aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

【黒ブドウ品種】マルスラン Marselan2021/3/4

marselan_une

 

アヴァンでも少し取り扱いがあるマルスランについてちょっと調べてみました。

 

 

フランス国立農学研究所(INRA)でブドウ品種学者ポール・トゥルールにより1961年にカベルネ・ソーヴィニヨンとグルナッシュを交配させできた品種。両親の良い所、洗練されたストラクチャーを持ち、かつ耐熱性、耐病性、高収量のブドウを目指したが、当時の欠点としてひとつ、小さくて厚い皮の実となり房も小ぶりの出来栄え。結果比較的収穫量が少なく、質より量に重点が置かれていたこの時代から約30年間棚上げされ、商業用としてのリリースの可能性は低いと考えられていた。20世紀後半、栽培において粉末状のカビなどのリスクに対して耐性を持ちかつ低収量の品種が評価されるようになりINRAはマルスランを奨励、ようやく商用の承認を得て1990年にブドウ品種として正式に登録される。

 

現在は主に南仏ラングドック地方で栽培、また南ローヌとプロヴァンス(ボルドーも?)、アメリカ、中国、ウルグアイ等でも栽培される。南仏の作り手は主にシラー、ムールヴェドル、カリニャンなどの地元の品種とブレンドするがマルスラン100%のワインもある。マルスランの名は最初に栽培されたベジエとモンペリエの間に位置するフランス沿岸の町マルセイヤン(Marseillan)が由来。

 

味わいは滑らかで柔らか、ラズベリー、ブラックベリー、ブラックチェリー、ブルーベリー、プラムなどのアロマ、シナモンとクローブのスパイシーなノートを伴う。酸味は良くタンニンは柔らか。
まだまだ発展途中のこの品種、どのテロワールが適しているかなど最良の方法を見つけるには時間がかかるよう・・勉強がてらアヴァン直輸入のマルスランを飲みつつ海外のサイトを色々と参照してみました。

 
南ローヌよりマルスラン100%のワイン在庫少しあります。

 

VdFルージュ マルスラン サン スルフィート アジュテ 2019 / グラヴェレット
※添加SO2量ほぼなし
https://shop.avin.jp/?pid=155557661

 

Domaine de la Graveirette(グラヴェレット)

ローヌ南部のビオディナミ農法による生産者
心地よい酸と豊かで複雑味のある個性を感じるワイン作り

 

aVin オンラインショップにて販売中です。

 

 


南仏の代表的なブドウ品種2021/1/21

南フランスで栽培される多様なブドウ品種についていくつか見てみましょう。

 

黒ブドウ品種

grosnoreAkaBudo

(ドメーヌ グロノレ ムールヴェドル品種)

 

<Grenache noir  グルナッシュノワール>

グルナッシュ
中世にイベリア半島東部から地中海沿岸を支配していたアラゴンが原産の品種、スペインではガルナッチャと呼ばれる。フランスではローヌ南部、プロヴァンス地方で多く栽培され病気に弱い品種だがミストラルと呼ばれる北風によりその病気から守られているためこの土地に適している。果粒は小さく、暑さと乾燥に強い。赤ワイン、ロゼワインが作られる。色調は薄いものから深みのある色、酸味が低めで若くして楽しめるワインもあるし、力強く芳醇な長期熟成型の高貴なワインもあり、作り手の哲学やエリア、土壌によって様々な表情を持つ。赤い果実やプラム、スパイスのアロマを持ち、熟成させるに従い、モカ、チョコレート、タバコを思わせるアロマを生み出す。

グルナッシュノワールのワインはこちら

Grenache_mini

 

<Syrah  シラー>
ローヌ地方北部で古くから栽培されている品種で、近年フランスにおけるシラー種の栽培は大幅に高まっており、ローヌ河流域からラングドック地方、プロヴァンス地方、ルシヨン地方へと拡がっている。粘土質と花崗岩土壌の酸化鉄を含んだ土壌に適している。特に、北ローヌのコート・ロティの急斜面の痩せて乾いた土壌でよく育ち、北ローヌの気候が非常に適していると言われている。
収穫量の少ない成熟期の遅い性質だが、グルナッシュやムールヴェドルよりも熟期は早い。成熟させるには十分は日照が必要。単一品種あるいはグルナッシュなどとブレンドされる品種。
深みのある濃い黒紫色、黒胡椒やブラックオリーヴのようなスパイシーな香りが特徴。酸味もタンニンもバランスよく持ち合わせた長期熟成型の重厚なワインとなる。

