aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

【要予約】マリアージュ研究会 11/24(金)Keisuke Matsushima × aVin2017/11/2

IMG_1885s

 

aVinが南フランスワイナリーから直輸入するワインを「KEISUKE MATSUSHIMA TOKYO」の料理とマリアージュについて研究する会

次回11/24(金)は 北ローヌ地方よりGeorges Vernay / ジョルジュ ヴェルネです。

 

ローヌを代表するドメーヌでありAOCコンドリューの革新的存在。三世代に渡り引き継がれる繊細さ、優美さ、そして調和。現当主クリスティーヌさんのヴィオニエとシラーをマツシマさんの料理と共にお楽しみください。

 

ワインラインナップ:

IGPヴィオニエ2016 Le pied de Samson /コトー・ド・ヴェルノン2015 Coteau de Vernon (白 ヴィオニエ2種)

コートデュローヌ ルージュ2015 Sainte Agathe/メゾンルージュ2014 Maison Rouge  (赤 シラー2種)

 

IMG_1883S 

 

IMG_1891s 

ローヌ川の急斜面に広がるぶどう畑


~~~


南仏だけに特化したワインを輸入しているavinアヴァンさんと、、、土地に密約を探る料理とワインのマリアージュの会!!

ワインの組み合わせって、、、やはり土地の表現をまずは理解してそして季節を知ることだと思っています。
だからそれ以上の理屈や理由は必要ないと僕は思っています。

だからワインを覚えたりすると言うのは、そのワインの育つ場所の景色を覚えると言うことだと思っています。
しかも年間を通して季節の変化まで覚えれるのがベストだと思うので、本当は季節ごとにワイナリーなんか訪問すると色々と知見が得れると思っています。(なかなかできないことなんですけどね、、、)
だから同じワインで季節ごとに料理のマリアージュを試してみると、、、なんか色々と得れるものがあるかなって思います。

と言うわけで秋の南仏の組み合わせを楽しんでください。
南仏ニースより 松嶋啓介


~~~

 

日程: 2017年11月24日(金)19:30~22:00

会場:KEISUKE MATSUSHIMA
東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート神宮前1F

会費:10,000円(税込)予定

定員:15名

ご予約お待ちしております。


お申込み・お問い合わせ:
info@avin.jp もしくは03-6452-4380まで。
ご希望日、お名前、人数をご記入ください。

 

http://avin.jp/

 

 

 

これまでの模様はこちら

Keisuke Matsushima × aVin マリアージュ研究会 10/27(金)

 

 

 

 


マリアージュ研究会 10/27(金)Keisuke Matsushima × aVin2017/11/2

原宿にある南仏料理店「KEISUKE MATSUSHIMA TOKYO」でのマリアージュ研究会

 

 

プロヴァンス地方バンドールの名門Chateau Vannieres(シャトーヴァニエール)のワインとのマリアージュスペシャルメニューはいかがでしたでしょうか。

ワインの写真を撮り忘れましたので、メニューをご紹介しますね。

 

マリアージュメニュー
卵とタプナード × Heritage Rose 2016

 

ニースの伝統的な郷土料理ラタトゥイユ × Cotes de Provence Rose 2016

23031506_1336891906420129_1428461321682528297_n

 

鱸のカルパッチョシトロンコンフィのヴィネグレットとポムドテール × Bandol Blanc 2016

22852905_1336891903086796_4683225608846226985_n

 

子羊のローストサラダメスクラン × Bandol Rouge 2012 , Bandol Rouge 1992

22815313_1336891913086795_8114766635425934615_n

 

いちじく「ル カポン」/はちみつ風味のいちじくのコンポート

フヌイユのメレンゲローリエ風味のクリーム/くるみのアイスクリーム

 

22853078_1336891816420138_5693395807677464063_n

 

23130781_1336892029753450_2891176249769477730_n

 

日本に未入荷のシャトーヴァニエールの限定ロゼ。
こちらは販売価格が1万円近くなるので輸入を諦めましたが、みなさまには特別に試飲いただきました。

La Patience Vannieres Bandol Rose2014

 

お好きなバンドールワイン見つかりましたか?

ぜひまたマリアージュ研究会でお会いしましょう!

