aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

Les paniers Marseillais- (Marseille’s baskets)2017/9/6

Les paniers Marseillais- (Marseille’s baskets)

 

Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)1Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)6

 

“Les paniers Marseillais” is a social network association of consumer and user organised in solidarity based partnership with local organic farmers.

The historic starting point for this approach takes its roots in the 1960s, in Japan, where mothers of families worried about the consequences of the intensification of agriculture, and had the feeling of poisoning their children by feeding them. They then decided to regroup and sign a contract with a farmer: in exchange for the purchase guarantee of all his production in advance, the farmer commited to cultivate without chemicals. Thus was born the first “Teikei”, which can be translated as “put the face of the farmer on the food”.
The first efforts of the Teikei were coordinated by the Japanese Association of Organic Agriculture (JOAA, established in 1971) and the Foundation for International Research on Natural Agriculture.

At the same time in Europe (Germany, Austria, and Switzerland), community experiments based on the same principle developed.

In 1985, the concept was imported from Europe to the United States and changed its name to CSA “Community Supported Agriculture”. These projects emerged in the New York region as a means of addressing the significant decline in the number of farmers and the difficulty of accessing low-income populations to quality food.

The CSAs developed and spread to Canada, before crossing the Atlantic again to settle in Britain.

As early as 2000, Daniel Vuillon envisaged the creation of AMAP (see article of January 2000 published in the Garden Gazette).

In 2001, following a trip to the United States during which they discovered the CSA, the Vuillon farmers, on the outskirts of Toulon (83), decided to launch the first AMAP (Association for the Maintenance of Peasant Agriculture) in France. This experience has enabled them to maintain their activity in a region that has lost 15 000 farms, especially among small ones, in a period of 5 years, one third of its workforce.
Today, the phenomenon continues to spread:
Northern Europe, Hungary, Ghana, Australia, New Zealand …

“Les paniers Marseillais” difference with AMAP is that they are exclusive partnership with farmers following organic precepts or in reconversion.
Their goal is to promote access to organic food and ecological products for the largest number of people by establishing short circuits and direct partnerships between producers and consumers. Being a place of reflection and action concerning the environment, food and health.

Today we met the Péré family selling directly their baskets every week to 11 areas in Marseille and coming from their farm certified by eco-cert in Saint Gilles near Arles city.

https://www.lespaniersmarseillais.org/

 

Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)2 Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)3

Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)4 Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)5

Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)7Les paniers Marseillais- (Marseille's baskets)8


Gros NoreがNY Timesに紹介されています2017/9/1

弊社が現地ワイナリーより直接仕入れをしているバンドールのDomaine du Gros Nore(グロノレ)

 

New York Times にそのグロノレの記事が紹介されています。

一部抜粋してお伝えします。

Bandol Lesson from NY Times Wine School-

 

015-9 (1)

 

南フランス プロヴァンス バンドール

 

ここでは、ラベンダーの香るサニーでパステルなプロヴァンスでなく、プレートに乗るアンチョビ料理(カタクチイワシ)にグラスに注がれたロゼワインでもない。はかなげなロゼとは対照的な、骨格のしっかりした、時には獰猛で、長期熟成に値する赤ワイン、これがバンドールのプロヴァンスである。

 

バンドールはマルセイユの東、トゥーロンの西に位置するバンドール村の石灰岩の丘で比較的少量生産されている。

 

赤ワインはムールヴェドル種を最低50%使用、グルナッシュとサンソーをブレンドすることが多く、時にはシラーやカリニャンを補足的に使うこともある。この地のトップワイナリーでは50%よりもかなり多くのムールヴェドルを使い、若いときにはタンニンが豊か、時間と共に複雑な美しさへと変化していく。

 

ここでお勧めの3本

La Bastide Blanche Bandol 2013  $25

Château de Pibarnon Bandol 2011  $40

Domaine du Gros ’Noré Bandol 2012  $40

 

これらのワインは熟成により一層楽しめるが、もし若いビンテージしかお店で選べなかったとしてもご心配なく。

その場合は、少なくとも1時間前、できれば2時間前までのデキャンタージュでどんなヴィンテージでも大丈夫。

 