シラーのワインはこちら

 

 

<Mourvedre  ムールヴェドル>

スペイン原産で、南ローヌ地方、プロヴァンス地方、ラングドック地方で栽培される。
ゆっくり成熟する品種で、温暖な気候を必要とするため、フランスではプロヴァンス地方のカシス、バンドールなどのぶどう畑が栽培適地としての歴史を持っている。石灰質の土壌を好む。
収穫量は低い品種だが、締まったタンニンをもつ濃厚なワインを生み出す貴重な品種である。
深みのある色合いを持ち、バンドールのワインのように、熟成にも向いている。ブラックベリーを想わせる豊かな果実香が特徴で、熟成すると、なめし革やスパイシーな香りが出てくる。ワインに骨組みを与えたり、バランスのとれた味わいを出すため、アサンブラージュに使用されることも多い。赤ワイン、ロゼワインに使用される。

ムールヴェドルのワインはこちら

mourvèdre4_mini

 

<Cinsaut  サンソー>

ローヌ地方、ラングドック地方、ルーション地方の他、北アフリカ、コルシカ、オーストラリア、イタリア南部、レバノンでも栽培されている。温暖な気候を必要とし、乾燥や強風には強い。ローヌ地方のシャトーヌフデュパプでは1980年代以降次第に栽培が減少し、2009年時点では全体の2.6%ほどとなった。収穫量を抑えた栽培と醸造技術により、程よい酸、タンニンは低め、濃い色調で、香り、バランスのとれた特徴的なワインを生み出す。ローズ、アーモンド、イチゴのアロマが感じられる。痩せて乾いた土壌が適したこの品種は、 グルナッシュやシラーとのアサンブラージュに用いられ、グルナッシュの高いアルコール度とカリニャンの収斂性とのバランスの上に、 しなやかさを持つ赤ワインを生み出している。プロヴァンス地方や地中海沿岸では、ロゼワインにも使用される。

cinsault grape 3_mini

 

<Carignan カリニャン>

スペイン原産の品種で、今はプロヴァンス地方やローヌ地方で多く栽培されている。活発な品種で栽培地域にもよるが収穫は9月後半~10月後半と成熟はゆったりとしている。十分な暖かさを必要とし 暑くて乾燥した丘の中腹での栽培が理想的とされる。やせた土壌、丘の中腹で育ったブドウはタンニンが豊富な美しい色のワインとなる。一般的には他の品種とブレンドされることが多い品種ながら、カリニャンのみで作られるワインも魅力的。

カリニャンのワインはこちら

Carignan1_mini

 

<Counoise クノワーズ>
プロヴァンス原産と考えられており、ローヌ地方やラングドック地方以外ではカリフォルニアやワシントンで栽培されている。ローヌ地方のAOCシャトーヌフデュパプのワインとして使用可能な13品種のひとつだが、そのエリアでのブドウ栽培量は全体の0.4%のみ。高い酸度、黒コショウなどのスパイスの香りを活かしアサンブラージュして使われることが多い。深い赤紫色、フローラルなニュアンスを持ちリッチでスパイシーな香り。

 

<Marselan マルスラン

1961年にフランス国立農学研究所(INRA)でカベルネ・ソーヴィニヨンとグルナッシュを交配させできた品種。主に南仏ラングドック地方、南ローヌ、プロヴァンスで栽培。シラー、ムールヴェドル、カリニャンなどの地元で生産される品種とブレンドされることが多いがマルスラン100%のワインもある。マルスランの名は最初に栽培されたフランス沿岸の町マルセイヤン(Marseillan)が由来。味わいは滑らかで柔らか、ラズベリー、ブラックベリー、ブラックチェリー、ブルーベリー、プラムなどのアロマ、シナモンとクローブのスパイシーなノートを伴う。酸味は良くタンニンは柔らか。

 

マルスランのワインはこちら

 

marselan_une

 

 

 

