aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Chateau Revelette (シャトールヴェレット)2021/4/9

プロヴァンス中心部の大自然と土地に魅力されそのテロワールの特徴と純粋さを表現するまさに自然と共生するユニークなワイナリー

 

 

 

エントランス  

 

マルセイユから車で北西へ約1時間、プロヴァンスの古都エクス・アン・プロヴァンスにもほど近いジュク(Jouques)にワイナリーを構える。ブドウ畑やセラーなど生活のすべてがサント・ヴィクトワール自然公園内にあり自然以外のものは見当たらない。畑は標高330~400mで穏やかな斜面が続き約30ヘクタール、主に赤土、粘土石灰質土壌で17区画に分かれており11品種を栽培。コトー・デクサン・プロヴァンスの最北端に位置したこのエリアは夏は乾燥した暑さ、冬は厳しい寒さでマイナス15度になる時もあり昼夜気温差が大きい。アルプスからの影響も受ける大陸性気候。
ルヴェレットの魅力
プロヴァンスでよく見られる、ワイナリーの中に森がある、と言うよりは森の中にワイナリーがあること、自然の中に生かされ守られている人間とブドウ。ブドウのためのビオ・ビオディナミ栽培ではない

 

森、パインツリーなどの木々、花、昆虫、野生動物、土壌、自然界の多様性を活かし、ブドウのためだけでなくお互いに作用しあう関係、共存という意識のもと1990年よりビオ農法をスタート。耕作は春と秋の収穫時期に行い、夏にかけて2〜3ヶ月間は近隣のヒツジを放牧、ヒツジは草を食べフンは肥料にもなり、動物たちとにぎやかに暮らすことでオオカミ避けにもなっている。またイノシシやフクロウからブドウを守るために鳥の鳴き声が出る機器を使用。冬の間は自然に草をはやすことで土壌を守る。ベト病などの殺菌作用としてごくわずかに銅、微量元素(オリゴエレメント)、イラクサとツクシの液肥、海藻液肥、硫黄肥料を使用。ブドウの樹齢は25~60歳。
2018年8月このエリアでヒョウが降り50パーセント近くのブドウを失うという初めての体験があり、気候や天候とともに常に変化が求められている。

 

 

伝統的なセラー、コンクリートタンクルーム、そして現代的な設備、赤・白熟成用にオークバレル。観察やテイスティングを通してヴィンテージごとの特殊性を見極めている。収穫は最良の成熟タイミングで、ブドウの品質や温度管理、気候、天候これらすべてが重要な要素となる。キュベによりごく僅かに亜硫酸塩(酸化防止剤)を添加する以外は添加物なし。

 

グラン・ヴァンシリーズは最上質の区画のブドウを使用。独自性を表現すること。香りを際立たせ調和させるために樽で熟成させたこのシリーズは長期熟成向きで事前に穏やかにデカンタージュすることでも楽しめる。手を加えることなく、わずかな亜硫酸塩の使用または無添加で醸造することでとても飲みやすいワイン。
PUR(ピュ―)シリーズは Product Unique Raisinの略。カリニャン、グルナッシュなど南仏品種で単一ワインとして作ったり、ここでのプロセスをグラン・ヴァンなどに反映させる新しい挑戦の場となっていてユニークさが魅力。
「テロワールを活かすこと。その土壌がユニークなワインをもたらしてくれるから。家族で、みんなで楽しめるものをつくりたい、それだけだよ」

 

 

ピーター フィッシャー
この土地と奥さんに惚れ込んでと語るオーナーのピーター・フィッシャーはドイツ南部のワイン生産地バーデン出身でアメリカで醸造学を学んだ後ローヌ地方に渡りジャン・リュック・コロンボに学ぶ。1985年に奥さん家族が所有していたブドウの木を含むこの土地を事業として引き継いだ。自然と土地、生き方を表現したワイン造りでエネルギーに満ち、愉快な人柄、家族、スタッフの笑顔も輝くプロヴァンスのライフスタイル。現在娘のクララは父の右腕として共に働き、息子はブルゴーニュなどで勉強中。またスペインのプリオラートでもワイナリーを始め新たな挑戦が続く。

 

portrait Peter

 

 

