aVin(アヴァン)は南仏のローヌ&プロヴァンス地方からワインを輸入し、販売しているお店です。南仏の文化、アート、暮らし、ワイン、そしてつくる人たちの情報を発信します。

History of the Wine and the Avignon Popes-2017/10/20

We know a surprising amount today about the drinking habits of the Avignon Popes, who promoted wine-growing in the Rhône area, most famously around Châteauneuf du Pape.
Each pontiff had very particular tastes. And they and their entourages quaffed prodigious amounts of the stuff, judging by the accounts of the apostolic chamber.
Apparently in the course of a normal week, over 10,000 litres of wine were consumed by the papal entourage, 1,000 litres at the Pope’s table alone.
Elsewhere, the accounts estimate wine consumption in the Palace at two and a half litres per person per day.
And that was nothing compared to major feasts. When Clement VI – the bon vivant of the Avignon Popes – was coronated in 1342, 160,000 litres of wine were drunk in the Palais des Papes alone, and wine fountains flowed freely in the city itself for four weeks.
The wine was not always of the finest quality and did not keep for long. The bottlers added spices to disguise the taste and help preserve it, and the Popes would sip this brew in their chambers for medicinal purposes.
Around 16 people worked in the papal cellars: three or four bottlers, a dozen assistants and a scribe thanks, presumably, to whom we know all of the above.

chateau neuf du pape

 

chateauneuf_du_pape.1906_carte.pd_

The wines on the menu at the Palais des Papes:

Vines were already being enthusiastically cultivated by clergy in the area well before the first Avignon Pope, Clement V, arrived there in 1309.
Monks had cleared land and created vineyards along the banks of the Rhône river north of Avignon and in 1157, Geoffroy, the Bishop of Avignon, set up his own personal estate in Châteauneuf, then known as Calcenier.
By the 13th century the village, with its 1000 inhabitants, had grown rich and developed a flourishing vineyard of approximately 300 hectares / 740 acres.
Clement V was formerly Archbishop of Bordeaux before becoming Pope and relocating the papacy to Avignon. As plain Bertrand de Goth, he already owned a plot of land in Pessac, near Bordeaux which he had planted with vines in 1300.
The oldest vineyard in Bordeaux, it’s today called Château Pape Clément in his honour, producing a prized grand cru classé wine.
After becoming Pope, Clement V initially continued to prefer claret but, on arriving in Avignon, planted a vineyard there near Châteauneuf.

pape-clement-vii-01
Clement V’s successor, John XXII, was more partial to a drop of Burgundy, but also encouraged local wine production. It was he who built the castle at Châteauneuf du Pape (the name means, literally, “the Pope’s new castle”) to escape the oppressive summer heat in Avignon.
A vineyard was planted there in 1317 and under his papacy the term Vin du Pape was coined. The Château itself (pictured above) was destroyed during the Second World War, but the ruins still dominate the surrounding countryside.
And there’s more: the story goes that, while visiting the small town of Valréas in what’s now Northern Provence, Pope John fell ill and was given some local Côtes du Rhône wine to perk him up.
It worked. So much so that the Pope bought Valréas to ensure a regular supply.
His successors added more territory including nearby villages such as Richerenches and Visan. To this day the area is known as the Enclave des Papes.
The severe Pope Benedict XII served only local wines from the right bank of the Rhône at his table. Nonetheless the poet Francesco Petrarch rudely described him as an “inveterate drunkard”.
His successor, Clement VI, intended to pull out the stops during his papacy. For his coronation, he ordered 15 barrels of muscat wine from the Languedoc and Toulon and another 24 barrels from Burgundy.
He was happy to drink provençal wine, wine from Poitou, Rhone wine and Ligurian wine, not forgetting all the other wines his predecessors had enjoyed. Just about anything really, it seems. He died in 1352 of renal failure.
One of the first thing Innocent VI did, upon becoming Pope, was to change the date of a religious procession so as not to disturb the grape harvest. A relatively abstemious man, he preferred local wines, especially red and Châteauneuf du Pape.
Urban V hoped to bring the papacy back to Rome, but ran up against one serious obstacle. According to Petrarch, his cardinals refused to accompany him because they had become too fond of the Beaune wines they’d been drinking in France.
“They did not believe they could lead a happy life without this liquor,” Petrarch wrote. “They regarded this wine as a nectar of the gods.”
When Urban V did return to Italy for two years, he made sure to strike a deal first with the Doge of Venice, so that he could import French wines via the Venetian port to keep his team contented. He also planted vineyards around Rome to ensure a supply of quality wines.