******************************************

白ブドウ品種

Ugni_mini

(シャトールヴェレット ユニブラン)

 

 

<Viognier ヴィオニエ>

ヴィオニエ発祥の地は北ローヌのコンドリュ村とその周辺丘陵地でわりと最近まではこの地域にのみ植えられていた。伝説によればヴィオニエはダルマチア(クロアチアのアドリア海沿岸地域一帯)起源で、皇帝マルクス・アウレリウス・プロブスによりフランスに持ち込まれたとのこと。1960年代初めまでは地元以外では知られておらず、フィロキセラによりそのほとんどが死滅したが、その後作り手たちの努力により徐々に栽培が回復、品種の独特な魅力が名声となり南フランスや海外でも栽培されるようになった。

痩せた土壌、粉末状の花崗岩、雲母、まばらな石灰岩、また日照りが非常に強く、南・南西向きの丘陵地帯や高台で良く育つがとりわけ多産なブドウ品種ではない。栽培や醸造が難しい品種ながら、エキゾチックでとても魅力的なワインとなる。香りは印象的でスパイシーさもあり味わい深く長い余韻、滑らかで、よく熟した、フルボディでスタイルのある白ワイン。黄色い果実(マンゴー、ナシ、モモ)、春の花(スミレ、アイリス、アカシア)、ムスクとスパイス、炒ったヘーゼルナッツやアーモンドなどの香りが特徴。

すぐに楽しむことができる白ワインで、Condrieu(コンドリュ)は2、3年待って一層華やかさやエキゾチックな味わいを、Château-Grillet(シャトーグリエ)は12~18ヶ月樽熟成されおり瓶詰後から魅力的。隣接するCotes-Rotie(コートロティ)の赤ワインにスミレのニュアンスを与えるための成分としても使われている。おすすめマリアージュはグリーンアスパラガス、リオン伝統料理クネルのナンチュアソース、パイ、ザリガニ料理、リゴット・ドゥ・コンドリュやピコドン・デ・ラ・ドロームチーズ、アーモンドガレット、寿司、牡蠣など。

ヴィオニエのワインはこちら

 

 

<Grenache Blanc グルナッシュブラン>

スペイン北部が原産でガルナッチャとも呼ばれるグルナッシュノワールの突然変異の品種で、フランス南ローヌ地方、ルーション地方、スペイン北東部で栽培されている。ローヌ地方シャトーヌフデュパプやコートデュローヌの白ワインではメイン品種としても使われ、赤ワイン、ロゼワインとのアサンブラージュにも使われる。ソフトネスとフレッシュネスを備える。若い時期に飲まれることが多い。収穫量を抑え、果皮を漬けてのマセレーション、オークバレルを使用し熟成、発酵などにより、ヴィオニエやマスカットのようなアロマティックで、穏やかな酸のある豊かなワインとなる。

グルナッシュブランのワインはこちら

 

<Clairette Blanche クレレットブランシュ>

南フランスで最も古い品種のひとつ、地中海エリアで代表的なクレレットブランシュ。南ローヌのシャトーヌフ・デュ・パプではグルナッシュブランに続き2番目に多く栽培されている。乾燥し痩せた石灰岩土壌に適していると言われ、現在は南アフリカ、オーストラリア、イスラエル等でも栽培されている。

ブドウの房は円柱・円錐形で中程度の大きさ。芽かきを丁寧におこなうことにより適切な収量がを保つことが肝心。ワインはフルーティーで、アルコール度は高く酸は少なめ、後味にはやや苦味を感じられる。大量生産のような作り方の場合には酸化しやすくなり最初の1年が飲み頃とされるが、ブドウに適した土壌と収量を抑えるなど熟練した技術により魅力的なワインが作られる。ブドウの果肉はとてもジューシー。

ワインはすっきりした後味、フルーティ、フローラルさを持ち、フェネル、リンゴ、ライム、アプリコットやピーチの香り。クレレットブランシュ単独で醸造されたり、北ローヌのディーではこの品種主体のスパークリングワインも作られる。他品種とブレンドされることも多い。シャトーヌフ・デュ・パプでは赤ワインにもアサンブラージュに使用される。

クレレットブランシュのワインはこちら

 

 

 