★エクス・アン・プロヴァンス(Aix-en-Provence)
フランスのブーシュ=デュ=ローヌ県の古都。プロヴァンス伯爵領の首都として古くから繁栄し現在は学術・芸術都市としてプロヴァンス地方の観光拠点
★サント・ヴィクトワール山(Montagne Sainte-Victoire)
フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東、市域の南東部に位置、馬の背のように延びる全長18km以上の石灰岩の山で最高点は「ピックデムッシュ」1,011m 

 

 

ピューブラン2019はユニブラン主体。明るいイエローのフレッシュな印象の外観。カリンやよく熟した黄色系果実の香り。爽やかな酸と果実味のバランスが良い飲みやすいワイン

https://shop.avin.jp/?pid=155557664

155557664

 

グランルージュ2017はシラー、カベルネソービニヨン、カリニャン、グルナッシュ、ピノノワールというセパージュ。AOPなどにはこだわらず独自の味わいを求めて最上級区画のブドウの実で作るグランシリーズ!

https://shop.avin.jp/?pid=155557668

155557668

 

ルヴェレットのワインはこちらから

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961790

 

pressing Carignan

 

cabernet sauvignon


Domaine de la Graveiretteグラベレットより2021/1/29

Domaine de la Graveirette(ドメーヌ・デ・ラ・グラヴェレット) より

日本のお客さまに新年の健康と幸せをお祈りします。

 

雪が降ったことから始まった2021年は記憶に残る年の始まりになりました。なぜなら 2010年以来雪を見ていなかったので、私たちのところにも雪が降ってくれたことはとてもうれしいことでした。ぶどう樹と土壌にとっては寒い始まりでしたが、日中は美しい日差しがありました。この時期チーム として6人が作業を助けてくれています。

普段はこの時期に試飲会の準備しますが、今年は「Millésime Bio 2021 Digital」 や「Hopwine」はビデオ会議またはインスタントメッセージによって行われる予定です。

いつか皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

いくつか写真をお送りします。

私たちから日本のお客さまにメッセージをお伝えできることはとてもうれしいです。

 

 

IMG_3008 Photo 08-09-2017 13 46 10

ローヌ南部のビオディナミ農法による生産者
心地よい酸と豊かで複雑味のある個性を感じるワイン作り

 

南ローヌ地方オランジュ、アヴィニョン、カルパントラの間に位置するプロヴァンスの村ベダリッドにワイナリーを構える。東にはモン・ヴァントゥ(標高1912m)西にはシャトーヌフ・デュ・パプの丘陵が広がるエリア。ブルゴーニュ・ボーヌで勉強後、地元組合での経験を積み2005年独立。野生酵母、ビオディナミ栽培、無清澄、無濾過、補酸なし、低SO2(酸化防止剤)
高品質なワインを求めて情熱をもって今日も楽しみながら続けてる。シャトーヌフ・デュ・パプ、コート・デュ・ローヌ、ヴァン・ド・フランスなど様々生産しており、心地よい酸と豊かで複雑味のある個性を感じるワインを作っている。

 

Vins-Julien-Mus

オーナーのジュリアン・ムス

 

graveirette

 

T0918H3 T0119H3

 

T0819H3 T0716H3

 

aVinオンラインショップはこちら

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=2331044

 


南仏の代表的なブドウ品種2021/1/21

南フランスで栽培される多様なブドウ品種についていくつか見てみましょう。

 

黒ブドウ品種

grosnoreAkaBudo

(ドメーヌ グロノレ ムールヴェドル品種)

 

<Grenache noir  グルナッシュノワール>

グルナッシュ
中世にイベリア半島東部から地中海沿岸を支配していたアラゴンが原産の品種、スペインではガルナッチャと呼ばれる。フランスではローヌ南部、プロヴァンス地方で多く栽培され病気に弱い品種だがミストラルと呼ばれる北風によりその病気から守られているためこの土地に適している。果粒は小さく、暑さと乾燥に強い。赤ワイン、ロゼワインが作られる。色調は薄いものから深みのある色、酸味が低めで若くして楽しめるワインもあるし、力強く芳醇な長期熟成型の高貴なワインもあり、作り手の哲学やエリア、土壌によって様々な表情を持つ。赤い果実やプラム、スパイスのアロマを持ち、熟成させるに従い、モカ、チョコレート、タバコを思わせるアロマを生み出す。

グルナッシュノワールのワインはこちら

Grenache_mini

 

