aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

「A.O.C.クレレット・ド・ディ」と「A.O.C.クレレット・ド・ディ・メトード・アンセストラル」2021/6/30

IMGP3785

 

アヴァンでは、ローヌ渓谷北部、ローヌ川支流のドローム川沿い位置する海抜300~700mの丘に小規模なブドウ畑が広がるディー地区の協同組合「ジャイアンス」のスパークリング・ワインをご紹介しています。

 

スパークリング・ワインのみを規定しているアペラシオンは、フランスの中でも珍しいのですが、この地区のアペラシオンは、「A.O.C.クレレット・ド・ディ」と「A.O.C.クレレット・ド・ディ・メトード・アンセストラル」に大別されます。
では、この2つのアペラシオンのスパークリング・ワインはどのような違いがあるのでしょうか?

 

まず、「A.O.C.クレレット・ド・ディ」は、瓶内2次発酵の泡によるスパークリング・ワインで、残糖は15g/l以下に仕上げることが条件です。一方、「A.O.C.クレレット・ド・ディ・メトード・アンセストラル」は、低温での1次発酵が終わらないうちに瓶に移して1次発酵の泡を瓶内に留めたスパークリング・ワインで、アルコール度数が7度に達する頃に発酵が自然と終わるためアルコール度数が抑えられ、ブドウ本来の甘味が残糖分より感じられ、その残糖は35g/l以上と規定されています。

 

クレレット・ド・ディ ブリュット NVは前者の「A.O.C.クレレット・ド・ディ」で、残糖度10g/lに仕上げられています。

 

クレレット・ド・ディ レ・オー・ドュ・デス 2018は後者の「A.O.C.クレレット・ド・ディ・メトード・アンセストラル」で、残糖度45g/l に仕上げられています。

 

158509914

クレレット・ド・ディ ブリュット NV

 

 

158509974

クレレット・ド・ディ レ・オー・ドュ・デス 2018

 
一般的に、残糖度12g/lのスパークリング・ワインは「ブリュット(Brut)=辛口」と呼ばれるので前者は辛口の分類となり、残糖度32~50g/lは「ドゥミセック(Demi-Sec)=甘口」と呼ばれるので、後者は甘口の分類になります。是非この数値をもとに、2つのワインを飲み比べ、辛口と甘口の度合いを実感してみませんか?

 

 

クレレットドディ飲み比べセット

161380726

 

https://shop.avin.jp/?pid=161380726

 

 

 

 

 

ところで、アヴァンの扱うジャイアンスのスパークリング・ワインには、もう1種類、クレマン・ド・ディー ブリュットキュベ・イコン2015があります。こちらは、「A.O.C.クレマン・ド・ディー」という別のアペラシオンで、瓶内2次発酵の泡によるスパークリング・ワイン、残糖は15g/l以下に仕上げるという規定は、白ブドウ品種クレレット100%による「A.O.C.クレレット・ド・ディ」と同様なのですが、熟成期間がより長く必要で、クレレット種以外の白ブドウ品種とのブレンドが可能という違いがあります。

 

148760366

クレマン・ド・ディー ブリュットキュベ・イコン2015

 

 

こちらも是非、クレレット・ド・ディ ブリュット NVとの飲み比べで、同じ「ブリュット」の部類でも、熟成期間の違い、使用品種の違いによる味わいの違いを実感してみてください。

 

クレマン&クレレットブリュット飲み比べセット

161380699

 

https://shop.avin.jp/?pid=161380699

 

 

 

 

 

 

NEWジャイアンス3本セット

161380744

https://shop.avin.jp/?pid=161380744

 

 

 

 

 

ローヌ中央部のスパークリングワイン生産者

Jaillance ジャイアンス 

 

Rhone & Provence BIO wine importer aVin

ローヌ&プロヴァンスより厳選ビオワインを直輸入 アヴァン

https://avin.jp/category/about-us

 

 

 


長野ファンキーシャトーより新着です。2021/5/28

 

image (71)

 

長野県ファンキーシャトーより新着のご紹介です。

ワイナリーの希望によりインターネット販売を行っておりません。
対面販売のみの取り扱いになりますので、おそれいりますが弊社の店舗にてお買い求めください。

ただいま、金~日曜日 午後 営業中です。営業時間はこちらにて

 