そんなワインと共にしたいのがタンニンを抑えてくれる食べ物。ラムの脚肉のような赤身肉のロースト、カスレのような煮込み、燻製肉や鴨肉ならどんな料理方法でもよく合う。

 

バンドールでは、素晴らしいロゼも作られている。

しかしバンドールの赤ワインといえば水着の季節よりは、やはりセーターを着る時期にぴったりだ。

 

New York Times

Wine School By Eric Asimov

リンク先はこちら

 

★2017年6月訪問時、新しいセラーを自分の手で作られていました。全部自分でやりたいのだそう。

いつも畑を一緒に歩く愛犬たちと。ガーデンには蓮の浮かぶ池も。

IMG_1756s

19401240_10158814067880291_1075092849_o   IMG_1744s

 

★掲載の2012と2013はこちらから購入できます。

http://shop.avin.jp/?mode=grp&gid=1547994

_MG_0477

 

★ロゼはまた来年のリリースまでお待ちくださいませ!

_MG_0400-2

 


La Caravelle- Marseille2017/8/29

La Caravelle- Marseille

 

La Caravelle- Marseille1

 

In to the heart of Marseille, the bar-restaurant La Caravelle open every day from 7 am to 2 pm. Free tapas from 6.30pm to 9pm. Jazz concerts and appetizers to enjoy with friends, whether you are from Marseille or just passing by, La Caravelle is a bar that goes through ages.
A conviviality that makes the memory of Marseille.
A popular sunny balcony with a stunning view on Notre Dame de la Garde and the vieux port at your feet!
To join the bar-restaurant la Caravelle walk along the pedestrian Old port edged with masts, look up and you will see people having a drink on the balcony, in a few minutes, you’ll be with them, a glass of pastis in your hand.
Because that is the secret of the longevity of this cabaret since the 20s; being the gateway between generations and origins.
That mythical bar, attended by sailors, has today become everybody’s bar. Enter the Bellevue hotel, climb up the first floor and push the door of the bar-restaurant La Caravelle.
Over the day, customers of all generations chat over coffee, tea of cold drinks, in a jazzy atmosphere.
Some type on their laptop, some others read French and foreign press at disposal. Music lovers can play the piano. Eco-friendly, the place has obtained, jointly with Bellevue hotel, the international label The Green Key. Water, energy, waste, responsible purchases and awareness of clients and staff.

Concerts
Jazz with all its brightness. A sailor bar, woody walls, and concerts 2 times a week, 3 euros per person.
New artists or regulars on Wednesdays and Fridays!

34 Quai du Port, 13002 Marseille
04 91 90 36 64

La Caravelle- Marseille5 La Caravelle- Marseille3

La Caravelle- Marseille2La Caravelle- Marseille4


Domaine du Gros’ Noré (ドメーヌ デュ グロノレ)20th anniversary party2017/8/19

_MG_9505_s

(写真右手、黒シャツでこちらに向かって歩くのがアラン・パスカルさん)

 

Domaine du Gros’ Noré (ドメーヌ デュ グロノレ)は2017年6月に20周年を迎えました。

 

6月に開かれたアニヴァーサリーパーティに私たちも参加させていただきました。

 

ワイナリーの場所は、南フランス最大の都市マルセイユから高速道路A50で南東トゥーロン(Toulon)方面に40分ほど、地中海沿岸から北へ約5キロ入ったぶどう畑の丘の連なるラ・カディエール・ダジュールの村にあります。

 

_MG_9567s

 

当日はフランスワイン関係者、バンドールワインの名を世界に広めた地元ワイナリーの方々、バンドール近郊に暮らすご近所さん、世界各国のインポーターなど、様々な方が参加されていました。

 

夕方6時頃から始まったパーティ

6月中旬のこの時間は、広大な空はまだまだ明るく、陽射しも眩しいです。

やはりこの土地ではまずロゼですね。

 

_MG_9563s

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.1

 