<Syrah  シラー>
ローヌ地方北部で古くから栽培されている品種で、近年フランスにおけるシラー種の栽培は大幅に高まっており、ローヌ河流域からラングドック地方、プロヴァンス地方、ルシヨン地方へと拡がっている。粘土質と花崗岩土壌の酸化鉄を含んだ土壌に適している。特に、北ローヌのコート・ロティの急斜面の痩せて乾いた土壌でよく育ち、北ローヌの気候が非常に適していると言われている。
収穫量の少ない成熟期の遅い性質だが、グルナッシュやムールヴェドルよりも熟期は早い。成熟させるには十分は日照が必要。単一品種あるいはグルナッシュなどとブレンドされる品種。
深みのある濃い黒紫色、黒胡椒やブラックオリーヴのようなスパイシーな香りが特徴。酸味もタンニンもバランスよく持ち合わせた長期熟成型の重厚なワインとなる。

シラーのワインはこちら

 

 

<Mourvedre  ムールヴェドル>

スペイン原産で、南ローヌ地方、プロヴァンス地方、ラングドック地方で栽培される。
ゆっくり成熟する品種で、温暖な気候を必要とするため、フランスではプロヴァンス地方のカシス、バンドールなどのぶどう畑が栽培適地としての歴史を持っている。石灰質の土壌を好む。
収穫量は低い品種だが、締まったタンニンをもつ濃厚なワインを生み出す貴重な品種である。
深みのある色合いを持ち、バンドールのワインのように、熟成にも向いている。ブラックベリーを想わせる豊かな果実香が特徴で、熟成すると、なめし革やスパイシーな香りが出てくる。ワインに骨組みを与えたり、バランスのとれた味わいを出すため、アサンブラージュに使用されることも多い。赤ワイン、ロゼワインに使用される。

ムールヴェドルのワインはこちら

mourvèdre4_mini

 

<Cinsaut  サンソー>

ローヌ地方、ラングドック地方、ルーション地方の他、北アフリカ、コルシカ、オーストラリア、イタリア南部、レバノンでも栽培されている。温暖な気候を必要とし、乾燥や強風には強い。ローヌ地方のシャトーヌフデュパプでは1980年代以降次第に栽培が減少し、2009年時点では全体の2.6%ほどとなった。収穫量を抑えた栽培と醸造技術により、程よい酸、タンニンは低め、濃い色調で、香り、バランスのとれた特徴的なワインを生み出す。ローズ、アーモンド、イチゴのアロマが感じられる。痩せて乾いた土壌が適したこの品種は、 グルナッシュやシラーとのアサンブラージュに用いられ、グルナッシュの高いアルコール度とカリニャンの収斂性とのバランスの上に、 しなやかさを持つ赤ワインを生み出している。プロヴァンス地方や地中海沿岸では、ロゼワインにも使用される。

cinsault grape 3_mini

 

<Carignan カリニャン>

スペイン原産の品種で、今はプロヴァンス地方やローヌ地方で多く栽培されている。活発な品種で栽培地域にもよるが収穫は9月後半~10月後半と成熟はゆったりとしている。十分な暖かさを必要とし 暑くて乾燥した丘の中腹での栽培が理想的とされる。やせた土壌、丘の中腹で育ったブドウはタンニンが豊富な美しい色のワインとなる。一般的には他の品種とブレンドされることが多い品種ながら、カリニャンのみで作られるワインも魅力的。

カリニャンのワインはこちら

Carignan1_mini

 

<Counoise クノワーズ>
プロヴァンス原産と考えられており、ローヌ地方やラングドック地方以外ではカリフォルニアやワシントンで栽培されている。ローヌ地方のAOCシャトーヌフデュパプのワインとして使用可能な13品種のひとつだが、そのエリアでのブドウ栽培量は全体の0.4%のみ。高い酸度、黒コショウなどのスパイスの香りを活かしアサンブラージュして使われることが多い。深い赤紫色、フローラルなニュアンスを持ちリッチでスパイシーな香り。

 

<Marselan マルスラン

1961年にフランス国立農学研究所(INRA)でカベルネ・ソーヴィニヨンとグルナッシュを交配させできた品種。主に南仏ラングドック地方、南ローヌ、プロヴァンスで栽培。シラー、ムールヴェドル、カリニャンなどの地元で生産される品種とブレンドされることが多いがマルスラン100%のワインもある。マルスランの名は最初に栽培されたフランス沿岸の町マルセイヤン(Marseillan)が由来。味わいは滑らかで柔らか、ラズベリー、ブラックベリー、ブラックチェリー、ブルーベリー、プラムなどのアロマ、シナモンとクローブのスパイシーなノートを伴う。酸味は良くタンニンは柔らか。