新着はこちら↓

159340476

Sangiovese Rose 2019 / Funky Chateau・対面販売限定(在庫あり)
サンジョベーゼロゼ(2021年4月9日リリース開始)

2019年の年間降水量は975mm、年間日照時間は2268.6時間。鬱陶しく長い梅雨空、8月の雹を伴ったダウンバースト、10月12日千曲川に大氾濫をもたらした台風19号と、次々に巡りくる自然の猛威に振り回される年となった。3月から5月の乾燥した心地よい晴天で順調にスタトーしたシーズンであったが、長梅雨は平均の約1.5倍の雨量と日照不足をもたらし、畑には例年には考えられない病が発生、収穫直前のSangioveseの完熟に大きなダメージを与えた。ロゼワインに仕上げることに決めて11月8日収穫した果実はコールド・マセラシオン後ソフトプレス、ステンレスタンクで3週間かけて自然発酵した後樽に移し約8カ月の熟成を行った。自然界の猛威に振り回された2019年、それでも健気に踏ん張った葡萄たちが懸命に仕上げた果実は、Sangiovese grossoのアロマの片鱗を感じさせるチャーミングなロゼワインになっている。東山畑Sangioveseの頑張りを味わっていただきたい。(ワイナリーデータ)
https://shop.avin.jp/?pid=159340476

 

159081052

La première fois 50 & 50 2018 / Funky Chateau) 対面販売限定(在庫あり)

(2021年4月9日リリース開始)

2018年の年間降水量842mm日照時間は2430.6時間。1月から8月まで月間日照がいずれも200時間を越し、春から夏にかけての猛暑は気象庁の統計開始以来の記録的な高温となった。一方、9月は一転して秋の長雨。日照時間は100時間、降雨量は年間の約30%に当たる244mmが集中することとなり波瀾の収穫期を迎えた。10月はいりやっと安定した好天続き、日較差のある柔らかな陽射しをたっぷり吸収し収穫期を迎えたMerlotだったが初夏の記録的な高温で活動できなかった蜂の大群に襲われ一日にして壊滅的な被害となった。収穫量は例年の半分以下になったものの頑張ったブドウはコールド・マセラシオン後ステンレスタンクで約4週間の自然発酵、ソフトプレス後バリックで約2年間ゆっくりと熟成した。東山畑らしいメルローの凝縮した果実味とカベルネのブーケのような柔らかい甘みに加え、長い熟成によるしなやかなタンニンがしっかりしたストラクチャーを形成。東山畑からの2014以来のブレンドワイン(セパージュ比率1:1)。自然発酵、無濾過、無清澄で冷却安定化処理等行わないためワイン中に蛋白質浮遊物や酒石酸等が存在することがありますが、私達はそれを品質の証と考え、酒質に影響はございませんので、よけてお飲みいただければと思います。(ワイナリーデータ)
https://shop.avin.jp/?pid=159081052

 

159339366

Chardonnay 2018 / Funky Chateau 対面販売限定(在庫あり)

シャルドネ  (2021年4月9日リリース開始)
2018年の年間降水量842mm日照時間は2430.6時間。1月から8月まで月間日照がいずれも200時間を越す猛暑は気象庁の統計開始以来の記録的な高温となった。一方、9月は一転して秋の長雨、日照100時間、降雨量は年間の約30%,244mmが集中することとなりChardonnayは波瀾の収穫期を迎えた。やっと好天となった10月の日較差のある柔らかな陽射しの中10月3日に収穫、悪天候により収量は例年の半分となった。約2カ月の樽内自然発酵ののち熟成に入ったが、頑張ったブドウの個性かわずかな残糖の緩徐な発酵が約1年継続。コルクテイントのリスクを最小限にしたい思いからDiamコルク(10年保証)を使用してビン詰めし、さらに14カ月間瓶内で静かに熟成したChardonnayは、未だ微発泡感を残しつつもオーク樽の香りが複雑に絡み合うドライなワインに仕上がっています。(ワイナリーデータ)

https://shop.avin.jp/?pid=159339366

 

 

image (71)

その他のファンキーシャトーワインはこちらから(在庫には限りがございます)

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1547920

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

https://avin.shop-pro.jp/secure/?mode=inq&shop_id=PA01360457

タイトル:ファンキーシャトー と明記ください

 