 

Chateau Vannieres(ヴァニエール)のワイナリー情報はこちら

chateauVannieres

 

ワイナリーより直輸入

ネットショップにて販売しています。

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1547995

 

 

 

 

 

 


Visit of Domaine Jean-Michel Stephan in Côte Rôtie-2017/11/2

Visit of Domaine Jean-Michel Stephan in Côte Rôtie-

 

Visit of Domaine Jean-Michel Stephan in Côte Rôtie-1 Visit of Domaine Jean-Michel Stephan in Côte Rôtie-2 Visit of Domaine Jean-Michel Stephan in Côte Rôtie-3

 

Jean-Michel Stephan’s cellar is located just off the main road in Tupin, south of Ampuis in Côte Rôtie.
Stephan is a first-generation vigneron and took over his father’s land in 1991 who was a tree grower. He planted his own vines and coddles together parcels ever since. He has now been joined by his son Romain, 18 and just graduated from a viticulture school in Beaujolais.
This small domaine has just added a 1.2-acre plot of Vin de Pays set to be planted to Viognier. Most of the vineyards (the domaine totals just under 15 acres) are around the town of Tupin, on weathered granite, with a small bit in Verenay to the north on schist. Production totals around 800 cases annually, with 10 percent coming to the U.S.
Winemaking here is simple, and Stephan has changed little over the years. Generally no sulphur is added (there have been exceptions) and immediately following malolactic conversion the wine is moved into barrel for aging, with time in barrel determined by cuvée. There is no new oak.

His largest holding is the 1.5 ha on the Coteau de Bassenon (Coteaux de Semons on the map); Bassenon is in fact a derivative of the term “Bas de Semons.” This is a 40° slope, with a lot of terraces cut into the soft granite or gneiss. The high part dates from 1987; the low part, of 0.87 ha, from 1896 and 1902.
His other sites are Tupin (1965), Coteaux de Tupin (1980), and the regular cuvée comes from part of Les Bercheries, and a tiny 0.3 ha up at Verenay (1992).
As someone who tries to be organic at every turn, Jean-Michel is planting massale-selection Serrine whenever possible. At present, his vineyard is around 60 per cent clone, 30 per cent Serrine, and 10 per cent Viognier; the last is also being regenerated, and at Verenay he has planted 500 young Viognier cuttings grafted from an old massale plant.
In vineyard upkeep, Jean-Michel picks the soil around the wood of the older vines and cuts the weeds on the surface.

– Jean-Michel Stephan 2016: 100% Syrah
– 2015 Côte-Rôtie: 10% Viognier 90% Syrah
Cofermented and aged for 12 months. This cuvée represents the vast majority of the production. “It delivers a beautifully pure beam of cassis with notes of singed iron, pepper and charcoal emerging through the finish. It’s silky in feel, but with a sauvage echo, a characteristic of all of Stephan’s wines..”
– 2015 Côte-Rôtie Coteaux de Bassenon 20 % Viognier, 40% Serine (from 5ha of 1896 old Serine vines), 40% Syrah
aged 24 months, delivers a gorgeous core of cassis fruit with background of bay, rosemary and charcoal note.
– 2015 Côte-Rôtie Coteaux de Tupin (100% Syrah and Serine) comes from 0.5 ha from the Coteau de Tupin, located above the estate, consisting of terraces on slopes of more than 50 °. Originating from serine planted in 1941, this cuvée offers a deep garnet color with purplish reflections.
The nose shows aromas of black fruits, blackcurrant, blackberry, violet and licorice.
The mouth, frank in attack, opens on an elegant material with presents but fines tannins . The aromatic expression is dominated by graphite notes, blackcurrant and pepper, bringing a right and elegant side to the wine.

::Côte Rôtie::
Prestigious red-wine appellation at the northern tip of France’s Rhône Valley wine region. The Syrah vines on its steep, south-east-facing slopes produce wines which are both powerful and elegant. Improvements in quality have led to increases in demand for the wines – a cycle which turned so consistently that Côte Rôtie wines are now some of France’s most sought-after and most expensive.

Situated immediately south of Vienne, the Côte Rôtie is the Rhone Valley’s northernmost appellation, and one of its smallest. The parishes of Ampuis, Saint-Cyr-sur-le-Rhone and Tupin-et-Semons are the only three that may produce Côte Rôtie wines, and even within the parishes, only certain plots qualify for the appellation.

The steep hillsides (côtes) here rise sharply from the banks of the River Rhone to heights of 1150ft (330m). They form 10 narrow ridges no more than 2000ft (600m) wide, each separated from the next by a narrow, tree-lined gully. The ridges run roughly north-east to south-west, providing the sun-baked aspects that help to make the appellation’s wines so rich and ripe. The very finest sites – the Côte Brune, Côte Blonde, La Mouline, La Landonne and La Turque – are those immediately above Ampuis town.