 

マルスランのワインはこちら

 

marselan_une

 

 

 

******************************************

白ブドウ品種

Ugni_mini

(シャトールヴェレット ユニブラン)

 

 

<Viognier ヴィオニエ>

ヴィオニエ発祥の地は北ローヌのコンドリュ村とその周辺丘陵地でわりと最近まではこの地域にのみ植えられていた。伝説によればヴィオニエはダルマチア(クロアチアのアドリア海沿岸地域一帯)起源で、皇帝マルクス・アウレリウス・プロブスによりフランスに持ち込まれたとのこと。1960年代初めまでは地元以外では知られておらず、フィロキセラによりそのほとんどが死滅したが、その後作り手たちの努力により徐々に栽培が回復、品種の独特な魅力が名声となり南フランスや海外でも栽培されるようになった。

痩せた土壌、粉末状の花崗岩、雲母、まばらな石灰岩、また日照りが非常に強く、南・南西向きの丘陵地帯や高台で良く育つがとりわけ多産なブドウ品種ではない。栽培や醸造が難しい品種ながら、エキゾチックでとても魅力的なワインとなる。香りは印象的でスパイシーさもあり味わい深く長い余韻、滑らかで、よく熟した、フルボディでスタイルのある白ワイン。黄色い果実(マンゴー、ナシ、モモ)、春の花(スミレ、アイリス、アカシア)、ムスクとスパイス、炒ったヘーゼルナッツやアーモンドなどの香りが特徴。

すぐに楽しむことができる白ワインで、Condrieu(コンドリュ)は2、3年待って一層華やかさやエキゾチックな味わいを、Château-Grillet(シャトーグリエ)は12~18ヶ月樽熟成されおり瓶詰後から魅力的。隣接するCotes-Rotie(コートロティ)の赤ワインにスミレのニュアンスを与えるための成分としても使われている。おすすめマリアージュはグリーンアスパラガス、リオン伝統料理クネルのナンチュアソース、パイ、ザリガニ料理、リゴット・ドゥ・コンドリュやピコドン・デ・ラ・ドロームチーズ、アーモンドガレット、寿司、牡蠣など。

ヴィオニエのワインはこちら

 

 

<Grenache Blanc グルナッシュブラン>

スペイン北部が原産でガルナッチャとも呼ばれるグルナッシュノワールの突然変異の品種で、フランス南ローヌ地方、ルーション地方、スペイン北東部で栽培されている。ローヌ地方シャトーヌフデュパプやコートデュローヌの白ワインではメイン品種としても使われ、赤ワイン、ロゼワインとのアサンブラージュにも使われる。ソフトネスとフレッシュネスを備える。若い時期に飲まれることが多い。収穫量を抑え、果皮を漬けてのマセレーション、オークバレルを使用し熟成、発酵などにより、ヴィオニエやマスカットのようなアロマティックで、穏やかな酸のある豊かなワインとなる。

グルナッシュブランのワインはこちら

 

<Clairette Blanche クレレットブランシュ>

南フランスで最も古い品種のひとつ、地中海エリアで代表的なクレレットブランシュ。南ローヌのシャトーヌフ・デュ・パプではグルナッシュブランに続き2番目に多く栽培されている。乾燥し痩せた石灰岩土壌に適していると言われ、現在は南アフリカ、オーストラリア、イスラエル等でも栽培されている。

ブドウの房は円柱・円錐形で中程度の大きさ。芽かきを丁寧におこなうことにより適切な収量がを保つことが肝心。ワインはフルーティーで、アルコール度は高く酸は少なめ、後味にはやや苦味を感じられる。大量生産のような作り方の場合には酸化しやすくなり最初の1年が飲み頃とされるが、ブドウに適した土壌と収量を抑えるなど熟練した技術により魅力的なワインが作られる。ブドウの果肉はとてもジューシー。

ワインはすっきりした後味、フルーティ、フローラルさを持ち、フェネル、リンゴ、ライム、アプリコットやピーチの香り。クレレットブランシュ単独で醸造されたり、北ローヌのディーではこの品種主体のスパークリングワインも作られる。他品種とブレンドされることも多い。シャトーヌフ・デュ・パプでは赤ワインにもアサンブラージュに使用される。