関係者の方々の挨拶に続くアラン・パスカルさんのスピーチは、事前に準備された堅苦しいものではなく、実直で柔らかく人柄のあふれる言葉で、この日パーティに出席の方々や普段彼のそばで支える家族や友人たちへの感謝、過去20年間に渡りワイン作り、哲学について互いに相談し合った仲間たちへの敬意などが多く語られました。

 

みなさんに20周年という日を楽しんでもらえるよう!とパスカルさんから様々な温かいおもてなしが用意され、南仏の午後にぴったりなジャズバンドライブ、狩で仕留めたイノシシの丸焼き、南仏の色鮮やかなフルーツ、地元で生産さえたチーズ、そして1997~2016年のヴィンテージワインなど。

 

ゲストの中には、アメリカのインポーター・ディストリビューター、“Adventures on the Wine Route”の著者でもあるカーミット・リンチさんの姿も。彼はフランスでのワイン産業への貢献が評価され、フランス政府からの文化勲章も受章されており、彼もまた私たちと同じく南仏ラバーのひとりです!

 

6月の暖かな夕暮れブドウ畑に囲まれたこのワイナリーの特別な一日は深夜までにぎやかに続きました。

_MG_9554_s _MG_9549S

 

_MG_9474s _MG_0394s

 

中庭では、イノシシや羊の串焼き、ハーブやガーリックで蒸したムール貝、コルシカのソーセージ“フィガテッリ”、地元産のチーズやフルーツプレート、そしてワイン!

この一夜に20年分のヴィンテージすべてを試飲できるなんてラッキー!

 

快晴の空の下、

アラン・パスカルがこの土地とワインのために絶え間なく情熱を注いできた20年のお祝いを

350人のゲストや彼の友人たちとともに共有できたことを感謝しています。

パスカルさんへ感謝を込めて

Merci !

Bravo Alain Pascal!

 

*****************************

Domaine du Gros’ Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.

Alain Pascal is a man of passion, for his land and his wine.
In a moving speech, unprepared but coming directly from his heart he thanked during this generous and beautiful evening all the important people present on his side everyday, his brother, nephew, daughter and longtime friends who has been helping him to question and think about wine-making process and philosophy for the past twenty years. Among them Kermit Lynch, renowned retailer, distributor, and national importer also the author of Adventures on the Wine Route which won the Veuve Clicquot Wine Book of the Year award. Winner of the James Beard Foundation’s “Wine Professional of the Year”, and Chevalier de l’Ordre de Mérite Agricole medal presented by the French government for his service to the wine industry.

Alain Pascal loves more than anything to host and entertain guests and friends, to share the products of his hunts and the food he loves. On this warm evening of June and very special occasion he didn’t do things by halves. Skewers of wild boar and sheep cooked in the courtyard, tons of mussels steamed with herbs and garlic, grilled Corsican dried sausage “figatelli”, plates of cheese and fruits from local producers. And the wines! Guests being lucky enough to be able to try 20 vintages on the same evening, from the very first 1997 to the year 2016.
With also a live Jazz band and a beautiful clear sky the 350 guests and friends more than appreciated being part of this celebration of twenty years of constant, relentless and passionate work!
Merci and bravo Alain Pascal!

4

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.5

 

 

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.8

_MG_9587s

Gros' Noré 20th anniversary party- 10th of June- and vertical tasting from the first vintage 1997 to 2016.2


『ジャン=クロード・エレナ エルメスの嗅覚、ワインを語る』2017/7/13

フレデリック・マル、ヴァンクリーフ&アーペル、エルメス・・・

 

フランス香水の数々の傑作がエレナ氏の手によって生み出された。フレグランスの巧者が香水とワインの関係を解き明かす。

perfume1

 

La Revue du vin de France(La RVF) :
あなたの嗅覚はグラースで調香師をされていた父親によってかなり早い段階で形成されたのですね。

ワインを口に運ぶ前に、その香りを嗅ぐことにはどのような喜びがあるのでしょうか。

 

Jean-Claude Ellena :
父は何か食べる前あるいは飲む前にその一つ一つの素材をまず嗅がせるということを僕と兄弟にさせてきました。特別なことではないのです。しかし、慌てて飲み込まず、その前にゆっくりと呼吸し、思考することの喜びを発見しました。父は飲み込む時にも同じように一呼吸置き味わうことを教えました。