<Bourboulenc ブールブラン>

ギリシア原産と考えられている品種で数世紀に渡りローヌ地方で栽培されてきた。現在は南フランス、ラングドック地方、ローヌ地方に多い。十分な日照が必要とされ、成熟も遅い。アルコール度は低く、フレッシュでフローラル。若い時期に飲まれることが多い。多くの場合多品種とのアサンブラージュに使用され、グルナッシュブランだけでなく、クレレットやルーサンヌ、また赤ワインともブレンドされる。

 

 

もっと知りたいブドウ品種

→TOPページ上部からarticle(記事)→右下Category(カテゴリー)→南仏ブドウ品種へ

https://avin.jp/category/grape_varieties


【黒ブドウ品種】ムールヴェドル Mourvèdre2019/2/23

Mourvèdre

AN ORIGINAL GRAPE VARIETY WITH A BRIGHT FUTURE…
A grape of mysterious origins, long regarded as a secondary variety, Mourvèdre is now widely cultivated in the southern Rhone Valley on sun-drenched south-facing slopes. Robust, of unequalled warmth and generosity, it yields wines that are powerful, full-bodied, strong in tannins, yet very stylish. Undoubtedly, it still has some surprises up its sleeve… and since 2002 has had its own fan club, the “Conservatoire du cépage Mourvèdre”.

独創的なブドウ品種
ムールヴェドルは長い間補助品種とみなされていました。神秘的な起源を持つこのブドウ、現在は南ローヌ渓谷において日差しの強い南向き斜面で広く栽培されています。強い日光そして比類のない暑さが、力強く、タンニンの強いフルボディタイプのワインとなり、またスタイリッシュなワインが作られています。まだまだ知られざる魅力を持つこのブドウ品種、2002年より独自の ムールヴェドル研究機関 ”Conservatoire ducépage Mourvèdre” で原種の保存やクローンなどの研究が進められています。

 

 

IN THE GLASS
A strong PERSONALITY
Though often underestimated, Mourvèdre has a strong personality, yielding wines that are deeply coloured, full-bodied and well-structured. Its tannins, tight in texture and long-lasting, are ideal for making red wine. Young Mourvèdre wines are rich in notes of pear and black berry fruits (blackcurrant, blackberry), with hints of the garrigue and of bay laurel. As they age (around five years old), they develop a more rounded personality with more complex flavours. It is then possible to detect hints of truffle, leather, jammy fruit flavours (plum, blackberry and blueberry), as well as attractive scents of wild game and spices. When used for making rosé wines, the Mourvèdre grape prolongs their freshness and enhances flavour.

イン・ザ・グラス その個性
過小評価されることも多いこのムールヴェドルですがとても個性的。深みのある濃厚な色合いでフルボディ、骨格の整ったワインが作られています。しっかりとしたタンニンは、熟成時の酸化による劣化からも守ってくれる役割もあり、赤ワインには理想的。若いうちのムールヴェドルのワインは、セイヨウナシや黒系のベリーフルーツ(クロフサスグリ、ブラックベリーなど)の香りが豊かで、ガリーグ(南フランス特有のハーブの茂る灌木地帯)やローリエのニュアンスも感じられます。一般的には5年ほどの熟成により複雑な味わいに、また丸みも帯びてきます。トリュフ、革、フルーツジャム(プラム、ブラックベリー、ブルーベリー)、ジビエやスパイスの魅力的な香りが感じられるでしょう。この品種は赤ワインのほか、ロゼワインにも使われ、フレッシュネスさを保ちつつ豊かな味わいがチャーミングです。

 

AND THE SOIL
A mysterious HISTORY
The history of Mourvèdre is shrouded in mystery (there are vague references to it going back four centuries), but it would seem to have come to us from Spain. It is thought to have links with the Mataro grape, which is widely grown there, especially in Catalonia. Its French name may derive from the village of Murviedro, located in the province of Valance. The only thing we know for certain is that it was always grown in the south/south-east of France, and it was far more widely cultivated before the phylloxera crisis. To see it growing in the Rhone vineyards, you would do well to go to the Châteauneuf-du-Pape and Beaumes de Venise areas…