クレレットブランシュのワインはこちら

 

 

 

<Bourboulenc ブールブラン>

ギリシア原産と考えられている品種で数世紀に渡りローヌ地方で栽培されてきた。現在は南フランス、ラングドック地方、ローヌ地方に多い。十分な日照が必要とされ、成熟も遅い。アルコール度は低く、フレッシュでフローラル。若い時期に飲まれることが多い。多くの場合多品種とのアサンブラージュに使用され、グルナッシュブランだけでなく、クレレットやルーサンヌ、また赤ワインともブレンドされる。

 

 

もっと知りたいブドウ品種

→TOPページ上部からarticle(記事)→右下Category(カテゴリー)→南仏ブドウ品種へ

https://avin.jp/category/grape_varieties


1回のみのお試しも!まだ間に合うお得な定期便セット2020/12/17

202012定期便

 

通常価格よりお得な定期便、今月は

VdFブラン “プレザージュ” 2015 / グラヴェレット (VdF Blanc Presage Domaine de La Graveirette)

VdF ルージュ メメント2013 / グラヴェレット (VdF Rouge Mementes Domaine de La Graveirette)

VdF シラー2019 / メゾン・ステファン (Syrah Maison Stephan) 

の3本です。ホリデーシーズンのおうち時間に南仏のビオワインはいかがでしょうか。

 

お申し込み・お問い合わせ
info@avin.jp
件名:ワイン定期便
・お名前
・ご住所
・メールアドレス
・電話番号
・お支払方法(クレジットカードor振込)
をお知らせください。
発送後にご請求メールを送らせていただきます。クレジットカード払いOKです。

 

 

南仏ビオ・ビオディナミのワイナリーから直輸入ワイン

定額11,000円(税込)/ 3~4本 をクール便にてお届けします。

 

※クール便送料サービス!

 

毎月25日前後発送
毎月20日までの連絡で停止も開始もご自由に!

お試し1回のみの定期便も承ります。

 

過去のお得な定期便内容はこちら

http://avin.jp/category/avin-monthy-delivery

 

 

aVin’s Monthly delivery – Rhone & Provence BIO wine importer –

11,000 JPY / month(including tax)/ 3 – 4 bottles 

※ Yamato cool delivery included

 

monthly delivery around 25th  or  one time trial is also available

 

application : info@avin.jp

Title:ワイン定期便 (monthly delivery)

+name, address, tel, e-mail

Payment: credit card, or by bank account

 

more information

http://avin.jp/category/avin-monthy-delivery


2020年11月の定期便2020/11/24

202011定期便 202011定期便_裏

今月のワイン定期便

・ヴァン・ドゥー・ナチュレル ラストー グルナ・ルージュ2017 / トラパディ (VinDouxNaturel Rasteau Grenat Rge Trapadis) 

・VdF ブラン ルーラヴィ 2019 / グラヴェレット (VdF Blanc Lou Ravi Graveirette ) 

・VdFルージュ ジュ・ド・ヴィ 2018 / グラヴェレット (Rouge Ju de Vie Domaine de La Graveirette)

・コート・デュ・ローヌ ル カイユ ルージュ 2018 / ル クロ デュ カイユ (Cotes du Rhone Caillou rouge le Clos du Caillou) 

 

~アヴァンのワイン定期便~

定額10,000円+tax / 3~4本 月によって異なります。

※クール便送料サービス!

 

毎月25日前後発送
毎月20日までの連絡で停止も開始もご自由に!

お試し1回のみの定期便も承ります。

お申し込み・お問い合わせ
info@avin.jp
件名:ワイン定期便

【お名前、ご住所、メールアドレス、電話番号、お支払方法(クレジットカードor振込)】をお知らせください。

発送後にご請求メールを送らせていただきます。クレジットカード払いOKです。

 

aVin’s Monthly delivery – Rhone & Provence BIO wine importer –

10,000 JPY + tax  / month /  3  or 4 bottles 

※ Including Yamato cool delivery fee

monthly delivery around 25th  or  one time trial is also available

application : info@avin.jp

Title:ワイン定期便 (monthly delivery)

+name, address, TEL, e-mail

Payment: credit card or by bank account

 

more information

http://avin.jp/category/avin-monthy-delivery


Page Top