毎週木曜限定 “aVin pop up bar” ワングラスプレゼント2017/11/1

A78A2363S
毎週木曜限定 “aVin pop up bar”

 

南仏のブドウ品種も様々
あの土地だからできるあの品種を、旅行気分で楽しんでいただけたらうれしいです。

 

旅行の思い出のアップデートにもいいかも。
味わいの記憶が思い出にリンクさせてくれるんですって。

 

image (60)

 

ヴィオニエ、グルナッシュブラン、クレレットロゼ、ブールブラン、グルナッシュノワール、シラー、ムールヴェドル、サンソー・・・お好みを探しにぜひ。

 

Facebookinstagramの aVinページに「いいね」をして、バーで提示すると、ローヌ地方、プロヴァンス地方ワインを1グラスプレゼント!

この機会にぜひ!

 

 

access

 

KEISUKE MATSUSHIMA 内 南仏バー

木曜のみ営業

18:00~22:00

 

東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F KEISUKE MATSUSHIMA

最寄り駅: 千代田線明治神宮前5番出口より徒歩10分 または  山手線原宿駅竹下口より徒歩10分

 

お問い合わせはこちらへお願いします

info@avin.jp

 

Rhone&Provence
aVin


【要予約】Keisuke Matsushima × aVinマリアージュ研究会 10/27(金)2017/10/27

Keisuke Matsushima × aVin 7:6(木) 5

 


aVinが南フランスワイナリーから直輸入するワインを「
KEISUKE MATSUSHIMA」のディナーとマリアージュについて研究する会【要予約】

 

 

今回はプロヴァンス地方バンドールの名門Chateau Vannieres(シャトーヴァニエール)のワインとマリアージュです。

日程: 2017年10月27日(金)19:30~22:00

会場:KEISUKE MATSUSHIMA
東京都渋谷区神宮前1-4-20パークコート神宮前1F


~~~


南仏だけに特化したワインを輸入しているavinアヴァンさんと、、、土地に密約を探る料理とワインのマリアージュの会!!

ワインの組み合わせって、、、やはり土地の表現をまずは理解してそして季節を知ることだと思っています。
だからそれ以上の理屈や理由は必要ないと僕は思っています。

だからワインを覚えたりすると言うのは、そのワインの育つ場所の景色を覚えると言うことだと思っています。
しかも年間を通して季節の変化まで覚えれるのがベストだと思うので、本当は季節ごとにワイナリーなんか訪問すると色々と知見が得れると思っています。(なかなかできないことなんですけどね、、、)
だから同じワインで季節ごとに料理のマリアージュを試してみると、、、なんか色々と得れるものがあるかなって思います。

と言うわけで秋の南仏の組み合わせを楽しんでください。
南仏ニースより 松嶋啓介


~~~

マリアージュ研究会特別メニュー
卵とタプナード (プロヴァンスロゼ 2種)
ラタトゥイユ
すずきのカルパッチョ (バンドールブラン)
子羊のロースト (バンドールルージュ 2種)
イチジクのルカポン


ワインラインナップ:
Heritage Rose 2016 / Cotes de Provence Rose 2016 / Bandol Blanc 2016 / Bandol Rouge 2012 / Bandol Rouge 1992


会費:10,000円(税込)

 

定員:15名(まだ空席ございます!)

ワインについてシニアソムリアの向井さんからコメントをいただきながら、プロヴァンスのロゼの飲み比べ、バンドールルージュの2012と1992の飲み比べもできます。(全5品+5種ワイン)


また、日本に未入荷のシャトーヴァニエールの限定ロゼ
こちらは販売価格が1万円近くなるので輸入を諦めましたが、みなさまには特別に試飲いただけるように持っていく予定です。


バンドールワインとのマリアージュディナーへ
ぜひお誘いあわせの上お越し下さいませ。

ご予約お待ちしております。


お申込み・お問い合わせ:
info@avin.jp もしくは03-6452-4380まで。
ご希望日、お名前、人数をご記入ください。

 

http://avin.jp/

 

11月は北ローヌのワイナリーにせまります。

2017年11月24日(金)詳細は追って!

 

前回の模様はこちら

Keisuke Matsushima × aVin 7/6(木) マリアージュ研究会

 

 

 


Page Top