aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。


  • ル・クロ・デュ・カイユ
  • シャトー・ヴァニエール
  • ドメーヌ・デュ・グロノレ
  • ヴィエイユ ジュリアン
  • ファンキー・シャトー
ヴィエイユ ジュリアン
ワイナリーについて

ビオディナミ農法、混植、低収量と樹齢100年以上の古木でグルナッシュ主体の優雅なワインを目指す。

AOCシャトーヌフ・デュ・パプの北部に10ha、コート・デュ・ローヌに5haを所有。

1905年に土地を取得後、当初は他の南ローヌの小さな生産者同様ネゴシアンにボトリングし販売。1960年代に現オーナーの父であるマクシン・ドーマンがヴィエイユジュリエンヌのワインとして自社でのボトリングをスタート。1990年には現オーナージャン・ポール・ドーマンが家族の志を継ぎドメーヌに加わる。

このころよりオーストリアの自然科学者で哲学者ルドルフ・シュタイナーの考え方を基にビオディナミ農法によるブドウ栽培を取り入れる。

またグルナッシュの古木からワインを作る事にフォーカスし、真の成熟と低収量を追及。1994年からキュベ”Reserve”を開始。2000年にはパーカーポイント満点を獲得、AOCシャトーヌフ・デュ・パプで人気かつ希少価値のある高級なワイン生産者へと成長。2014年には新しいテイスティングルームも完成。

シャトーヌフ・デュ・パプとして3種を製造。

樹齢100年以上のグルナッシュのブドウは、2001年まではキュベ”Vieille Vignes”ヴィエイユヴィーニュとして使用していたが、現在はキュベ”Reserve”に使われ、良い年にのみ作られている。 シャトーヌフ・デュ・パプに10ヘクタールを所有。畑は岩の多い砂質土壌。平均樹齢は60年、100年以上の古木も。ビオディナミ農法を実践。グルナッシュ、シラー、ムールヴェドル、クノワーズ、サンソーを栽培。区画ごとにすべての品種を植え、収穫は同時期に行い、ブレンディングの際も区画ごとに分けて行い、ブドウ品種をベースとしてはしない。

低収量が目標で、1ヘクタール(100m*100m)あたり20ヘクトリットル(2,000L)を下回ることもあり、それにより力強く、純度の高い、濃縮感のあるワインを生み出します。アルコール発酵前に除梗され、すべてのブドウが一緒に発酵され、熟成はフードルとオールドオークバレルのコンビネーションで行われる。

除梗時、ブドウに亜硫酸を加えず、固有の天然酵母のみを使い、温度管理しながら発酵時には過剰な絞り出しをしない。清澄、フィルターなし。亜硫酸添加は瓶詰め時に少量のみ。

ワイナリーについて
ワイナリーについて
プロフィール
ジャン・ポール・ドーマン

1990年 ミュージシャン等の仕事を経て、家族のブドウ畑を引き継ぐ

当時の新進のオーガニックやビオディナミの流れを知ることなく、自身でも畑での自然な農法によるアプローチ、収穫後の過程においても干渉しすぎない方針を取り入れ始める。

テロワールの豊かさにインスパイアされ、自然な農法により、より良いワインを作れると考えている。

野生酵母、ニュートラルな森、肉体労働、樹齢100年以上の古樹の手摘み、コンピューターシステムを使わない温度管理、手作業によるタンクの温度チェック、タンクに冷温水を通すアルミニウムのパイプをまとわせて調整するなど、徹底した人の手による管理。

組織や組合には属せず、シャトーヌフ・デュ・パプのボトルデザインである王冠、鍵や紋章の浮彫を採用していない。

ワイナリー&ワインの詳細情報
1905年祖先により土地を購入、当時は家族や友人用にボトリングする以外はすべてネゴシアンへ提供
1960年代ジャン・ポールの父により自社ボトリング開始
1990年ジャン・ポールがブドウ畑を引き継ぐ

