur, Maubernard, La Chrétienne, Cagueloup, Sorin, Pieracci, Frégate, l’Estagnol et Pey Neuf) ;
Sainte-Anne-d’Évenos ;
Sanary-sur-Mer ;
Bandol, AOC

 

 

INAOデータ参照 更新日:2019年5月17日

Bandol 役所のサイト http://www.bandol.fr/accueil-3.html

https://www.facebook.com/villebandol/

http://www.fetedumillesime.com/fr/les-domaines.cfm

 

 

 


バンドールの収穫ドメーヌグロノレ2018/10/25

9月前半、3日間に渡り収穫に参加

南フランスのこの時期は朝7時半頃までは薄暗く、気温約18度、収穫は涼しい早朝7時から始まりました。日中は28度くらいまで上昇。バンドール赤ワインの主体となるムールヴェドル種。収穫タイミングを逃さまいとオーナーのパスカルさんの厳しい目が光りスタッフにも緊張感が走ります。常勤、収穫スタッフで総勢10人ほどで区画ごとに収穫がすすめられていました。この3日間は主に、白ブドウの収穫、ロゼ用のサンソー、ムールヴェドル種。バンドールの赤ワインとなる最高品質のムールヴェドルの収穫は、それから少し後に行われました。

 

45677024_2013174712318374_4528516287432753152_n 45808256_2013175825651596_8113448484935303168_n

 

バンドールは赤ワインの銘醸地、そしてロゼ
補助品種となるサンソーの収穫
すべて手積み、ブドウがバケツからミニコンテナに移されます。ミニトラクター後部で待つパスカルさんが房を確認しながら、少しでも気に入らないものがあればその場で取り除きます。

ブドウの実がつく梗(こう)の、枝の太さにはびっくり。0.5センチ以上はあるでしょうか。素人がハサミで簡単には切れません。樹齢は約40年、左手でブドウを下から支えながらハサミを入れます。収穫スタッフのなかにも手を切った方がありました。

 

45801286_2013174825651696_5328260548230381568_n

 

収穫時には、折角なのでたくさん?!ブドウを食べてみました。
食べて未成熟や不良、酸っぱい房がどういうものか、パスカルさんや常勤スタッフは食べなくても見た目でわかるようですが、間違って成長が十分でない房を取ろうものなら「それはいらない!」と声が飛びます。

道具も大切なもの。「ハサミは地面に置かない!」いろんな点で学ばせていただきました。

45803860_2013175498984962_5946019296575488000_n

45791227_2013177068984805_4115830467851190272_n

 

プロヴァンス、バンドールの大地に、ブドウとそれを取り巻くすべての環境を愛するパスカルさんの収穫は9月下旬まで続きました。昨年の20周年パーティ時には、建設中だった手作りのセラーも完成し、これから益々楽しみなワイナリーです。

 

45642387_2013174838985028_3301656495623503872_n 45700975_2013174872318358_2303189556943388672_n

 

45572594_2013174892318356_558448454032949248_n 45721853_2013174928985019_6333362034561777664_n

 

 

 

ワイナリー情報はこちらから
http://avin.jp/wineries/grosnore

Domaine du Gros Nore
新着ロゼ、希少な白もオンラインで
販売開始しました!
http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1547994&view=smartphone

45719068_2013175965651582_2073347487359303680_n 45655341_2013176925651486_6648113301190344704_n

 

11/18 日曜日の試飲販売会では、
グロノレ バンドール最新ビンテージ赤ワイン 「バンドール2014」が初登場です。2013との飲み比べもできます。
スタジオスロー自由が丘
http://avin.jp/event/tasting/3582

 

ローヌ&プロヴァンスワイン
アヴァン
http://avin.jp


aVin天然酵母の南仏ワイン試飲会 10/15(日)一般、16日(月)業者向け2017/10/15

IMG_1790S

 

aVin天然酵母の南仏ワイン試飲会 (ご予約不要)

10/15(日)一般の方向け /10/16(月)業者向け

 

 

弊社厳選の南フランスのワイナリーから直接仕入れ

リファーて輸入しているワインをお試しいただけるテイスティングイベントです。

 

日程:

2017年10月15日(日)13:00~18:00(一般向け) 

2017年10月16日(月)13:00~17:00(プロ向け)

 

会場: KEISUKE MATSUSHIMA 東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート神宮前1F

 

会費:エントランス2000円のみで全種類お試しできます。

さらに、当日使える2000円分のワイン商品券を皆様にお渡ししています。(実質試飲無料)

 

取扱ワイン:

【北ローヌ】Georges Vernay(ジョルジュ・ヴェルネ)

【南ローヌ】le Clos du Caillou(クロデュカイユ) Domaine de la Vieille Julienne(ヴィエイユジュリアン)

【バンドール】Domaine du Gors Nore(グロノレ) Chateau Vannieres(ヴァニエール)

【日本】Funky Chateau (長野ファンキーシャトー) くらむぼんワイン(山梨)

 

 