今では、同じことを私は自分の子供達にし、彼らもまた同じように子供に伝えています。まるで家族のしきたりのようですね。食事前の休息の儀式です。なんとも美学的な過程でしょう。これと調香師の基礎となる嗅覚を獲得するのとでは全く異なります。ここでは、焦げた味、甘い味、苦い味を知るのみで、その精緻さや有効性を理解するのはもっとずっと後のことです。私の孫は19歳になるのですが、彼は女性の気を引くためにどのように食べ物を味わい、そして味わったものをどう語るかを見せることで成功しているみたいですね。まるで鋭い釣針のような有効な手段です。「僕の感覚の喜びから君に奉仕いたします」といったところでしょうか。

 

La RVF :
最初のワインの体験はどのようなものでしたか?

 

エレナ氏 :
ワインは私の専門ではありません。けれども両親や祖父母はよく、子供が7、8才になればほんの少しのワインを味見させてくれました。子供にとっては、いけないと分かっているからこその楽しみがありました。二十歳くらいになり、貴重な美しいワインを開けることのできる裕福な人たちと交友する機会に恵まれました。かつてジュネーヴで、誕生年の1947年のシュヴァル・ブランを飲んだ時のことは、あぁ今でもその味が記憶に残っていますね!その時をきっかけに様々なワインを発見してきました。その多くは一緒にワインを試飲しようと呼んでくれた人のおかげでした。

 

La RVF :
香水とワイン、香りを嗅ぐ時の違いはなんでしょうか。

 

エレナ氏 :
香水には二秒もかかりませんが、ワインの場合だとグラスに注ぎ入れてから次第に近づいていくための儀式のような段階がありますね。

こちらの方が官能的で興味深いと思います。もう一つの違いは、ワインは分かち合えるということです。オー・ド・トワレを共有することはできませんが、一本のワインを分け合うことは可能です。この二つは同じ弁証法ではないのです。

ワインについて言葉を共有し、会話を交わすことが、私たちのつながりを深めてくれるのです。ワインの最大の楽しみはそこにあります。各人がその複雑さを様々な角度から捉えることができるでしょう。ワインを作るにあたっては人間が味を生み出します。ブドウの香りは、300〜400個の分子で構成されています。人の手を経て熟成したワインになる頃、香りの分子は1800個以上になります。人間は自然と融合し、豊かさと複雑さ、ヒューマニティを与えることができるのです。

 

La RVF :
すなわち香水において大きく異なるということですね。

 

エレナ氏 :
調香師の立場からすれば対極であると言えます。私は香りを出来るだけ単純化し、20〜30種の構成物のみ用います。その香水に何を語らせたいかを想像しながら。

ブドウ栽培者は自然が生み出すものに美を与えます。私の場合は、自然が私の語らせたいと願う通りのことを語るようにその首を絞めるようなことをします。真の独裁者と言えますね。バラの花は300〜400個の分子で構成されていますが、それらは2つか3つまでに減らすことができます。バラの香りの錬金術と私が呼んでいることなのですが、続いて茶の香りをつけたバラ、ラズベリーのバラ、プルーンのバラ、と作っていくのです。自然は戯れ、人間を使って遊んだりもします。私は自然と戯れるのです。それを遊戯と呼ぶのです。

 

La RVF :
ワインを語るように香水について語ることを好まれますか?

