aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Château Barbanau(シャトーバルバノ)2021/5/20

 

 

IMG_4339

 

プロヴァンスの中央部コート・ド・プロヴァンスと地中海沿岸のカシーで生物多様性の再生、自然の平衡を取り戻すことを目指しビオディナミ農法を実践する家族経営のワイナリー

 

マルセイユから東に約30キロ、プロヴァンス中央部にあるサント・ボーム山塊(1,042m)の麓、標高約360mのなだらかな丘にブドウ畑が広がる。ワイナリーのあるコート・ド・プロヴァンスに23ヘクタール、先祖から受け継いだ地中海沿岸のカシーに7ヘクタール。生物多様性の再生、自然の平衡を取り戻すことを目指しビオディナミ農法を進めている。

 

テロワール
<コート・ド・プロヴァンス>
コート・ド・プロヴァンスのアペラシオン内で一番西に位置し、標高は約360m、なだらかな丘が連なる23ヘクタールの畑。背後には海を見渡すように巨大な白い崖が聳える。土壌は主に粘土石灰質、シラー、グルナッシュ、サンソー、ムールヴェドル、ロール(ヴェルメンティーノ)を栽培。各区画の間にはこの地方特有のイトスギ、オリーヴ、チェリー、アップル、アーモンドツリーなどの樹々が育てられおり、「チェリーツリーのシラー」「アップルツリーのカベルネ」「イノシシのロール」など動植物にちなんだ名前を付けて呼んでいる。
年間生産本数 100,000本 ( ロゼ 50% / 赤 40% / 白 10% )

<カシー>
地中海に面した7ヘクタールの畑。100年以上前に現オーナーの曾祖父により植えられたブドウも育つ、塀に囲まれた歴史のある区画。海からの風と太陽にこの土地の土壌、という唯一無二のコンビネーションに重きを置き2種類の白ワイン「 Clos Val Bruyère 」「 Kalahari 」を作っている。ここではマルサンヌ、クレレット、ユニブラン、ソーヴィニョン・ブランを栽培。
年間生産本数 20,000本

 

IMG_2614

ワイナリーの歴史
現オーナーであるソフィーの曾祖父Emile Bodin(エミール・ボデン)が1889年頃地中海沿岸カシーの区画 Clos Val Bruyèreでブドウ栽培を始める。ワイナリーの歴史はそれから100年後・・ソフィーと両親はアルプスのスキーリゾートで暮らしていたが、祖父により遺産として残されたわずかなブドウ畑の世話をすることを決意、同じ年シャトーバルバノを購入しセラーを新築するところから始まった。ファーストビンテージは1989年。現在はソフィーの夫とともにワイナリーを営んでいる。

 

Sophie SIMONINI – CERCIELLO ソフィー シモニーニ セルシエロ
文学、マーケティングを勉強後、アルプスでスポーツウエアショップを開業運営、のち1988年にワイン造りについて学ぶためスクールへ戻る。1989年バルバノでファーストビンテージ。野生生物の写真が大好きでアフリカの奥地を歩き回ったこともあるほどアフリカへの愛が強い。

 

Didier SIMONINI ディディエ シモニーニ
生物学を学んだのちDijon大学にてoenology(ワイン醸造学)を学びフランス各地で醸造を行う。1996年にソフィーと結婚、2年後にシャトーバルバノに加わる。鳥類学への興味がある。

 

この土地で1世紀続くこのファミリーヒストリーをいつか娘のジュリエットが受け継いでくれることを願っている。またワイナリーのマスコットであるロバのKalahari(カラアリ)、ポニーのGoogle(グーグル)とゴールデンレトリーバーのDagga-Boy(ダガボーイ)と暮らしている。

 

IMG_2589
マザーアースコンセプト/オーガニックとビオディナミ
従来の農業は土壌を破壊する傾向にあり、有機農業により土壌を守りビオディナミ農業により土壌を生き返らせる有機農業は単に化学物質を拒絶するということだけでなく生物の多様性を再生させる。巨大なブドウ畑を作ることでなく、多種多様な木々や茂みがさまざまな昆虫や動物の育成を刺激したり、自然の平衡を取り戻すことを想像しながら営んでいる。

 

自然というものは美しいし敬意を払うべきこと
自然に対するこの情熱と敬意から有機農業へとシフトし1995年から農薬や殺菌剤の使用をやめる。2008年ヴィンテージよりオーガニック認定を受ける。自然の要素との相乗作用を日々研究することで常に進化し2014年以降ビオディナミ農業へのアプローチを学び実践するために全力を尽くしている。畑ではナチュラルプレパレーション(自然界の調合物)のみを少量使用している。それは僅かながらブドウとその生態系の耐性能力を強化する。人としての介入は地球と月の自然サイクルを考慮し行う。2015年より「Biodyvin」のメンバーとなり正式に認証を得ている。