2011 Chateauneuf du Pape les Hauts Lieux PP 95点

Coming from a higher elevation, cooler terroir and limestone soils, the 2011 Chateauneuf du Pape Les Hauts Lieux is a total rock star in the vintage and checks in as a blend of 60% Grenache, 20% Mourvedre and the balance Counoise and Cinsault, which was aged all in foudre. Harvested very late (and this estate normally harvests on the early side) and not wrapping up until October, it possesses gorgeous purity, with mineral-tinged aromas of blackberry, currants, licorice, ground herbs and violets all soaring from the glass. An all-around powerful, structured and rich 2011, with a full-bodied mouthfeel, terrific acidity and big tannin, it will be one of the longest-lived wines in the vintage. Give it 2-3 years in the cellar, and drink bottles through 2026. Drink 2017-2026. Located in the northern part of the appellation, in mostly sandy soils and a cooler terroir, Domaine de La Vieille Julienne is run by the incredibly talented Jean-Paul Daumen. In addition to his Chateauneuf and Cotes du Rhone releases, he started a negociant label call Daumen, with releases from Chateauneuf du Pape, Gigondas, Lirac and Cotes du Rhone. These are all high quality efforts and show the classic characteristics of the regions they come from. Looking at the Domaine de la Vieille Julienne releases, these 2011s and 2012s are some of the most exciting wines in the vintages and should not be missed! (2013-10-31)

2012 Chateauneuf du Pape les Trois Sources PP94点

While I normally find the Les Hauts Lieux more compelling, in this vintage I prefer the 2012 Chateauneuf du Pape Les Trois Sources. Gorgeously perfumed and voluptuous, with fabulous blackberry, licorice, citron, salty minerality and hints of violet, this beauty flows onto the palate with full-bodied richness, building tannin and terrific length. The texture here is brilliant, and while it will benefit from 2-4 years in the cellar, this puppy is hard to resist now. Jean-Paul Daumen continues to fashion some of the top wines of the vintage, in just about every vintage. We started the tasting with his 2013s and these have to be considered successes in the vintage. Finishing up harvest on October 17th, the wines have classic Vieille Julienne characters, as well as good concentration and ripe tannic structure. I think they’ll be some of the longest-lived wines in the vintage. Looking at the 2012s, these are stunning wines that show the more structured, age-worthy side to the vintage. While I normally prefer the Hauts Lieux, the 2012 les Trois Sources has more flesh and texture at this point. Either way, both are superb and warrant a place in your cellar. In addition, his Daumen label continues to offer serious bang for the buck. (2014-10-31)

2013 Cotes du Rhone Lieu Dit Clavin Rouge PP89点

I reviewed the 2013 Cotes du Rhone Lieu Dit Clavin from bottle last year, but I tasted it again this go around as well. Showing more tannin and structure than I remember, with lots of licorice, crushed rock-like minerality and darker fruit, it needs another year or two in bottle. There’s a rustic edge to the tannin, so don’t push the aging curve too much. There are not many wines I’d rather have in my cellar than the Chateauneuf du Papes from Jean-Paul Daumen’s Domaine de La Vieille Julienne. Located in the northern part of the appellation, in a cool, mostly sandy terroir, the estate can make up to three Chateauneuf du Papes in a vintage and up to two terrific Cotes du Rhones. (2015-10-30)

2013 Cotes du Rhone Lieu Dit Clavin Blanc PP90点

The 2013 Cotes du Rhone Lieu Dit Clavin Blanc is a beauty. Made from 40% Grenache Blanc, 30% Clairette and the reset Viognier and Marsanne, all of which goes completely through maolactic fermentation, it gives up loads of white flowers, apple blossom and stone fruits to go with a medium-bodied, beautifully fresh and focused feel on the palate. It’s a smoking white that can be consumed over the coming couple of years, or might even surprise in the cellar. Jean-Paul Daumen continues to fashion some of the top wines of the vintage, in just about every vintage. We started the tasting with his 2013s and these have to be considered successes in the vintage. Finishing up harvest on October 17th, the wines have classic Vieille Julienne characters, as well as good concentration and ripe tannic structure. I think they’ll be some of the longest-lived wines in the vintage.  (2014-10-31)

Page Top