history
Back in Avignon, Urban V discovered a taste for the wines and preserved fruits of Apt, and also developed the Châteauneuf vineyard by ordering it to be planted with muscat grapes.
The last of the official Avignon Popes, Gregory XI remained loyal to the muscat grape and the wines of Apt.
Ecclesiastical records suggest that a promotion to cardinal or a stay of an excommunication could be secured by offering the Pope a particularly fine vintage. He too died of renal failure.
After the return of the papacy to Rome, the pontiffs there managed to import wine from Provence. Meanwhile back in Avignon, the anti-popes were continuing to enjoy the local wines and the first of these, Clement VII, broadened his repertoire, ordering 95 barrels of sweet Greek wine from Rhodes.
Benedict XIII, the second and last of the Avignon anti-popes, came from Spanish Catalonia and favoured wines from French Catalonia.
In 1395 talks were held to heal the papal schism and barrels of fine Beaune wine were brought in to lubricate the discussion.
Alas the wine was corked, the talks broke down and Benedict eventually slunk back to Spain, the schism unmended.


Grape Varietiesブドウ品種2017/4/21

南フランスで栽培される多様なブドウ品種について

見てみましょう。

 

黒ブドウ品種

grosnoreAkaBudo

(ドメーヌグロノレ ムールヴェドル品種)

 

Grenache noir  グルナッシュノワール
中世にイベリア半島東部から地中海沿岸を支配していたアラゴンが原産の品種。スペインではガルナッチャと呼ばれる。フランスではローヌ地方南部とプロヴァンス地方、ラングドック地方、ルーション地方で栽培されていて、病気に弱い品種だが、ラングドックやローヌ河流域の風の強い気候(ミストラル)によりその病気から守られている。果粒は小さく、暑さと乾燥に強い品種で赤、ロゼワインを生み出す。単一品種あるいはシラーなどとブレンドされることが多い。色調が薄いものから深みのある色、酸味が低めの平凡なワインもあれば力強く芳醇な長期熟成型の高貴なワインにもなる。赤い果実やプラム、スパイスのアロマを持ち、熟成させるに従い、モカ、チョコレート、タバコを思わせるアロマを生み出す。

 

Syrah  シラー
ローヌ地方北部で古くから栽培されている品種で、近年フランスにおけるシラー種の栽培は大幅に高まっており、ローヌ河流域からラングドック地方、プロヴァンス地方、ルシヨン地方へと拡がっている。粘土質と花崗岩土壌の酸化鉄を含んだ土壌に適している。特に、北ローヌのコート・ロティの急斜面の痩せて乾いた土壌でよく育ち、北ローヌの気候が非常に適していると言われている。
収穫量の少ない成熟期の遅い性質だが、グルナッシュやムールヴェドルよりも熟期は早い。成熟させるには十分は日照が必要。単一品種あるいはグルナッシュなどとブレンドされる品種。
深みのある濃い黒紫色、黒胡椒やブラックオリーヴのようなスパイシーな香りが特徴。酸味もタンニンもバランスよく持ち合わせた長期熟成型の重厚なワインとなる。

 

Mourvedre  ムールヴェドル

スペイン原産で、南ローヌ地方、プロヴァンス地方、ラングドック地方で栽培される。
ゆっくり成熟する品種で、温暖な気候を必要とするため、フランスではプロヴァンス地方のカシス、バンドールなどのぶどう畑が栽培適地としての歴史を持っている。石灰質の土壌を好む。
収穫量は低い品種だが、締まったタンニンをもつ濃厚なワインを生み出す貴重な品種である。
深みのある色合いを持ち、バンドールのワインのように、熟成にも向いている。ブラックベリーを想わせる豊かな果実香が特徴で、熟成すると、なめし革やスパイシーな香りが出てくる。ワインに骨組みを与えたり、バランスのとれた味わいを出すため、アサンブラージュに使用されることも多い。赤ワイン、ロゼワインに使用される。