 

エレナ氏 :
ブドウ栽培者やソムリエは香りに重点を置きながらワインを語ります。「これは果実の香り、木の香り、少しスパイスと、バニラの風味…」とね。あるいはブドウの苗や土壌、全ての背景について。全くもって、なんと素晴らしい世界でしょう!彼らはあなたをワインの世界に導き、あなたがこれから口にしようとしているワインついて興味を持ってもらえるよう語りかけるのです。私はそれを大いに称賛します。美しい成功です。彼らはワインをより優れたものに変えてくれるのです。職人の方達は私たちよりもより深くワインについて語ることが必須とされているから。フランスでは、ワインは香水と同じようにどう語れば良いかが分からないままにされてしまっています。たいがい香水の販売員は私をひどくがっかりさせるのです。「紳士用か、女性用か…あ、これはいい。最後の一つになっている。こちら売れ筋の商品ですよ。」とね。これでは夢がありません。

 

La RVF :
ワインと香水にはある共通の概念があります。すなわちこの二つによって生まれる喜びは、夢や想像といったものによって増大するということ。

香水が肌の上で香るのと同じくワインは食事に花を添えてくれます。

 

エレナ氏 :
少しパーカー氏の批判になるようなことを言いますが(笑)。ワインについて語る際「オーク」、「強いキャラメルの」、「ドライフルーツ」などの言葉を使い、味を固定観念化してしまう所に問題があるのです。痛々しい演説のようで、くどくてまるで「愛しています。」と繰り返し言われるのに似ています。これは手っ取り早い口説き方と同じで、今日の私たちがよく使う手ですが。私はすでに歳を重ねたせいもあるかもしれません、今ではボルドーよりもブルゴーニュの方が好みです。ブルゴーニュの方がずっと多様で、驚きがあります。また、ワインというのは物語を語って聞かせます。これは私たちが皆探し求めているものでしょう。そして次にその物語を誰かに語って聞かせることでまた新たな段階に進めるのです。良き語り手は、良き色男なのですね。

 

La RVF :
では言葉においては?果実、スミレ、火薬、といったテイスティングの用語はあなたの嗅覚の専門用語に翻訳されるのでしょうか?

 

エレナ氏 :
ワインの専門家たちは香りの比較の対象に自然物を用います。それはワインがブドウを基本としているためです。香水において、感覚のパレットというのはもっと大きく開かれているのです。他の言葉を用いたりもします。柔らかな、あるいは引き締まった香り、渋み、切り立ったような、あるいは張りのない香り・・・。感覚的な語彙、触れた感覚に関する言葉。もし私が、「ミモザの花」とだけ言うことに満足できればそれも悪くないでしょう。しかし、例えば「これは私の作り出したミモザです。その粉末のようなテクスチャー、絹のような、軽快さを求めて生まれたのです。」とすれば途端にその感覚的な部分、一つの花であることを超えた点を言い表すことができます。つまりミモザの視覚的、触覚的な側面を表現したことにつながるのです。もし香水においてもこうした側面を表現することができれば、それはあるものに価値を付加したと言えるでしょう。

ワインにおいては、柔らかな、とか引き締まった、あるいはその他に形容される果汁がありますが、香りにおける語彙のフィールドは存在しませんね。ですので、口の中の味覚だけでなくもっと感覚的な部分に向かうことに励んでみてください。味覚は感覚の大聖堂なのです。嗅覚は感覚のみに限られてしまいますが、しかし味覚は熱、冷たさ、触れる感覚、それにまず目が補ってくれます。準備は整い、全ての感覚に接近することができるのです。しかしたいていの場合は、ワインの視覚的な点だけが語られるだけですね。色、透明感、そして味。

 

La RVF :
常日頃から、あなたは絶えず香りを分解することをされていますね。ワインにおいても同じなのでしょうか?

 

エレナ氏 :
私はできるだけ普通の人でありたいと、知識をひけらかしたりしない人間であるよう努めています。

 

その理由は単純で、恋に落ちる感覚を忘れたくないからなのです。

 

哲学者ロラン・バルトの定義するように、私は恋をする際に理由を求めないのです。香水のブティックでは、嬉しそうな顔の方もいる一方、逆に不快な顔をされることもあります。来られた人にはこの感情的ショックを受けてほしいと思っています。調香師である以上、私はこの驚きを得ることができません、あまりに知り過ぎてしまいましたから。香水を嗅いだ途端、それを分析してしまうのです。しかしワインにおいてはまだそれが可能です。仮にあるワインを説明するように言われれば 、何も知らないように振る舞うことができます。またそうしなければ自分の専門領域に入りすぎてしまうのです。しかし一方ソムリエたちと話をすることは大いなる喜びとなります。彼らが語るその物語、紹介してくれるワインの性格に耳を傾けるのです。そして時々それとなく言うのです。「そこへ、こんな言葉を追加することもできるんじゃないかな」と。

 

La RVF :
ワインはインスピレーションの源泉ですか?