****************************

ローヌ&プロヴァンスから野生酵母のビオワイン直輸入

Rhone & Provence BIO wine importer Bar aVin/BIO食堂 aVin アヴァン

東京都目黒区目黒本町2−3−1

最寄り駅:東急東横線学芸大学駅・または目黒駅からバスで目黒郵便局前下車徒歩3分

tel.03-6452-4281

 


Château Barbanau(シャトーバルバノ)2021/5/20

 

 

IMG_4339

 

プロヴァンスの中央部コート・ド・プロヴァンスと地中海沿岸のカシーで生物多様性の再生、自然の平衡を取り戻すことを目指しビオディナミ農法を実践する家族経営のワイナリー

 

マルセイユから東に約30キロ、プロヴァンス中央部にあるサント・ボーム山塊(1,042m)の麓、標高約360mのなだらかな丘にブドウ畑が広がる。ワイナリーのあるコート・ド・プロヴァンスに23ヘクタール、先祖から受け継いだ地中海沿岸のカシーに7ヘクタール。生物多様性の再生、自然の平衡を取り戻すことを目指しビオディナミ農法を進めている。

 

テロワール
<コート・ド・プロヴァンス>
コート・ド・プロヴァンスのアペラシオン内で一番西に位置し、標高は約360m、なだらかな丘が連なる23ヘクタールの畑。背後には海を見渡すように巨大な白い崖が聳える。土壌は主に粘土石灰質、シラー、グルナッシュ、サンソー、ムールヴェドル、ロール(ヴェルメンティーノ)を栽培。各区画の間にはこの地方特有のイトスギ、オリーヴ、チェリー、アップル、アーモンドツリーなどの樹々が育てられおり、「チェリーツリーのシラー」「アップルツリーのカベルネ」「イノシシのロール」など動植物にちなんだ名前を付けて呼んでいる。
年間生産本数 100,000本 ( ロゼ 50% / 赤 40% / 白 10% )

<カシー>
地中海に面した7ヘクタールの畑。100年以上前に現オーナーの曾祖父により植えられたブドウも育つ、塀に囲まれた歴史のある区画。海からの風と太陽にこの土地の土壌、という唯一無二のコンビネーションに重きを置き2種類の白ワイン「 Clos Val Bruyère 」「 Kalahari 」を作っている。ここではマルサンヌ、クレレット、ユニブラン、ソーヴィニョン・ブランを栽培。
年間生産本数 20,000本

 

IMG_2614

ワイナリーの歴史
現オーナーであるソフィーの曾祖父Emile Bodin(エミール・ボデン)が1889年頃地中海沿岸カシーの区画 Clos Val Bruyèreでブドウ栽培を始める。ワイナリーの歴史はそれから100年後・・ソフィーと両親はアルプスのスキーリゾートで暮らしていたが、祖父により遺産として残されたわずかなブドウ畑の世話をすることを決意、同じ年シャトーバルバノを購入しセラーを新築するところから始まった。ファーストビンテージは1989年。現在はソフィーの夫とともにワイナリーを営んでいる。

 

Sophie SIMONINI – CERCIELLO ソフィー シモニーニ セルシエロ
文学、マーケティングを勉強後、アルプスでスポーツウエアショップを開業運営、のち1988年にワイン造りについて学ぶためスクールへ戻る。1989年バルバノでファーストビンテージ。野生生物の写真が大好きでアフリカの奥地を歩き回ったこともあるほどアフリカへの愛が強い。

 

Didier SIMONINI ディディエ シモニーニ
生物学を学んだのちDijon大学にてoenology(ワイン醸造学)を学びフランス各地で醸造を行う。1996年にソフィーと結婚、2年後にシャトーバルバノに加わる。鳥類学への興味がある。

 

この土地で1世紀続くこのファミリーヒストリーをいつか娘のジュリエットが受け継いでくれることを願っている。またワイナリーのマスコットであるロバのKalahari(カラアリ)、ポニーのGoogle(グーグル)とゴールデンレトリーバーのDagga-Boy(ダガボーイ)と暮らしている。

 

IMG_2589
マザーアースコンセプト/オーガニックとビオディナミ
従来の農業は土壌を破壊する傾向にあり、有機農業により土壌を守りビオディナミ農業により土壌を生き返らせる有機農業は単に化学物質を拒絶するということだけでなく生物の多様性を再生させる。巨大なブドウ畑を作ることでなく、多種多様な木々や茂みがさまざまな昆虫や動物の育成を刺激したり、自然の平衡を取り戻すことを想像しながら営んでいる。