 

Cinsaut  サンソー

ローヌ地方、ラングドック地方、ルーション地方の他、北アフリカ、コルシカ、オーストラリア、イタリア南部、レバノンでも栽培されている。温暖な気候を必要とし、乾燥や強風には強い。ローヌ地方のシャトーヌフデュパプでは1980年代以降次第に栽培が減少し、2009年時点では全体の2.6%ほどとなった。収穫量を抑えた栽培と醸造技術により、程よい酸、タンニンは低め、濃い色調で、香り、バランスのとれた特徴的なワインを生み出す。ローズ、アーモンド、イチゴのアロマが感じられる。痩せて乾いた土壌が適したこの品種は、 グルナッシュやシラーとのアサンブラージュに用いられ、グルナッシュの高いアルコール度とカリニャンの収斂性とのバランスの上に、 しなやかさを持つ赤ワインを生み出している。プロヴァンス地方や地中海沿岸では、ロゼワインにも使用される。

 

Counoise クノワーズ
プロヴァンス原産と考えられており、ローヌ地方やラングドック地方以外ではカリフォルニアやワシントンで栽培されている。ローヌ地方のAOCシャトーヌフデュパプのワインとして使用可能な13品種のひとつだが、そのエリアでのブドウ栽培量は全体の0.4%のみ。高い酸度、黒コショウなどのスパイスの香りを活かしアサンブラージュして使われることが多い。深い赤紫色、フローラルなニュアンスを持ちリッチでスパイシーな香り。

 

 

白ブドウ品種

20160209-IMG_4203

(ファンキーシャトー シャルドネ)

 

Grenache Blanc グルナッシュブラン

スペイン北部が原産でガルナッチャとも呼ばれるグルナッシュノワールの突然変異の品種で、フランス南ローヌ地方、ルーション地方、スペイン北東部で栽培されている。ローヌ地方シャトーヌフデュパプやコートデュローヌの白ワインではメイン品種としても使われ、赤ワイン、ロゼワインとのアサンブラージュにも使われる。ソフトネスとフレッシュネスを備える。若い時期に飲まれることが多い。収穫量を抑え、果皮を漬けてのマセレーション、オークバレルを使用し熟成、発酵などにより、ヴィオニエやマスカットのようなアロマティックで、穏やかな酸のある豊かなワインとなる。

 

Clairette クレレット

南フランスで最も古い品種のひとつで、地中海地方で広く栽培。南アフリカ、オーストラリア、イスラエル等でも栽培されている。乾燥し痩せた石灰岩土壌に適している。高いアルコール度と穏やかな酸が特徴的。酸化しやすいため、扱いには熟練した技術が必要とされる。南ローヌのシャトーヌフデュパプではグルナッシュブランに続き、2番目に多く栽培されている白ブドウ品種。クレレット主体として使われることもある。すっきりした後味、フルーティ、フローラルさを持つ。フェネル、リンゴ、ライム、アプリコットやピーチの香り。シャトーヌフデュパプでは赤ワインにもアサンブラージュに使用される。

 

Bourboulenc ブールブラン

ギリシア原産と考えられている品種で数世紀に渡りローヌ地方で栽培されてきた。現在は南フランス、ラングドック地方、ローヌ地方に多い。十分な日照が必要とされ、成熟も遅い。アルコール度は低く、フレッシュでフローラル。若い時期に飲まれることが多い。多くの場合多品種とのアサンブラージュに使用され、グルナッシュブランだけでなく、クレレットやルーサンヌ、また赤ワインともブレンドされる。

 


Southern Rhone 南ローヌ2017/4/18

rhone

ローヌ渓谷南部に位置するアヴィニョンはかつて教皇庁が置かれた街で、真夏の演劇祭 “Festival d’Avignon” で有名。

モンテリマールの南側からアヴィニヨン近辺まで約80kmにわたりブドウ畑が続く。

 