土壌、ミステリアスな歴史
ムールヴェドルの歴史ははっきりしていませんが、4世紀にさかのぼるといも言われています。スペインから南フランスへともたらされ、スペイン、特にカタルーニャ地方で広く栽培されているマタロ種とのつながりがあり、フランス語名である「ムールヴェドル」は、スペインのバレンシア地方にある村名 ”Murviedro” から来ているとのであろうと考えられています。唯一言える確かなことと言えば、この品種は常にフランス南部・南東部で栽培され、フィロキセラ危機以前ははるかに広く栽培されていたということ。ローヌ地方のブドウ畑でこの品種を見るならChâteauneuf-du-Pape(シャトーヌフ・デュ・パプ)やBeaumes de Venise(ボーム・ド・ヴニーズ)エリアに行くのがいいでしょう。

 

TAKING A STROLL
Rough and ready, but GENEROUS
Mourvèdre has an upright growing habit and the grapes are thick-skinned. The clusters are compact, medium to large in size, conical in shape, narrow and often winged. The individual berries are of medium size, spherical, bluish black and thick-skinned. The luscious flesh is juicy with a pungent flavour. An unusual feature of this variety is that the buds break very late and the grapes take time to ripen. They need a great deal of warmth and sunlight over a long period. The vine is vigorous, adapting well to poor soils, and tolerates the strong southern winds. It can yield heavily, and requires carefully controlled pruning.

畑に出て散歩  ラフで寛容
ムールヴェドルは直立し成長する性質があります。房はぎゅっと密集し中〜大サイズ、円錐形で、横への広がりは少なくしばしば翼のような形状をしています。果実の大きさは中程度で丸く、青みがかった黒色、厚い皮。果肉はジューシーで舌や鼻を刺激する味わいがあります。この品種の珍しい特徴は、発芽が非常に遅くブドウが熟すまでに時間がかかること。長期的な暖かさ(気温)と非常に高い日照量が必要とされます。ブドウ樹は強健で、痩せた土壌にうまく適応し強い南風にも負けません。生産量が多くなりがちですが、丁寧に剪定しながら収量をコントロールすることがカギとなります。
INTER RHONE データ参照

 

ムールヴェドルを使ったワインはこちら

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1806072

 

mourvedre2


【白ブドウ品種】クレレットブランシュ Clairette Blanche2019/1/29

Clairette

GENERAL CHARACTERISTICS

 

Clairette is one of southern France’s oldest grape varieties, typical of the Mediterranean region. Its cylindrical/conical clusters are of medium size. The flesh of the grape is especially juicy. The vine is well adapted to dry, infertile limestone soils. Clairette can be vinified on its own or blended with other grape varieties. It needs to be pruned hard to get a good yield. The grapes produce a fruity wine, high in alcohol content and low in acidity. The finish is slightly bitter. As the wine maderises (oxidises) quickly, it is best drunk within the first year.

 

特徴
クレレット・ブランシュは南フランスの最も古いブドウ品種のひとつ、地中海エリアで代表的なブドウ品種です。ブドウの房は円柱・円錐形で中程度の大きさ、ブドウの果肉は特にジューシー。ブドウの木は乾燥し痩せた石灰岩土壌によく適しています。 単独で醸造されたり、他の品種とブレンドされることもあります。芽かきを丁寧におこなうことにより適切な収量が保たれます。ワインはフルーティーで、アルコール度は高く酸は少なめ、後味にはやや苦味を感じられます。大量生産のような作り方の場合には酸化しやすくなり最初の1年が飲み頃とされますが、ブドウに適した土壌と収量を抑えることで魅力的なワインが作られています。

WINE-MAKING POTENTIAL

 

Wines made from this grape are characterised by flavours of fennel, apple, lime, apricot and peach.
クレレット・ブランシュから作られるワインの特徴は、フェンネル、リンゴ、ライム、アプリコットやモモの香りです。

 

***********************

この品種のワインを探す

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961640

***********************

 

INTER RHONE データ参照
clairette basket truck


【黒ブドウ品種】シラー Syrah2019/1/15

syrah

WHAT CLASS !