 

自然というものは美しいし敬意を払うべきこと
自然に対するこの情熱と敬意から有機農業へとシフトし1995年から農薬や殺菌剤の使用をやめる。2008年ヴィンテージよりオーガニック認定を受ける。自然の要素との相乗作用を日々研究することで常に進化し2014年以降ビオディナミ農業へのアプローチを学び実践するために全力を尽くしている。畑ではナチュラルプレパレーション(自然界の調合物)のみを少量使用している。それは僅かながらブドウとその生態系の耐性能力を強化する。人としての介入は地球と月の自然サイクルを考慮し行う。2015年より「Biodyvin」のメンバーとなり正式に認証を得ている。

 

ヴィーガンフレンドリー ”Vegan friendly”
動物への敬意からワイン製造には動物から作られる製品を一切使用しない。清澄はミネラルと植物性添加物により行う。したがってバルバノのワインはベジタリアンやビーガンにも適していると言える。

 

 

IMG_1526

 

 

新着入荷しました。オンラインショップはこちら

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961865


Chateau Revelette (シャトールヴェレット)2021/4/9

プロヴァンス中心部の大自然と土地に魅力されそのテロワールの特徴と純粋さを表現するまさに自然と共生するユニークなワイナリー

 

 

 

エントランス  

 

マルセイユから車で北西へ約1時間、プロヴァンスの古都エクス・アン・プロヴァンスにもほど近いジュク(Jouques)にワイナリーを構える。ブドウ畑やセラーなど生活のすべてがサント・ヴィクトワール自然公園内にあり自然以外のものは見当たらない。畑は標高330~400mで穏やかな斜面が続き約30ヘクタール、主に赤土、粘土石灰質土壌で17区画に分かれており11品種を栽培。コトー・デクサン・プロヴァンスの最北端に位置したこのエリアは夏は乾燥した暑さ、冬は厳しい寒さでマイナス15度になる時もあり昼夜気温差が大きい。アルプスからの影響も受ける大陸性気候。
ルヴェレットの魅力
プロヴァンスでよく見られる、ワイナリーの中に森がある、と言うよりは森の中にワイナリーがあること、自然の中に生かされ守られている人間とブドウ。ブドウのためのビオ・ビオディナミ栽培ではない

 

森、パインツリーなどの木々、花、昆虫、野生動物、土壌、自然界の多様性を活かし、ブドウのためだけでなくお互いに作用しあう関係、共存という意識のもと1990年よりビオ農法をスタート。耕作は春と秋の収穫時期に行い、夏にかけて2〜3ヶ月間は近隣のヒツジを放牧、ヒツジは草を食べフンは肥料にもなり、動物たちとにぎやかに暮らすことでオオカミ避けにもなっている。またイノシシやフクロウからブドウを守るために鳥の鳴き声が出る機器を使用。冬の間は自然に草をはやすことで土壌を守る。ベト病などの殺菌作用としてごくわずかに銅、微量元素(オリゴエレメント)、イラクサとツクシの液肥、海藻液肥、硫黄肥料を使用。ブドウの樹齢は25~60歳。
2018年8月このエリアでヒョウが降り50パーセント近くのブドウを失うという初めての体験があり、気候や天候とともに常に変化が求められている。

 

 

伝統的なセラー、コンクリートタンクルーム、そして現代的な設備、赤・白熟成用にオークバレル。観察やテイスティングを通してヴィンテージごとの特殊性を見極めている。収穫は最良の成熟タイミングで、ブドウの品質や温度管理、気候、天候これらすべてが重要な要素となる。キュベによりごく僅かに亜硫酸塩(酸化防止剤)を添加する以外は添加物なし。

 

グラン・ヴァンシリーズは最上質の区画のブドウを使用。独自性を表現すること。香りを際立たせ調和させるために樽で熟成させたこのシリーズは長期熟成向きで事前に穏やかにデカンタージュすることでも楽しめる。手を加えることなく、わずかな亜硫酸塩の使用または無添加で醸造することでとても飲みやすいワイン。
PUR(ピュ―)シリーズは Product Unique Raisinの略。カリニャン、グルナッシュなど南仏品種で単一ワインとして作ったり、ここでのプロセスをグラン・ヴァンなどに反映させる新しい挑戦の場となっていてユニークさが魅力。
「テロワールを活かすこと。その土壌がユニークなワインをもたらしてくれるから。家族で、みんなで楽しめるものをつくりたい、それだけだよ」