北部の景色とは異なり、ゆるやかな起伏の土地に畑が広がり、地中海性気候に大別されるが、ミストラルと呼ばれるローヌ渓谷から地中海沿岸に吹き抜ける北風が特徴。冷たく乾燥している風が、雨の後には畑を乾燥させブドウ樹を健やかに保つ。

 

また強い風のために果実も小さくなるので凝縮感のあるワインができる。トリュフ、チーズ、オリーヴオイル、メロンなどの名産物がある。

 

このエリアで代表的な赤ワイン品種、グルナッシュ、シラーを主体とした長期熟成タイプからフルーティなものまでバラエティに富む。

 


Provence プロヴァンス地方2017/4/17

provence

フランス南東部にあるフランス第2の都市マルセイユを含み、西はローヌ川下流のアルルから東はニースまでを含む産地。紀元前6世紀頃、マルセイユはギリシア系のポカイア(フォカイヤ)人によって築かれ、フランス初のブドウ栽培が始まったエリアで、それ以降全土にワインの醸造技術が広まっていくが、その起源がこのプロヴァンスである。

 

この土地は、片岩質と石灰質が混在しており、北西のブドウ畑には、ヴィクトワール山、ボーム山、ヴェルドン渓谷を始めとする侵食によって形成された山稜が織り成す景観が広がる。東部、海沿いのエリアではモールやタヌロンの結晶岩、緑で覆われた緩やかな山々が連なる。

 

さらに東のサン・トロペからカンヌまでの地域には、かつてのレステレル山噴火によって形成された結晶岩が隆起している。一般的に、栄養分の乏しいプロヴァンスの土壌は、侵食の影響を受けやすいが、水はけの良さによって、ブドウに適した水分量を保持している。

 

年間日照時間が2700〜2900時間、標高が異なる山々の影響により、狭い地域内ながら、温度差が生じ、また乾燥が激しく、内陸部では無風状態の高温が続く。他の地中海地域同様、春と秋の降水量は多く、雷雨が発生することもある。
またアルプス山脈を吹き抜けてくるミストラルは、凍てつくような北風となり、長く続いた夏の暑さを鎮める役割を果たし、多湿が原因で引き起こされる病気から、ブドウの木を守っている。

 

このエリアはロゼワインの生産量も多く有名だが、高品質な赤ワインも作られ、ムールヴェドル種を使ったバンドールの赤ワインは長期熟成も可能な魅力的ワインである。地中海料理のブイヤベースなど魚介類や、多様なハーブ、オリーヴオイル、野菜、ラベンダーなどが豊富。リゾート地として世界中から多くの人が訪れている。


ローヌ地方とプロヴァンス地方2017/3/8

【ローヌ地方 Rhone】

14079602_1589761377993045_7146684899454657622_n

(写真は南ローヌ シャトーヌフデュパプの丘の上からローヌ川を望む)

フランス4大河川の一つフランス南部を流れて地中海に注ぐローヌ川。

そのローヌ河流域南北200キロに渡る自然に恵まれたエリアは、両岸にワイン産地が広がり、赤、白、ロゼ、発泡性ワイン、天然甘口ワインと多様なワインを産出している。

ブドウ栽培は、紀元前4世紀頃からマルセイユを築いた古代ギリシア人によって始まる。紀元前125年頃古代ローマ人がこの地に入植、ブドウ栽培とワイン生産が発展。中世にはテンプル騎士団がブドウ樹を植え、14世紀にはアヴィニョンのローマ教皇たちがこの地のワイン生産を奨励することにより優れた基盤がつくられていく。

1935年、原産地呼称制度(AOC)が導入されるが、これはローヌ南部シャトーヌフデュパプのルロワ男爵が、拡大を続けるシャトーヌフデュパプの名声を裏切らないよう、ワイン生産における今までにない厳しい決まりを制定したのが始まり。