 

ヴィーガンフレンドリー ”Vegan friendly”
動物への敬意からワイン製造には動物から作られる製品を一切使用しない。清澄はミネラルと植物性添加物により行う。したがってバルバノのワインはベジタリアンやビーガンにも適していると言える。

 

 

IMG_1526

 

 

新着入荷しました。オンラインショップはこちら

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961865


欧州料理教室キュイジーヌ ドゥ ユタカ2021/5/14

アヴァンのワインが飲めるお店   – 番外編 –

 

料理教室やワイン会などを主宰する「欧州料理教室キュイジーヌ ドゥ ユタカ」

舘野豊シェフにはアヴァンのワインとのマリアージュをご提案いただいております。

 

シェフのプロフィールやサービス一覧はこちらから
https://www.cuisinedeyutaka.com

 

 

一例として

 

乾杯用の前菜とは
「クレマン・ド・ディー ブリュットキュベ・イコン2015 / ジャイアンス」

 

IMG_9361ユタカ

中央写真左から時計回りに)
“アスパラのムースと赤海老のタルタル トマトのコンソメジュレ”
“砂肝とじゃがいものシュークルート”
“自家製パン”
“鰯のレモンマリネ” と “和山椒のサブレと新玉葱のコンディモン”

 
“軽く燻製したオーロラサーモンのミキュイ クレソンと新玉葱のサラダ 蕗のとうのピストゥーソース” とは
「VdFブラン “プレザージュ” 2015 / グラヴェレット」

 

“ラムタンと新牛蒡のコンフィ りんごのチャツネと黒胡椒のアクセント” とは
「VdF ルージュ メメント2013 / グラヴェレット」

 

5A4382CB-0A42-4D01-B4CC-069A22EB4E8E

左)お魚の前菜    右)お肉の前菜

 

 

お魚のメイン

“ソイと帆立貝のシューファルシ ビスクソース” とは
「コンドリュ 2017 / フランソワ デュマス」

 

IMG_9360 2 IMG_9134

 

 

お肉のメイン

“モンドール・仔羊の胸腺・ポワロー・筍のグラタン”
“仔羊骨付き背肉の塩釜焼き、古座川ジビエ鹿の芯玉肉のロースト プルーンと赤ワインのソース“ とは
「コートロティ ナチュール2017 / メゾン・ステファン」

 

IMG_9379

 

 

デザート

“テリーヌ ド ショコラ 抹茶 デコポンのアイスクリーム コーヒーのチュイル” とは
「クレレット・ド・ディ レ・オー・ドュ・デス 2018」

 

7B0D258A-899A-4BB9-8626-5BD02DBC8C4F IMG_9164 (1)

 

 

 

IMG_9145

「欧州料理教室キュイジーヌ ドゥ ユタカ」舘野豊シェフ

 

次回、舘野シェフのローヌワイン会の日程はアヴァンFBやHP、メルマガでご案内します。

メルマガ登録はこちら

 

aVin Facebook account

https://www.facebook.com/avin.jp

 

アヴァンオンラインショップ

https://shop.avin.jp/

 

 


Chateau Revelette (シャトールヴェレット)2021/4/9

プロヴァンス中心部の大自然と土地に魅力されそのテロワールの特徴と純粋さを表現するまさに自然と共生するユニークなワイナリー

 

 

 

エントランス  

 

マルセイユから車で北西へ約1時間、プロヴァンスの古都エクス・アン・プロヴァンスにもほど近いジュク(Jouques)にワイナリーを構える。ブドウ畑やセラーなど生活のすべてがサント・ヴィクトワール自然公園内にあり自然以外のものは見当たらない。畑は標高330~400mで穏やかな斜面が続き約30ヘクタール、主に赤土、粘土石灰質土壌で17区画に分かれており11品種を栽培。コトー・デクサン・プロヴァンスの最北端に位置したこのエリアは夏は乾燥した暑さ、冬は厳しい寒さでマイナス15度になる時もあり昼夜気温差が大きい。アルプスからの影響も受ける大陸性気候。
ルヴェレットの魅力
プロヴァンスでよく見られる、ワイナリーの中に森がある、と言うよりは森の中にワイナリーがあること、自然の中に生かされ守られている人間とブドウ。ブドウのためのビオ・ビオディナミ栽培ではない