With such an attractive name, this grape was for a long time believed to have originated in Persia, Syria, or perhaps Syracuse. However, recent analyses have shown its roots to be in Savoy and the Ardèche. A low-yielding variety, rare and highly prized, Syrah is grown exclusively on soils suited to its cultivation. A Southern girl, it is spicy in character with delicious hints of violet, well expressed in the Rhone wines its produces, which are both stylish and complex. Encounter…
この魅力的な名前を持つブドウ、長い間ペルシャやシリア、またはおそらくシラクーザ(イタリア・シチリア島)が起源と考えられていました。しかし最近の分析によると、フランス国内のサヴォワ(北ローヌエリアの北東部、イタリアとの国境も近い)とアルデーシュ(北ローヌの町ヴァランスやモンテリマールの西側エリア、ローヌ川右岸)がそのルーツと示されています。低収量品種で希少価値が高く、シラーはその栽培に適した土壌が必要とされます。南フランスのシラー、それはスミレのニュアンスを感じるスパイシーなキャラクター、スタイリッシュさと複雑さを持つローヌワインによく表現されています。飲みたくなってきたでしょう!

 

 

A grape of REPUTE

Black, peppery, well-structured: Syrah is a grape with a well-established reputation. It produced wines of deep colour that are full of flavour, high in alcohol and stylish, albeit robust in structure. High in tannins and low in acidity, Syrah wines are therefore ideal for aging. The reds are fruity in flavour (red and black berry fruits: raspberry, gooseberry, blueberry, blackberry), with floral notes (violet, mignonette) and hints of spice (truffle, pepper, liquorice, menthol). The grape also produces some nice fruity rosés. As it ages, the characteristic violet nose develops more complex notes, including musk, truffle, leather, pepper and licorice…

名高きブドウ品種
黒い色合い、コショウのニュアンス、しっかりとしたストラクチャー。シラーは定評のあるブドウ品種です。がっちりとした骨格ではあるが、味わい豊かでアルコール度が高くスタイリッシュで、深みのある色合いのワインを生みだします。酸はおだやか、力強いタンニンによって、シラーのワインは熟成に向いています。赤ワインは赤や黒系のベリーフルーツ(ラズベリー、セイヨウスグリ、ブルーベリー、ブラックベリー)を感じるフルーティな味わいで、スミレやモクセイソウなどのフローラルなノートに、トリュフ、コショウ、甘草、メントールなどのスパイスのニュアンスが感じられます。ワインが熟成するにつれ、この特徴的なスミレの香りがムスク(じゃ香)、トリュフ、なめし革、コショウ、甘草などの芳香をまとい、より一層複雑な表情を魅せてくれるでしょう。またシラーでは素晴らしいロゼワインも作られています。

 

And the SOIL

Syrah is one of the red-grape varieties most characteristic of the northern part of the Côtes du Rhône wine-growing area. Because of its rarity, it is used only to produce some of the great wines. It is, however, grown all around the world, covering a total area of 140,000 hectares, in such far-flung countries as Argentina, South Africa, the USA (California), Chile, New Zealand and Mexico. In Australia, it goes by the name of Shiraz.
土壌
シラーは、コート・デュ・ローヌ北部のブドウ栽培エリアにおいて最も特徴的な赤ブドウ品種の1つとされています。その希少性ゆえに、このエリアを代表する素晴らしいワインに使用されています。現在では、アルゼンチン、南アフリカ、米国(カリフォルニア)、チリ、ニュージーランド、メキシコなど遠く離れた国々をはじめ世界中、約14万ヘクタールで栽培される品種となりました。オーストラリアでは、シラーズと呼ばれています。

 

A stroll through our VINEYARDS

To discover the Syrah vine, take a stroll through our vineyards! It puts forth attractive shoots, which are fragile and downy when young, and tender green leaves. When full-grown, the leaves have five lobes. The grapes are small to medium in size, silky smooth and deep purple in colour.

ブドウ畑を散策
若いうちは華奢で柔らかなかわいらしい芽を出し、柔らかいみどりの葉をつける。完全に生長すると葉には5つの裂片が見られる。実の大きさは小から中サイズ、絹のような滑らかで濃い紫色です。

 

INTER RHONE データ参照

 

ローヌのブドウ品種について見てみよう

http://avin.jp/category/rhone-provence-wine

 

****************

北ローヌの名手ジョルジュ・ヴェルネ

コートロティ、サンジョセフもあります。

アヴァンネットショップはこちら

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1673539

 


Page Top