 

 

ピーター フィッシャー
この土地と奥さんに惚れ込んでと語るオーナーのピーター・フィッシャーはドイツ南部のワイン生産地バーデン出身でアメリカで醸造学を学んだ後ローヌ地方に渡りジャン・リュック・コロンボに学ぶ。1985年に奥さん家族が所有していたブドウの木を含むこの土地を事業として引き継いだ。自然と土地、生き方を表現したワイン造りでエネルギーに満ち、愉快な人柄、家族、スタッフの笑顔も輝くプロヴァンスのライフスタイル。現在娘のクララは父の右腕として共に働き、息子はブルゴーニュなどで勉強中。またスペインのプリオラートでもワイナリーを始め新たな挑戦が続く。

 

portrait Peter

 

 

★エクス・アン・プロヴァンス(Aix-en-Provence)
フランスのブーシュ=デュ=ローヌ県の古都。プロヴァンス伯爵領の首都として古くから繁栄し現在は学術・芸術都市としてプロヴァンス地方の観光拠点
★サント・ヴィクトワール山(Montagne Sainte-Victoire)
フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東、市域の南東部に位置、馬の背のように延びる全長18km以上の石灰岩の山で最高点は「ピックデムッシュ」1,011m 

 

 

ピューブラン2019はユニブラン主体。明るいイエローのフレッシュな印象の外観。カリンやよく熟した黄色系果実の香り。爽やかな酸と果実味のバランスが良い飲みやすいワイン

https://shop.avin.jp/?pid=155557664

155557664

 

グランルージュ2017はシラー、カベルネソービニヨン、カリニャン、グルナッシュ、ピノノワールというセパージュ。AOPなどにはこだわらず独自の味わいを求めて最上級区画のブドウの実で作るグランシリーズ!

https://shop.avin.jp/?pid=155557668

155557668

 

ルヴェレットのワインはこちらから

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961790

 

pressing Carignan

 

cabernet sauvignon


Domaine de la Graveiretteグラベレットより2021/1/29

Domaine de la Graveirette(ドメーヌ・デ・ラ・グラヴェレット) より

日本のお客さまに新年の健康と幸せをお祈りします。

 

雪が降ったことから始まった2021年は記憶に残る年の始まりになりました。なぜなら 2010年以来雪を見ていなかったので、私たちのところにも雪が降ってくれたことはとてもうれしいことでした。ぶどう樹と土壌にとっては寒い始まりでしたが、日中は美しい日差しがありました。この時期チーム として6人が作業を助けてくれています。

普段はこの時期に試飲会の準備しますが、今年は「Millésime Bio 2021 Digital」 や「Hopwine」はビデオ会議またはインスタントメッセージによって行われる予定です。

いつか皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

いくつか写真をお送りします。

私たちから日本のお客さまにメッセージをお伝えできることはとてもうれしいです。

 

 

IMG_3008 Photo 08-09-2017 13 46 10

ローヌ南部のビオディナミ農法による生産者
心地よい酸と豊かで複雑味のある個性を感じるワイン作り

 

南ローヌ地方オランジュ、アヴィニョン、カルパントラの間に位置するプロヴァンスの村ベダリッドにワイナリーを構える。東にはモン・ヴァントゥ(標高1912m)西にはシャトーヌフ・デュ・パプの丘陵が広がるエリア。ブルゴーニュ・ボーヌで勉強後、地元組合での経験を積み2005年独立。野生酵母、ビオディナミ栽培、無清澄、無濾過、補酸なし、低SO2(酸化防止剤)
高品質なワインを求めて情熱をもって今日も楽しみながら続けてる。シャトーヌフ・デュ・パプ、コート・デュ・ローヌ、ヴァン・ド・フランスなど様々生産しており、心地よい酸と豊かで複雑味のある個性を感じるワインを作っている。

 

Vins-Julien-Mus

オーナーのジュリアン・ムス

 

graveirette

 

T0918H3 T0119H3

 

T0819H3 T0716H3

 

aVinオンラインショップはこちら

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=2331044

 


Page Top