 

森、パインツリーなどの木々、花、昆虫、野生動物、土壌、自然界の多様性を活かし、ブドウのためだけでなくお互いに作用しあう関係、共存という意識のもと1990年よりビオ農法をスタート。耕作は春と秋の収穫時期に行い、夏にかけて2〜3ヶ月間は近隣のヒツジを放牧、ヒツジは草を食べフンは肥料にもなり、動物たちとにぎやかに暮らすことでオオカミ避けにもなっている。またイノシシやフクロウからブドウを守るために鳥の鳴き声が出る機器を使用。冬の間は自然に草をはやすことで土壌を守る。ベト病などの殺菌作用としてごくわずかに銅、微量元素(オリゴエレメント)、イラクサとツクシの液肥、海藻液肥、硫黄肥料を使用。ブドウの樹齢は25~60歳。
2018年8月このエリアでヒョウが降り50パーセント近くのブドウを失うという初めての体験があり、気候や天候とともに常に変化が求められている。

 

 

伝統的なセラー、コンクリートタンクルーム、そして現代的な設備、赤・白熟成用にオークバレル。観察やテイスティングを通してヴィンテージごとの特殊性を見極めている。収穫は最良の成熟タイミングで、ブドウの品質や温度管理、気候、天候これらすべてが重要な要素となる。キュベによりごく僅かに亜硫酸塩(酸化防止剤)を添加する以外は添加物なし。

 

グラン・ヴァンシリーズは最上質の区画のブドウを使用。独自性を表現すること。香りを際立たせ調和させるために樽で熟成させたこのシリーズは長期熟成向きで事前に穏やかにデカンタージュすることでも楽しめる。手を加えることなく、わずかな亜硫酸塩の使用または無添加で醸造することでとても飲みやすいワイン。
PUR(ピュ―)シリーズは Product Unique Raisinの略。カリニャン、グルナッシュなど南仏品種で単一ワインとして作ったり、ここでのプロセスをグラン・ヴァンなどに反映させる新しい挑戦の場となっていてユニークさが魅力。
「テロワールを活かすこと。その土壌がユニークなワインをもたらしてくれるから。家族で、みんなで楽しめるものをつくりたい、それだけだよ」

 

 

ピーター フィッシャー
この土地と奥さんに惚れ込んでと語るオーナーのピーター・フィッシャーはドイツ南部のワイン生産地バーデン出身でアメリカで醸造学を学んだ後ローヌ地方に渡りジャン・リュック・コロンボに学ぶ。1985年に奥さん家族が所有していたブドウの木を含むこの土地を事業として引き継いだ。自然と土地、生き方を表現したワイン造りでエネルギーに満ち、愉快な人柄、家族、スタッフの笑顔も輝くプロヴァンスのライフスタイル。現在娘のクララは父の右腕として共に働き、息子はブルゴーニュなどで勉強中。またスペインのプリオラートでもワイナリーを始め新たな挑戦が続く。

 

portrait Peter

 

 

★エクス・アン・プロヴァンス(Aix-en-Provence)
フランスのブーシュ=デュ=ローヌ県の古都。プロヴァンス伯爵領の首都として古くから繁栄し現在は学術・芸術都市としてプロヴァンス地方の観光拠点
★サント・ヴィクトワール山(Montagne Sainte-Victoire)
フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東、市域の南東部に位置、馬の背のように延びる全長18km以上の石灰岩の山で最高点は「ピックデムッシュ」1,011m 

 

 

ピューブラン2019はユニブラン主体。明るいイエローのフレッシュな印象の外観。カリンやよく熟した黄色系果実の香り。爽やかな酸と果実味のバランスが良い飲みやすいワイン

https://shop.avin.jp/?pid=155557664

155557664

 

グランルージュ2017はシラー、カベルネソービニヨン、カリニャン、グルナッシュ、ピノノワールというセパージュ。AOPなどにはこだわらず独自の味わいを求めて最上級区画のブドウの実で作るグランシリーズ!

https://shop.avin.jp/?pid=155557668

155557668

 

ルヴェレットのワインはこちらから

https://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1961790

 

pressing Carignan

 

cabernet sauvignon


南仏プロヴァンスも暖かくなってきました2021/3/26

Do012500032mini

 

東京は例年よりも早い桜シーズン

お家でお花見! 庭先にテーブルやラグマットを出して、リビングに花木を添えて、バケットとチーズ、オリーブオイル、 ビターな味わいのカヌレなんかを用意して・・ 日常にちょっとスパイスを添えて気軽に楽しむフランス人たち。やっぱり友人たちとの会話や一緒に過ごす時間は減らせません!