現在はコートロティ、コンドリュー、エルミタージュ、シャトーヌフデュパプ、ジゴンダスをはじめとする高品質なAOCで、個性的な作り手たちにより一層魅力的なワインが作られている。ローヌワインは北部と南部では、気候や土壌の栽培地形の違いから性質の異なるワインが作られる。

<ローヌ地方北部 Septentrionales>

フランス南東部の都市リヨンから南下すること約30キロ、ローヌ渓谷の北部の街ヴィエンヌがある。このヴィエンヌからヴァランスまでの約60km、ローヌ川に沿った狭くて急な斜面にぶどう畑が広がる。

階段状に連なる石垣の上で手作業でブドウ栽培が行われることが多く、生産量は限られる。多くの斜面が南に向いているため日当たりが良好で、北風から守られており、ミクロクリマ(微気候)の恩恵を受けるところが多い。夏暑く冬寒い大陸性気候で、酸味と渋みのバランスのよいワインが生まれる。白ワインには地元で造られている山羊の生乳製リゴット・ド・コンドリューチーズや川マスのロースト、フォアグラなど。赤ワインには牛フィレ、仔羊、ジビエ等郷土の料理も魅力的。

<ローヌ地方南部 Meridionales>

ローヌ渓谷南部に位置する街アヴィニョンは、かつて教皇庁が置かれた街で、真夏の演劇祭 ”Festival d’Avignon” で有名。モンテリマールの南側からアヴィニヨン近辺まで約80kmにわたりブドウ畑が続く。

北部の景色とは異なり、ゆるやかな起伏の土地に畑が広がり、地中海性気候に大別されるが、ミストラルと呼ばれるローヌ渓谷から地中海沿岸に吹き抜ける北風が特徴。冷たく乾燥している風が、雨の後には畑を乾燥させブドウ樹を健やかに保つ。また強い風のために果実も小さくなるので凝縮感のあるワインができる。トリュフ、チーズ、オリーヴオイル、メロンなどの名産物がある。南ローヌの代表的な赤ワイン品種、グルナッシュ、シラーを主体とし、長期熟成タイプからフルーティなものまで作られ、バラエティに富んでいる。

【プロヴァンス地方 Provence】

provence view

(バンドールのワイナリー グロノレのブドウ畑)

フランス南東部にあるフランス第2の都市マルセイユを中心に、西はローヌ川下流のアルルから東はニースまでを含む産地。

紀元前6世紀頃、マルセイユはギリシア系のポカイア(フォカイヤ)人によって築かれ、フランス初のブドウ栽培が始まったエリアで、それ以降全土にワインの醸造技術が広まっていくが、その起源がこのプロヴァンスである。

この土地は、片岩質と石灰質が混在しており、北西のブドウ畑には、ヴィクトワール山、ボーム山、ヴェルドン渓谷を始めとする侵食によって形成された山稜が織り成す景観が広がる。東部、海沿いのエリアではモールやタヌロンの結晶岩、緑で覆われた緩やかな山々が連なる。さらに東のサン・トロペからカンヌまでの地域には、かつてのレステレル山噴火によって形成された結晶岩が隆起している。一般的に、栄養分の乏しいプロヴァンスの土壌は、侵食の影響を受けやすいが、水はけの良さによって、ブドウに適した水分量を保っている。

年間日照時間が2700~2900時間、標高が異なる山々の影響により、狭い地域内ながら、温度差が生じ、また乾燥が激しく、内陸部では無風状態の高温が続く。他の地中海地域同様、春と秋の降水量は多く、雷雨が発生することもある。またアルプス山脈を吹き抜けてくるミストラルは、凍てつくような北風となり、長く続いた夏の暑さを鎮める役割を果たし、多湿が原因で引き起こされる病気から、ブドウの木を守っている。

このエリアはロゼワインの生産量が多く有名だが、高品質な赤ワインも作られ、ムールヴェドル種を使ったバンドールの赤ワインは長期熟成も可能な魅力的ワインである。地中海料理のブイヤベースなど魚介類や、多様なハーブ、オリーヴオイル、野菜、ラベンダーなどが豊富。リゾート地として世界中から多くの人が訪れている。


Page Top