aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Gros Noré (グロノレ)チャート 1997 – 20162021/11/14

_MG_9538

プロヴァンス地方バンドール ドメーヌ・デュ・グロノレからロゼ、赤ワイン入荷です。2017年に20周年を迎えたバンドールでは比較的新しいワイナリー。これまでのヴィンテージを振り返りながら日々の進化を辿ります。

 

1997年  アルコール度数は低め、 除梗なし。飾り気のない素朴な味わい

 

1998/1999/2000年 1997年より同様の醸造プロセスで素朴さが特徴として続く
2001年 アラン・パスカルはこの年一部のブドウの除梗を決める。冬は寒く12月から3月の間発酵が止まる

 

2002年 収穫中の大雨により日差しは少なめ、結果軽めのワインとなったがこれもまたこれまでのヴィンテージに並んで評価に値することに気づき、 何が良いバンドールワインを生むのか見解を再検討し始めるきっかけとなった

 

2003年 非常に乾燥した天候であったがなお土には十分な水が残っていた。僅かな梗を再導入。非常に複雑なワイン

 

2004年 天候は暑く一層乾いていた。ビロードのような滑らかなワイン、アルコール度数は高め。この年より酵母の添加なし

 

2005年 気温は非常に高く暑かったが、非常に暑かった過去2年よりはブドウは残っていた。酵母の添加なし。完全除梗

 

2006年 2001年同様に途中発酵が止まったが再び発酵することはなし。  ワインはいつもより甘みがあった

 

2007年 非常に良い天気、醸造方法がはっきりしてきた。 新しい醸造家と一緒に仕事を始める

 

2008年 1年を通して雨が多くワインは少し軽めとなった。 母親の名前を付けたキュベ・アントワネットを作るようになる。AOCバンドールではムールヴェドル種が最大95%と制限があるが100%に近い割合で作る

 

2009年 非常に暑い天候によるフルボディな仕上がり

 

2010年 皮肉なほどの土っぽさと豊かなタンニン、長い余韻

 

2011年 フルボディ、しっかりとしたストラクチャー、申し分ない果実味

 

2012年 しっかりした骨格のあるワインでタンニンを感じる

 

2013年 非常に優れたストラクチャーでフルボディ、バンドールで熟成させるべき最も優れたワインとして選ばれる

 

2014年 完全除梗。フルボディ、酸味と果実味のバランス良く力強いワイン

 

2015年 これまでにない素晴らしい天候に恵まれすべて順調。高品質のロゼができた

 

2016年 ストラクチャーがありバランスの良いワイン。とても華やかなロゼで香り豊か、ストロベリーのノート

 

 http://avin.jp/wineries/grosnore

 

1997: lower alcohol level, grapes and stems were all kept, more rustic wine.
1998/1999/2000: followed the same way of winemaking than 1997. The wines kept their rustic characteristic.
2001: Alain Pascal took the decision to take off some stems, the winter was cold and the fermentation stopped to start again from December to March. 
This new way to not keeping all the stems marked a significant change for the Gros’ Noré wines.
2002: the light was lighter due to heavy rains during the harvest. Alain Pascal found that a lighter wine can be appreciated as much his previous vintages. Started to re-think his view on what makes a good Bandol.
2003: the weather was very dry but still enough water was present in the soil, reintrodution of very tiny parts of stems attached to the bays. Very complex wine.
2004: The weather was also hot and more dry. Very velvety wine but heavier in alcohol. From this year no more yeast added.
2005: The temperatures were also really hot but because of the pas two hot years more grapes were left. No yeast added and no stems kept.
2006: the fermentation stopped as observed in 2001, but didn’t start again, a little bit of 2007 was added to start again the fermentation. The wine was sweeter.
2007: very nice weather, Alain Pascal way of winemaking became clearer. Started to work with a new oenologue.
2008: More rain through the year, the wine was a bit lighter. Started to blend Cuvée Antoinette(the name of his mother), almost 100% Mourvèdre as 95% being the limit for Bandol appelation.
2009: full body due to a very hot weather.
2010: Irony earthiness and full tannins. Long finish.
2011: full bodied, considerable structure and beautifully on the fruit.
2012: Firm, structured, tannic mouth.
2013: very well structured, full bodied, was elected best vin de garde (wine to keep ageing) in Bandol.
2014: No stems kept, very full bodied and powerful, good balance between the acidity and the fruits.
2015: best wether ever seen, incredibly regular. Very good year for rosé.
2016: Well structured and balanced. Very flowery rosé, a lot of perfumes, strawberry notes.

Thanks to Pascale Parodi, Gros’ Noré import manager for her visit and these comments and informations.

 

 

19250087_10158814067895291_2088895921_o

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.3

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.6

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.9

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.10

 

19401525_10158814069060291_1474932222_o

 

 

_MG_9541

2017年の20周年パーティではこれまでのビンテージが勢ぞろいし来訪者に振舞われた。

 

 

 


Page Top