 

一方先日プロヴァンスのワイナリーから「フランスの状況はますます悪化しています。政府の言葉に正解はなく、私たちは何も良いことを期待することはできませんが、プロヴァンスにいることで耐えられています。そしてこちらは暖かくなり始めています! 」とのレポートが届きました。どんな状況下でもブドウたちは春を感じているに違いありません。今年はどんなブドウが育つのでしょうか。制限された生活ですがワクワク楽しいことやあっと驚くことなど日々見つけていきたいですね!

 

春におすすめスパークリングワイン

クレマン・ド・ディー ブリュットキュベ・イコン2015 / ジャイアンス

2,631円(税込2,894円)

爽やかな青リンゴなどの香り、熟成感、バニラのニュアンスも。きめ細かい泡で、やわらかい口当たり。レモンのような酸味と心地よい苦味のスッキリしたローヌのクレマン。野菜の苦味、ハーブ、前菜、レモンを絞ったカルパッチョなどに

IMGP2801_2

 

 

春の暖かさへ向かう白、山菜の天ぷらとも!

コート・デュ・ローヌ ブーケ デ ガリーグ ブラン 2018/ クロ・デュ・カイユ

3,196円(税込3,516円)

明るく輝きのある淡いイエローで、ややグリーンがかった若々しいニュアンスの外観。
色の濃いオレンジ系果実や、缶詰の黄桃やアプリコットのようなフルーツが上品に香る。味わいは爽やかな酸味と丸く滑らかテクスチャー、アフターに軽い苦みも感じられる、余韻が長くとてもエレガントなブラン

150497192

 

 

 

エレガントなドライロゼ

コート・デュ・ローヌ ブーケ デ ガリーグ ロゼ 2018/クロ・デュ・カイユ

3,196円(税込3,516円)

明るく輝きのあるサーモンピンクの外観。
ピンク・グレープフルーツや桃などの果実や、清涼感のあるハーブのニュアンスの香りも。
グラスに注いだ直後の味わいは、爽やかな酸味でフレッシュ感、アフターにはミネラル感や軽い苦みも感じられ、比較的コンパクトな印象だが、時間の経過とともに香りは華やかさを、味わいも重層的なボディ感が増し、余韻の長さを楽しめるエレガントなロゼ

150498569

 

やっぱり赤が飲みたい

VdF シラー2019 / メゾン・ステファン 

3,484円(税込3,832円)

紫がかったダークチェリーレッドの外観で、若々しい印象ながら落ち着いた色調。ドライ・ハーブや黒胡椒の香り。穏やかなアタック、ピュアな果実味としっかりとした酸味が印象的で、軽やかに楽しめるシラー

Q0519I2

 

 

フランスのローヌ&プロヴァンス地方のビオワインを厳選して直輸入しています。

まだまだおすすめあります!

目黒アヴァンショップ または オンラインショップ をご利用ください。

 

Rhone & Provence BIO wine importer

aVin(アヴァン)

 

IMGP2994

 

 

 

 

 


4月営業カレンダー/shop&bar2021/3/25

ただいま

目黒アヴァンビオワインショップ/ビオ食堂は営業時間を変更して営業中です。

下記カレンダーにてご確認ください。

_カレンダーaVin4月-2021コロナ

 ※ご来店の際はお手数ですが一度ショップまでご確認いただけますと確実です。
 tel.03-6452-4281

 

オンラインショップは休まず営業中です。どうぞご利用くださいませ。

離れたの方へのプレゼントやお近くの大切な方へも、アヴァンのオリジナルギフトボックスご用意しています。

ワインについてのご質問等はこちら→ お問い合わせフォーム

 

 

 

Rhone & Provence BIO wine importer Bar aVin/BIO食堂 

aVin アヴァン

ローヌ&プロヴァンスから野生酵母のビオワイン直輸入

所在地:東京都目黒区目黒本町2−3−1

(最寄り駅:東急東横線学芸大学駅・または目黒駅からバスで目黒郵便局前下車徒歩3分)

tel.03-6452-4281

 

過去のスケジュール

 

_カレンダーaVin3月-2021

_@@@カレンダーaVin2月web

 

_@@@@カレンダーaVin1月-2021コロナ

カレンダーaVin12月-2020

カレンダーaVin11月-2020(1027)

_★カレンダーaVin10月-2020-1

★aVin9月-2fix

 

_カレンダーaVin7月-2020-2

カレンダーaVin6月-2020もと

74173361_460177731522903_8132556407888150528_n

 


Page Top