試飲会ラインナップを一部ご紹介します。

北ローヌを代表するワイナリー
●Georges Vernay(ジョルジュ・ヴェルネ)
IGP Viognier 2016 Le pied de Samson ピエドサンソン
ヴィオニエ100%
フローラルの香り、熟した梨、桃やアプリコット、ちょっとだけスパイスのニュアンスも感じられるヴィオニエ品種。
希少な品種にしてリーズナブル価格でご用意しました。

 

Coteau de Vernon 2015 コトー・ド・ヴェルノン 2015

AOCコンドリューを代表する特別なキュベ
ヴィオニエで優雅なひとときを。

 

Maison Rouge 2014 メゾンルージュ2014
AOCコートロティ シラー100%
これから寒くなる時期におすすめ
豆と肉の煮込み料理(カスレ)とのマリアージュはいかがでしょうか。

 

南ローヌからは品格のシャトーヌフデュパプ
●le Clos du Caillou クロデュカイユ

こちらから試飲を6種、うち初登場が
-Nature- Rouge 2016 ナチュール ルージュ
シルキーなタンニンで豊かさのあるバランスの取れた自然派赤ワインには、牛肉リブやサラミ、生ハムにも合います。
ぜひ試飲していただきたいです。

●Domaine de la Vieille Julienne ヴィエイユ・ジュリアン
AOCシャトーヌフデュパプの北部、北向き斜面で育てられるエレガントなグルナッシュ、シラー、ムールヴェドル

les Trois Sources 2011  レ・トワ・ソース2011
酸、タンニン、アルコールのハーモニーを奏でる
フルボディタイプ。
アカシアやブルーベリー、ブラックラズベリー、ブラックベリーなど深みのあるニュアンス。これから10~15年置いていただくのもおすすめ。

 

●Chateau Vannieresヴァニエール
プロヴァンスのロゼは魚のグリル、タイ料理や白身魚のお刺身にもあいそうな・・
heritage rose 2016 エリタージュ ロゼ
cotes de provence Rose 2016 コート・ドゥ・プロヴァンス ロゼ

 

●長野県のFunky Chateauもあります。
シャルドネ 2015
ピノグリ 2016 Pinot Gris
ストラト キャッセ 2016 Strate cassée

 

ぜひぜひ秋の夜長のおともになるワインでも探しに試飲会へおこしください。
ご予約不要です。


お申込み・お問い合わせ先:

 http://avin.jp/   

 

ネットショップ

http://shop.avin.jp/

 

facebook
https://www.facebook.com/avin.jp/

 

FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/1774590806174356/?active_tab=about

 

IMG_1882S IMG_1889S

image-5S

(写真)aVinで初お目見え。北ローヌのジョルジュ・ヴェルネ

こちらからはヴィオニエ、シラーなど6種入っています。

ご予約不要です。お一人でも入りやすい雰囲気です。

お気軽にお立ち寄りくださいませ~

 


Gros NoreがNY Timesに紹介されています2017/9/1

弊社が現地ワイナリーより直接仕入れをしているバンドールのDomaine du Gros Nore(グロノレ)

 

New York Times にそのグロノレの記事が紹介されています。

一部抜粋してお伝えします。

Bandol Lesson from NY Times Wine School-

 

015-9 (1)

 

南フランス プロヴァンス バンドール

 

ここでは、ラベンダーの香るサニーでパステルなプロヴァンスでなく、プレートに乗るアンチョビ料理(カタクチイワシ)にグラスに注がれたロゼワインでもない。はかなげなロゼとは対照的な、骨格のしっかりした、時には獰猛で、長期熟成に値する赤ワイン、これがバンドールのプロヴァンスである。

 

バンドールはマルセイユの東、トゥーロンの西に位置するバンドール村の石灰岩の丘で比較的少量生産されている。

 

赤ワインはムールヴェドル種を最低50%使用、グルナッシュとサンソーをブレンドすることが多く、時にはシラーやカリニャンを補足的に使うこともある。この地のトップワイナリーでは50%よりもかなり多くのムールヴェドルを使い、若いときにはタンニンが豊か、時間と共に複雑な美しさへと変化していく。

 

ここでお勧めの3本

La Bastide Blanche Bandol 2013  $25

Château de Pibarnon Bandol 2011  $40

Domaine du Gros ’Noré Bandol 2012  $40

 

これらのワインは熟成により一層楽しめるが、もし若いビンテージしかお店で選べなかったとしてもご心配なく。

その場合は、少なくとも1時間前、できれば2時間前までのデキャンタージュでどんなヴィンテージでも大丈夫。

 

そんなワインと共にしたいのがタンニンを抑えてくれる食べ物。ラムの脚肉のような赤身肉のロースト、カスレのような煮込み、燻製肉や鴨肉ならどんな料理方法でもよく合う。

 

バンドールでは、素晴らしいロゼも作られている。

しかしバンドールの赤ワインといえば水着の季節よりは、やはりセーターを着る時期にぴったりだ。

 

New York Times

Wine School By Eric Asimov

リンク先はこちら

 

★2017年6月訪問時、新しいセラーを自分の手で作られていました。全部自分でやりたいのだそう。

いつも畑を一緒に歩く愛犬たちと。ガーデンには蓮の浮かぶ池も。

IMG_1756s

19401240_10158814067880291_1075092849_o   IMG_1744s

 

★掲載の2012と2013はこちらから購入できます。

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1547994

_MG_0477

 

★ロゼはまた来年のリリースまでお待ちくださいませ!