 

エレナ氏 :
ボルドーワインの単一性には、いささかの倦怠感を感じざるを得ません。もちろん素晴らしいものもあります。骨組みのしっかりとした熟成された、しかしながら私は枠組みにはまったものは好きではないのです。私が興味を持つのは「驚き」なのです。もしあるワインが私に味覚や嗅覚の驚きをもたらした場合、それは後に何か導き出す手がかりとなり得るのです。イヴ・サンローランの「In Love Again 」の製作にあたっては、サンセールの果実のみずみずしさと同じ感覚をトップノートに使いたいと思いました。私はサンセールのバラのような、またグロゼイユやフワンボワーズやカシスの香りに惹かれていました。素材としてこの快活さが欲しかったのです。サンセールのもつ衝動のような。

 

La RVF :
赤か白か、好みはありますか?

 

エレナ氏 :
白には大きな可能性がありますね。白の特上ワインの場合だと、ペラン氏のシャトーヌフ・ブラン(シャトードゥボーカステル)を飲んだ時に感じました。奥深く進んでいき、その余韻もまた素晴らしかった。巷の白ワインにも素敵な驚きがあふれています。赤ワインでは、時に残念にも「なんだ、こんな程度か。」と諦めてしまうことがあります。

 

La RVF :
ワインでは獣臭や土に例えられる香りがあります。ワイン醸造では馬の汗や濡れた毛皮といった芳香を生み出すこともありますが、香水においてもこのような「不快な芳香」は、心地よいものになり得るのでしょうか。

 

エレナ氏 :
私たちが不快と感じるものは、いわば人間の動物的側面なのです。排泄物や汗、皮膚と体の匂いを私たちは遠ざけようとします。なぜかといえばそれは直接「死」のイメージにつながるからです。調香師として私はここに立ち向かいたいと思います。人間の動物的な部分を知覚し、受け入れるべきだと思うのです。獣やジャコウネコの芳香はワインに温かみをもたらします。

 

6月のある日、人々を引き連れてラベンダー畑に出向いた時のことです。私は一緒に生えていたセージとラベンダーが合わさった香りが、人間の汗と全く同じだと気がつきました。私はこの試験じみたことが気に入りました。彼らは畑を降っていき、やがて約半分の人が「わぁ!スポーティな匂い!」と叫んだのでした。自分自身の香りを認識することは、恋愛の関係においても決定的に重要なことです。自分はあなたの香りが好きだから一緒にいたい、ふきつけた人工的な香水ではなくて、その体の香りが好きだから、と。

 

La RVF :
ワインには妙薬としての面もありますね。

 

エレナ氏 :
そう思います。祖母は私が12か14歳くらいの頃にジャスミン畑に連れていってくれたことがありました。花を摘み取っていたのは若い女性たちです。そのジャスミンと汗の混じった香りは、美しい女性とも重なってなんとも官能的でした。ワインにおいて、ブドウ摘み、圧搾、空になった収穫カゴ…そういった分け合うことのできる喜びに満ちています。この一連の動作の中に強いエロティシズムが潜んでいるように感じます。

 

La RVF :
ワインにおいて固有なものとは?

 

エレナ氏 :
一本のワイン、その背景には人間と自然が共存します。それが興味深いことなのです。チリのワイナリーを訪れた時には、水撒きにいたる全てが機械に任されていたことに驚きました!そこのワインを試飲いたしましたが、よくできていました。しかしある意味での言うことなしだったのです。

 

La Revue du vin de France(ラ ルヴュ デュ ヴァン ド フランス/RVF)2016/02 記事抜粋

www.larvf.com.

ジャン=クロード・エレナ
翻訳 橋井杏

logo

 

Rhone & Provence 南フランスワインの店 aVin

トップページ


Page Top