_MG_0400-2

 


Domaine du Gros’ Noré (ドメーヌ デュ グロノレ)20th anniversary party2017/8/19

_MG_9505_s

(写真右手、黒シャツでこちらに向かって歩くのがアラン・パスカルさん)

 

Domaine du Gros’ Noré (ドメーヌ デュ グロノレ)は2017年6月に20周年を迎えました。

 

6月に開かれたアニヴァーサリーパーティに私たちも参加させていただきました。

 

ワイナリーの場所は、南フランス最大の都市マルセイユから高速道路A50で南東トゥーロン(Toulon)方面に40分ほど、地中海沿岸から北へ約5キロ入ったぶどう畑の丘の連なるラ・カディエール・ダジュールの村にあります。

 

_MG_9567s

 

当日はフランスワイン関係者、バンドールワインの名を世界に広めた地元ワイナリーの方々、バンドール近郊に暮らすご近所さん、世界各国のインポーターなど、様々な方が参加されていました。

 

夕方6時頃から始まったパーティ

6月中旬のこの時間は、広大な空はまだまだ明るく、陽射しも眩しいです。

やはりこの土地ではまずロゼですね。

 

_MG_9563s

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.1

 

関係者の方々の挨拶に続くアラン・パスカルさんのスピーチは、事前に準備された堅苦しいものではなく、実直で柔らかく人柄のあふれる言葉で、この日パーティに出席の方々や普段彼のそばで支える家族や友人たちへの感謝、過去20年間に渡りワイン作り、哲学について互いに相談し合った仲間たちへの敬意などが多く語られました。

 

みなさんに20周年という日を楽しんでもらえるよう!とパスカルさんから様々な温かいおもてなしが用意され、南仏の午後にぴったりなジャズバンドライブ、狩で仕留めたイノシシの丸焼き、南仏の色鮮やかなフルーツ、地元で生産さえたチーズ、そして1997~2016年のヴィンテージワインなど。

 

ゲストの中には、アメリカのインポーター・ディストリビューター、“Adventures on the Wine Route”の著者でもあるカーミット・リンチさんの姿も。彼はフランスでのワイン産業への貢献が評価され、フランス政府からの文化勲章も受章されており、彼もまた私たちと同じく南仏ラバーのひとりです!

 

6月の暖かな夕暮れブドウ畑に囲まれたこのワイナリーの特別な一日は深夜までにぎやかに続きました。

_MG_9554_s _MG_9549S

 

_MG_9474s _MG_0394s

 

中庭では、イノシシや羊の串焼き、ハーブやガーリックで蒸したムール貝、コルシカのソーセージ“フィガテッリ”、地元産のチーズやフルーツプレート、そしてワイン!

この一夜に20年分のヴィンテージすべてを試飲できるなんてラッキー!

 

快晴の空の下、

アラン・パスカルがこの土地とワインのために絶え間なく情熱を注いできた20年のお祝いを

350人のゲストや彼の友人たちとともに共有できたことを感謝しています。

パスカルさんへ感謝を込めて

Merci !

Bravo Alain Pascal!

 

*****************************

Domaine du Gros’ Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.

Alain Pascal is a man of passion, for his land and his wine.
In a moving speech, unprepared but coming directly from his heart he thanked during this generous and beautiful evening all the important people present on his side everyday, his brother, nephew, daughter and longtime friends who has been helping him to question and think about wine-making process and philosophy for the past twenty years. Among them Kermit Lynch, renowned retailer, distributor, and national importer also the author of Adventures on the Wine Route which won the Veuve Clicquot Wine Book of the Year award. Winner of the James Beard Foundation’s “Wine Professional of the Year”, and Chevalier de l’Ordre de Mérite Agricole medal presented by the French government for his service to the wine industry.

Alain Pascal loves more than anything to host and entertain guests and friends, to share the products of his hunts and the food he loves. On this warm evening of June and very special occasion he didn’t do things by halves. Skewers of wild boar and sheep cooked in the courtyard, tons of mussels steamed with herbs and garlic, grilled Corsican dried sausage “figatelli”, plates of cheese and fruits from local producers. And the wines! Guests being lucky enough to be able to try 20 vintages on the same evening, from the very first 1997 to the year 2016.
With also a live Jazz band and a beautiful clear sky the 350 guests and friends more than appreciated being part of this celebration of twenty years of constant, relentless and passionate work!
Merci and bravo Alain Pascal!

4

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.5

 

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.8

_MG_9587s

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.2


Page Top